スタートレック:ディープ・スペース・ナイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スタートレック:ディープ・スペース・ナイン
Star Trek DS9 logo.svg
原案 リック・バーマン
マイケル・ピラー
出演者 エイヴリー・ブルックス
ルネ・オーベルジョノワ
ニコール・デ・ボーア
マイケル・ドーン
テリー・ファレル
サーロック・ロフトン
コルム・ミーニイ
アーミン・シマーマン
アレクサンダー・シディグ
ナナ・ヴィジター
テーマ曲作者 デニス・マッカーシー
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
シーズン数 7
話数 176(各話リスト)
各話の長さ 45分
製作
製作総指揮 アイラ・スティーヴン・ベーラ
リック・バーマン
マイケル・ピラー
製作 パラマウント・テレビジョン
配給 CBSテレビジョン・ディストリビューション
放送
放送チャンネルファースト=ラン・シンジケーション
映像形式NTSC 480i 4:3
音声形式ドルビーSR
ドルビーデジタル 5.1 DVD releases.
放送期間1993年1月3日 (1993-01-03) - 1999年6月2日 (1999-6-2)
Deep Space Nine at StarTrek.com
番組年表
前作新スタートレック
続編スタートレック:ヴォイジャー
関連番組宇宙大作戦
まんが宇宙大作戦
スタートレック:エンタープライズ
テンプレートを表示

スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』(: Star Trek:Deep Space Nine、略称: DS9)は、アメリカSFテレビドラマシリーズ。『スタートレック』シリーズの3番目のテレビシリーズで、1993年から1999年にかけて放送された。日本では1996年から2002年にかけて途中中断をはさみながら放送された。前作『新スタートレック』および次作『スタートレック:ヴォイジャー』と、放送上も設定上も時期が重なっている。

ストーリー[編集]

『新スタートレック(TNG)』で宇宙艦エンタープライズDが活躍する24世紀後期に時を同じくした、辺境の宇宙ステーション「ディープスペースナイン」を舞台としたスピンオフ的なテレビシリーズ。能動的に異星を訪問するエンタープライズとは対照的に、受動的に異星人に遭遇するドラマである。DS9シーズン1はTNGシーズン6と並行して開始し、最終のDS9シーズン7はVOYシーズン5と重なる。

あらすじ[編集]

長い歴史を持ち厚い信仰文化を持つベイジョー星は、資源に乏しい爬虫類系ヒューマノイド「カーデシア連合」に侵略を受け、長年支配されていた。レジスタンスとマキと呼ばれる反乱組織の奮闘で独立を勝ち取ったベイジョーは、さしあたり惑星連邦の保護統治下に入り(連邦加盟はしていない)、ベイジョーの衛星軌道上に浮かぶカーデシアの鉱石加工宇宙ステーション「テロック・ノール」は、ベイジョー臨時政府の依頼により惑星連邦とベイジョーとの共同管理基地「ディープ・スペース・ナイン」となった。

基地の司令官として惑星連邦宇宙艦隊ベンジャミン・シスコ中佐が赴任するが、シスコ中佐はベイジョーの信仰する「聖なる神殿(ベイジョー・ワームホール)」と「預言者」から「選ばれし者」という神命を受け、大量に資源をはく奪され疲弊したベイジョーとそれを支援する惑星連邦の橋渡しをしていく。また件のベイジョー・ワームホールは数万光年離れたガンマ宇宙域へ一瞬で移動できることが判明し、その利権をめぐってカーデシアとの摩擦が激化、さらにシーズン3以降はガンマ宇宙域からの侵略者「ドミニオン」からの連邦を守るための戦い、ドミニオン戦争へと発展していく。

宇宙ステーションを訪れる異星人どうしの交流を軸に、物語が銀河大戦へと進んでいくところから、同時期にアメリカで放送されていた『バビロン5』と比較されることも多い。シリーズ第一作『宇宙大作戦』がアメリカ西部各地を旅するテレビドラマ『幌馬車隊英語版』をアイディアソースにしていたのに対し、本作では土地を守る物語である『ライフルマン』が元になっている[1]

登場人物[編集]

※ 階級、職業は第1シーズン、または初登場時のもの。演の括弧内は日本語吹き替え。

レギュラー[編集]

ベンジャミン・シスコ
演 - エイヴリー・ブルックス玄田哲章
司令官(中佐)。地球人男性。
キラ・ネリス
演 - ナナ・ヴィジター小宮和枝
副司令官兼連絡将校(ベイジョー国民軍少佐)。ベイジョー人女性。
オドー
演 - ルネ・オーベルジョノワ加藤精三
保安主任(ベイジョー国民軍(階級なし))。流動体生物(可変種)
ジャッジア・ダックス
演 - テリー・ファレル佐藤しのぶ
科学士官(大尉)。トリル人女性。共生生物ダックスの8番目のホスト。
ウォーフ
演 - マイケル・ドーン銀河万丈
戦術主任(少佐)。クリンゴン人男性。『新スタートレック』から継続出演。
ジュリアン・ベシア
演 - アレクサンダー・シディグ藤原啓治中村大樹
医療主任(中尉)。地球人男性。
エズリ・ダックス
演 - ニコール・デ・ボア石塚理恵
カウンセラー(少尉)トリル人女性。共生生物ダックスの9番目のホスト。
マイルズ・オブライエン
演 - コルム・ミーニイ辻親八
技術主任(准尉)。『新スタートレック』より移動しての出演。
ジェイク・シスコ
演 - シロック・ロフトン浪川大輔石田彰鈴木正和
司令官の息子。
クワーク
演 - アーミン・シマーマン稲葉実
バー経営。フェレンギ人男性。ロムの兄。

セミレギュラー[編集]

ロム
演 - マックス・グローデンチック山崎たくみ田原アルノ
ウェイター。フェレンギ人男性。クワークの弟そしてノーグの父親。
ノーグ
演 - エイロン・アイゼンバーグ坂口賢一岩永哲哉山口勝平落合弘治
ロムの息子。フェレンギ人男性。宇宙艦隊の最初のフェレンギ人代表。
デュカット
演 - マーク・アレイモ幹本雄之
元テロック・ノール司令官(カーデシア連合軍ガル)。カーデシア人男性。
エリム・ガラック
演 - アンドリュー・ロビンソン大川透
洋服店経営。カーデシア人男性。

放映リスト[編集]

最終話邦題[編集]

この番組の最終回が日本で最初に放映された(スーパーチャンネル)時の邦題は「炎の宇宙最終決戦」となる予定であったが、あまりにもセンスが無さ過ぎるというファンの抗議に答える形で直前に「終わりなき始まり」に変更になった。しかし一部の地上波では旧邦題のままで放映されている場合もある。

脚注[編集]

  1. ^ セレブリティ・ファイル/スタートレックの艦長たち(原題 Celebrity File: CAPTAINS OF THE FINAL FRONTIER) - 2010年のテレビドキュメンタリー

外部リンク[編集]