零式水上偵察機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

零式水上偵察機

飛行中の零式水上偵察機

飛行中の零式水上偵察機

零式水上偵察機(れいしきすいじょうていさつき)は、十二試三座水上偵察機として愛知航空機により開発され、1940年(昭和15年)12月に日本海軍兵器採用された水上偵察機。 略称として零式水偵零水とも呼ばれ、零式小型水上偵察機との違いを明確にするため零式三座水上偵察機とも表記される。略符号はE13A連合国が名づけたコードネームJake(ジェーク)。

開発[編集]

昭和12年日本海軍は、九四式水上偵察機の後継機、十二試三座水上偵察機の開発を川西航空機製作所と愛知航空機に指示した。海軍からの要求は、艦載機としても水上基地からでも運用できる長距離偵察機ということで、最大速度は370km/hとなっていた。試作機の納期は昭和13年9月までとされていたが、愛知航空機では他の機体の試作・改良で手一杯で製作する余力がなく、納期に間に合わず失格とされた。しかし、愛知航空機では研究資料とするために製作を続行し、昭和14年1月に1号機が完成した。

機体は金属製(主翼の翼端は製)で、低翼単葉の双浮舟式の水上機で、主翼は折りたたみが可能である。フラップは単純フラップとなっている。エンジンの出力、武装とも九四水偵よりも強力になっていたが、特に胴体に爆弾槽を設けており、小型の爆弾ならば2発が搭載可能。

昭和14年6月に川西製の機体が事故で失われたため、急遽、海軍では愛知製の機体を受領し、横須賀で試験を行った。その結果、飛行性能優秀ということで採用内定となり、昭和15年12月に正式採用された。

運用[編集]

日本海軍は初期の空母戦艦巡洋艦潜水艦水上偵察機を搭載し、偵察の要として運用すべく準備を重ねていた。その仕上げとも言えるのが本機の配備であり、昭和16年から艦船基地への配備が本格化した。第二次世界大戦太平洋戦争)開戦時には海軍の主力艦船には本機が搭載されており、艦隊や外地の基地の目として盛んに活動した。

大戦の序盤はそれなりの成果を収めていたが、昭和18年以降は水上機特有の速度不足・加速力不足が主因で、空母の艦載機迎撃戦闘機が充実した敵方の艦隊や基地の情報を詳細に入手することは困難になってきた。このため、偵察任務は徐々に艦上機に移行していくこととなる。日本海軍では、ミッドウェー海戦で2機の二式艦上偵察機を運用したのをはじめ、マリアナ沖海戦では第六〇一航空隊が17機もの二式艦偵を空母に搭載し、使用していた(発艦に難のある小型空母では九七式艦上攻撃機を使用)。さらに、艦上偵察機として「彩雲」も開発された。偵察専門の艦上機というのは、他に類をみないものである。しかし、空母に随伴する戦艦や巡洋艦から本機を運用することで艦上偵察機の負担を減らしたり、三座であるため夜間偵察機として使用できることから、大戦後半も水上偵察機の出番は減らず、本機も終戦まで船団護衛や対潜哨戒任務において主力機として、日本本土から外地の離島の基地まで広い範囲で働いた。また、少数機が当時友好国だったタイへ供与されている。

生産は愛知航空機の他、渡辺鉄工所(後に九州飛行機になる)、広海軍工廠でも行われた。総生産数は1,423機であるが、この内、愛知で生産された機数は133機と全体の一割弱で、多くの機体は渡辺鉄工所製である。終戦時には約200機が残存していたが、この内約4分の1が外地に残っていた機体であった。

日本国内では、海中から引き上げた機体が鹿児島県南さつま市万世特攻平和祈念館に展示保存されている。

性能諸元(一一型)[編集]

Aichi-E13A1 Zero Model 11.svg

出典: 安藤亜音人『帝国陸海軍軍用機ガイド 1910-1945』(新紀元社、1994年) ISBN 4883172457 p172〜p173

諸元

  • 乗員: 3名
  • 全長: 11.49m
  • 全高: 4.70m
  • 翼幅: 14.50m
  • 翼面積: 36.20m2
  • 空虚重量: 2,524kg
  • 運用時重量: 3,650kg
  • 動力: 三菱 金星 43型 空冷式複列星型エンジン14気筒、 1,080馬力/2,000m × 1

性能

  • 最大速度: 367km/h
  • 航続距離: 最大3,326km/14.9h
  • 実用上昇限度: 7,950m
  • 上昇率: 3,000m/5'27"

武装

お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

なお、武装に関しては、基本的な武装を表記してある。実際は基本型である一一型(E13A1)[1]のほかにも、三式空六号無線電信機四型を搭載した[1]一一型甲(E13A1a)、一一型甲に加えて三式一号探知機を追加装備し[1]潜水艦捜索用に排気管に消炎装置を搭載した一一型乙(E13A1b)といった基本型を始めとして、一一型を基にした練習機仕様である零式練習用水上偵察機(E3A1-K)[1]、排気管を延長した夜間偵察機型[1]魚雷搭載可能な攻撃機型、下部に20ミリ旋回機銃を搭載した対地対水上攻撃型[1]などの多くのバリエーションが存在する。

登場作品[編集]

ゲーム[編集]

Battlestations: Pacific
プレイヤーが使用可能な日本軍兵器として飛行場、または一部の艦船から出撃可能。
蒼の英雄 Birds of Steel
艦隊これくしょん~艦これ~
艦船の擬人化キャラクター「艦娘」の装備として登場。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 野沢正 『日本航空機総集 愛知・空技廠篇』 出版協同社、1959年、94 - 96頁。全国書誌番号:53009885

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 愛知零式水偵[1]