スタートレック:ローワー・デッキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スター・トレック:ローワー・デッキ
Star Trek LD logo.svg
原作 ジーン・ロッデンベリー
スタートレック
原案 マイク・マクマハン英語版
声の出演 タウニー・ニューサム英語版
ジャック・クエイド
ノエル・ウェルズ英語版
ユージン・コルデロ英語版
テーマ曲作者 Chris Westlake
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
シーズン数 2
話数 20
各話の長さ 25分
製作
製作総指揮 アレックス・カーツマン
ヘザー・ケイディン英語版
ロッド・ロッデンベリー英語版
トレヴァー・ロス
ケイティー・クレンツ
マイク・マクマハン
製作
配給 CBSテレビジョン・ディストリビューション
放送
放送チャンネルParamount+
放送期間2020年8月6日 (2020-08-06) - 放送中
Star Trek: Lower Decks (Official Site) Watch on CBS All Access
番組年表
前作スタートレック:ピカード
続編Star Trek: Prodigy
関連番組新スタートレック
まんが宇宙大作戦
テンプレートを表示

スター・トレック:ローワー・デッキ』(: Star Trek: Lower Decks、略称: LD、日本語メディアによっては「ロワー・デックス」と表記されることもある[1][2])は、アメリカSFテレビアニメ

概要[編集]

スタートレック』のテレビシリーズとして9作目にあたり、アニメシリーズとしては『まんが宇宙大作戦』に次いで2作目となる[注釈 1]。アメリカでは2020年8月6日からParamount+(旧称CBS All Access)で、カナダではBell Mediaが保有する放送局及び配信サービスで同日に公開された。日本を含むその他の地域では2021年1月22日からAmazonプライム・ビデオで公開されている。第2シーズンはアメリカ・カナダでは2021年8月12日より、日本を含むその他の地域では翌日の2021年8月13日より公開された。第3シーズンは、アメリカ・カナダでは2022年8月25日より配信予定である[3]。第4シーズンの制作も決定している[4][5][6]

本作は2380年(『ネメシス/S.T.X』の翌年)の惑星連邦を舞台に、宇宙艦隊所属艦の中で最も重要度が低いとされる宇宙艦U.S.S.セリトス[注釈 2]に勤務するクルーたちの中でもとりわけ重要度が低い、下部デッキ(Lower Decks)に居住する若い少尉たちの活躍を描いている[1][2]。舞台設定およびスタッフ・クレジットのようなフォーマットは『新スタートレック』からの強い影響に基づいている。

きわどいギャグが冴えるコメディ作品であるが、『スタートレック』の世界観を壊すことなく、熱心なトレッキーであればあるほど笑いを誘う内容となっている。なお、『新スタートレック』には第167話「若き勇者達英語版(原題:Lower Decks)」という、やはり下部デッキに所属する若い少尉たち4人にスポットを当てたエピソードがあるが、本作との関連性はない。

登場人物[編集]

※ 声の括弧内は日本語吹き替え。

  • ベケット・マリナー
    • 声 - タウニー・ニューサム英語版小島幸子
    • U.S.S.セリトスに勤務する地球人の女性。少尉。優秀ではあるが、その破天荒な行動のために少尉に降格され、U.S.S.キトからU.S.S.セリトスに配属される。これまでにも多くの宇宙艦を転々としてきており、U.S.S.キトの前はディープ・スペース・ナインに勤務していた。周りから特別扱いされることを嫌って、フリーマン艦長の娘であることを他のクルーに秘密にしていたが、第1シーズン終盤で周囲に知られてしまう。
  • ブラッド・ボイムラー
    • 声 - ジャック・クエイド平野潤也
    • U.S.S.セリトスに勤務する地球人の男性。少尉→中尉→少尉。生真面目な性格で、仕事をこなして昇進を虎視眈々と狙う。第1シーズンではフリーマン艦長からマリナーの監視を命令され、終盤でU.S.S.タイタンライカー艦長にスカウトされ中尉に昇進する。
    • 第2シーズンでは上官のライカー艦長と同様[注釈 3]、上陸任務中の転送事故で2人となってしまい、片方はそのまま中尉としてU.S.S.タイタンに残り、もう片方はU.S.S.セリトスに少尉として戻る事になった。査定者による悪質な改竄シミュレーションでも100%の達成率に到達するなど、士官として優秀な素質がある片鱗を見せている。
  • ドヴァナ・テンディ
    • 声 - ノエル・ウェルズ英語版種市桃子
    • U.S.S.セリトスの医療部門に配属されたオリオン人の女性。少尉。オリオン人の宇宙艦隊士官およびレギュラーキャラクターの登場は初。オリオン人は人身売買を生業とする奴隷商人というイメージがあり悪役としての登場が主だが、それに反して明るく誠実で真面目な性格で、オリオン人に対するステレオタイプ的な偏見を嫌う。友情(愛情)についても真面目一直線な性格上、特にラザフォードに対してそれが高じて若干執着気味な描写が見られる。
  • サム・ラザフォード
    • 声 - ユージン・コルデロ英語版最上嗣生
    • U.S.S.セリトスの機関部門で勤務する地球人の男性。少尉。頭部にサイボーグ・インプラントを移植している。主役級の少尉たち4人の中では比較的常識派で温厚。ツッコミ役に回ることが多い。

上級士官[編集]

  • キャロル・フリーマン
    • 声 - ドーン・ルイス英語版磯辺万沙子
    • U.S.S.セリトスの艦長を務める地球人の女性。大佐。マリナーの母親。第1シーズン当初は若干頭が固く、マリナーと衝突する場面も多かったが、第1・2シーズンを通して徐々に関係も改善している。
  • ジャック・ランサム
    • 声 - ジェリー・オコンネル
    • U.S.S.セリトスの副長を務める地球人の男性[注釈 4]。中佐。若干軽薄なようでいて、艦長への忠誠心やクルーへの愛情は深く、ボイムラーへのさりげない評価など、クルー一人一人にしっかり目を配っている。
  • シャックス
    • 声 - フレッド・タタショア後藤光祐
    • U.S.S.セリトスの戦術・保安部長を務めるベイジョー人の男性。大尉。第1シーズン終盤で殉職するが、特に理由も明かされないまま第2シーズンで復活する。マリナーやボイムラーによれば「生き返るのはブリッジクルーにはよくある」らしく驚くほどのことではないという。
  • アンディ・ビラップ
    • 声 - ポール・シェアー英語版後藤ヒロキ[8]
    • U.S.S.セリトスの機関部長を務める地球人の男性。少佐。惑星ハイスぺリアの王子として生まれたが、「神話みたいな世界に生きるよりインパルスエンジンをいじる」ほうがいいとして、宇宙艦隊入隊時に諸権利を放棄した。
  • ケイション
    • 声 - カール・タート
    • シャックスの後任として赴任して来たタマリアン人の男性。中尉。宇宙艦隊初のタマリアン人士官である。シャックス復活後の役職は不明だが、ブリッジクルーのままではあるため、戦術か保安かどちらかの主任を続けているものと思われる。
    • タマリアンはTNG102話「謎のタマリアン人」で登場、敵対心はないものの宇宙翻訳機が対応できない解読不能言語を話し、意思の疎通ができない種族であった。12話のサブタイトル「ケイション 彼の目は開かれた」はタマリアン語の「スカス 彼の目は開かれた」のパロディ。

ゲスト[編集]

各話リスト[編集]

第1シーズン[編集]

話数 サブタイトル(邦題)
原題
脚本 監督 公開日
1 第二次接近遭遇
Second Contact
Mike McMahan Barry J. Kelly 2020年8月6日
2 外交特使
Envoys
Chris Kula Kim Arndt 2020年8月13日
3 時間厳守命令
Temporal Edict
Dave Ihlenfeld & David Wright Bob Suarez 2020年8月20日
4 湿った船
Moist Vessel
Ann Kim Barry J. Kelly 2020年8月27日
5 キューピッドの外れ矢
Cupid's Errant Arrow
Ben Joseph Kim Arndt 2020年9月3日
6 気のいいフレッチャー
Terminal Provocations
John Cochran Bob Suarez 2020年9月10日
7 ボイムラーのから騒ぎ
Much Ado About Boimler
M. Willis Barry J. Kelly 2020年9月17日
8 真実
Veritas
Garrick Bernard Kim Arndt 2020年9月24日
9 クライシス・ポイント
Crisis Point
Ben Rodgers Bob Suarez 2020年10月1日
10 セリトス絶体絶命!
No Small Parts
Mike McMahan Barry J. Kelly 2020年10月8日

第2シーズン[編集]

話数 サブタイトル(邦題)
原題
脚本 監督 公開日
11 奇妙なエネルギー
Strange Energies
Mike McMahan Jason Zurek 2021年8月12日
12 ケイション 彼の目は開かれた
Kayshon, His Eyes Open
Chris Kula Kim Arndt 2021年8月19日
13 永遠のトム・パリス
We'll Always Have Tom Paris
M. Willis Bob Suarez 2021年8月26日
14 ムガートはグマート
Mugato, Gumato
Ben Rodgers Jason Zurek 2021年9月2日
15 ドゥープラーの困惑
An Embarrassment of Dooplers
Dave Ihlenfeld & David Wright Kim Arndt 2021年9月9日
16 あからさまなスパイ
The Spy Humongous
John Cochran Bob Suarez 2021年9月16日
17 愛欲の泉
Where Pleasant Fountains Lie
Garrick Bernard Jason Zurek 2021年9月23日
18 セリトスクルーの実力テスト
I, Excretus
Ann Kim Kim Arndt 2021年9月30日
19 wej Duj
wej Duj
Kathryn Lyn Bob Suarez 2021年10月7日
20 初めてのファーストコンタクト
First First Contact
Mike McMahan Jason Zurek 2021年10月14日

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ スタートレック:ショートトレック』第2シーズン内のアニメーション・エピソード2話を除く。
  2. ^ 日本語メディアによっては「セアリトス」と表記されることもある(英語ではCerritos)[1][2]
  3. ^ 新スタートレック』第150話「もう一人のウィリアム・ライカー英語版」より。
  4. ^ スタートレック:ヴォイジャー』第120・121話「異空生命体を呼ぶ者達英語版(前後編)」に登場したU.S.S.イクワノックスのランサム艦長との関係は不明。
  5. ^ 漫画的にデフォルメされた猫に似た異星人。『まんが宇宙大作戦』にも登場。
  6. ^ 字幕・吹き替えでは中尉と訳出されている。
  7. ^ 新スタートレック』第41話「無限の大宇宙英語版」、第42話「愚かなる欲望英語版」に出演。

出典[編集]

  1. ^ a b c アニメ『スター・トレック:ロワー・デックス』トレイラー&ビジュアル到着”. CINRA.NET (2021年1月15日). 2021年1月22日閲覧。
  2. ^ a b c 『スター・トレック:ロワー・デックス』1月22日よりアマプラ独占配信 日本語版トレーラーも” (日本語). Real Sound (2021年1月15日). 2021年1月22日閲覧。
  3. ^ Milligan, Mercedes (2022年7月13日). “Paramount+ Reveals 'Star Trek: Lower Decks' S3 Premiere & Key Art”. Animation Magazine. 2022年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月13日閲覧。
  4. ^ Del Rosario, Alexandra (2021年4月5日). “'Star Trek: Lower Decks' Renewed For Season 3 As Second Season Gets Teaser & Premiere Date On Paramount+”. Deadline Hollywood. 2021年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月5日閲覧。
  5. ^ Andreeva, Nellie (2022年1月18日). “'Star Trek' Universe News: 'Discovery', 'Strange New Worlds' & 'Lower Decks' Renewed, 'Picard' Gets Season 2 Premiere Date”. Deadline Hollywood. 2022年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月19日閲覧。
  6. ^ Paramount+ Sets Star Trek Spring Slate: Picard and Strange New Worlds Dates, Plus Disco, SNW, and Lower Decks Renewals”. TrekCore.com (2022年1月18日). 2022年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月20日閲覧。
  7. ^ 《お知らせです!》”. Twitter. 2021年1月23日閲覧。
  8. ^ 「スタートレック・ローワーデッキ」アマプラにて本日より配信開始!”. Twitter. 2021年1月23日閲覧。

外部リンク[編集]