惑星 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

惑星(わくせい)は、大日本帝国海軍が構想したとされる艦上爆撃機。実機は製作されていない。また、名称は仮称されたものであり[1]略符号付与にも至っていない。

概要[編集]

1943年昭和18年)末頃に、愛知航空機に発注される新艦上爆撃機として計画された遠距離艦上爆撃機。設計依頼の予告のみで正式な試作発注が行われないまま、1944年(昭和19年)夏に計画機の整理統合などの影響を受けて計画は中止となった[1][2]中島」空冷複列星型18気筒系列のエンジンを搭載する予定であり、速度性能と軽快性で艦上攻撃機「流星」を上回るように設計されている。武装は両翼に装備された20mm機銃など[2]

なお、計画が生まれた経緯や機体の詳細は2010年平成22年)時点で未解明とされている[3]計画経緯が不明であるのに計画があった、また計画が中止となったなど、不明点やあいまいな点が多く、惑星なる航空機を記述されたものは出展のただ一人の著述者のものであり、出展の中にも資料として明示されたものがない点に注意されたい[独自研究?]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『日本海軍の艦上機と水上機 その開発と戦歴』 62頁。
  2. ^ a b 『決定版 日本の空母搭載機』 90頁。
  3. ^ 『決定版 日本の空母搭載機』 90・114頁。

参考文献[編集]

  • 川崎まなぶ『日本海軍の艦上機と水上機 その開発と戦歴』大日本絵画、2011年、62頁。ISBN 978-4-499-23037-7
  • 歴史群像編集部編『決定版 日本の空母搭載機』学研パブリッシング、2010年、90・114頁。ISBN 978-4-05-606155-0
  • 雑誌『2014年8月号 70頁