Ju 88 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ユンカース Ju 88

Junkers Ju 88

Junkers Ju 88

Ju 88 は、にドイツの航空機メーカー、ユンカース社によって製造され、第二次世界大戦終了までドイツ空軍で運用された中型双発爆撃機ナチス・ドイツの主力爆撃機の地位を占めた他、夜間戦闘機偵察機としても活躍した。

開発経緯[ソースを編集]

ドイツ航空省1935年に「戦闘機より速い爆撃機」というコンセプトに基づき、800 kg の爆弾を搭載でき、500 km/h を発揮できる爆撃機の開発を各社に要求した。ユンカース社はこれを実現するため、徹底した空気力学的洗練を図った機体を設計した。

試作3号機は1937年9月当時のBf 109戦闘機を 50 km/h も上回る 523 km/h を実現し、実戦配備が決定した(フル装備の量産型は 470 km/h)。一見すると空冷星型エンジンを装備しているようにみえるが、実際は円筒形のカウリングの中にラジエターを環状に配置した液冷エンジンであった。この手法はFw 190のD型などにも用いられている。

また、防御火器として、7.92mm機関銃一丁を備える銃座がコックピット後ろに設けられた。改良型では銃が二丁に増やされたが、それぞれが独立して設置され不便だったため、取り外して運用された例もある。夜間戦闘機仕様では、後部機銃は装備されていない。

実戦[ソースを編集]

量産型の部隊への配備は1939年より開始された。第二次大戦の開戦当時には「戦闘機より高速な爆撃機」というコンセプトは戦闘機の著しい高性能化によって時代遅れとなっており、これはJu 88に関しても例外ではなかった。しかし、同時期に開発された中型爆撃機He 111よりも損害数が少なく、急降下爆撃雷撃をこなす点は優秀であった。ただし、本機の行う急降下爆撃はJu 87のような急角度のものではなく、実態としては緩降下爆撃であった。

バトル・オブ・ブリテン1940年 - 1941年)以降は、爆撃機として一線を退いたHe 111の代役を務め、大戦終了までドイツ空軍の主力爆撃機として活躍した。アシカ作戦の取りやめが確定すると、Ju 88を用いた昼間戦闘の中心は地中海での商船狩りとなり、それなりに戦果を上げたが、防御火力が貧弱なため、サンダーランドのような哨戒機との戦闘では撃墜されることの方が多かった。夜間戦闘機としては、当初は小規模な改造程度の機体しかなかったが、1943年から当時の主力夜間戦闘機であったBf 110の生産機数を追い越すようになり、大戦末期には主力機として活用された。また、航続距離の長さを生かして洋上での長距離哨戒や対哨戒機戦闘、艦船防空任務にも使用されている。

こうして様々な戦場で活躍したJu 88だったが、前線部隊では決して性能的に満足のいく爆撃機ではなかった。それにも関わらずJu 88の生産が終戦まで続けられたのは、当時のドイツでは生産ラインを急に変更する事が困難であり、一方で戦線の拡大から兵器の増産要求が高まって行ったことが原因である。そのため、性能的に多少の不足があっても生産を続行させ、前線でも任務に大きな支障が無ければ、それを用いる傾向にあった。

ミステル[ソースを編集]

大戦末期のドイツではJu 88 の設計を元にミステルと呼ばれる特殊兵器が開発された。これは大型の弾頭を搭載するように改造されたJu 88の上部に、Fw 190またはBf 109戦闘機を結合させたもので、戦闘機の操縦士は目標上空まで無人のJu 88を運んだ後、切り離して突入されるというものだった。ミステルは終戦までに250機が製造され、艦船橋梁の攻撃に使われたが、目立った成果を挙げる事はできなかった。

ソ連への影響[ソースを編集]

ソ連A・A・アルハーンゲリスキイ記念試作設計局では、購入したJu 88 A-4を参考に急降下爆撃機Ar-2を完成させた。しかし、欠陥が多いものの速度で勝るPe-2が主力急降下爆撃機に選定され、Ar-2は少数が生産されたに留まった。そのAr-2の大半は、独ソ戦の初期にほとんど失われた。

派生型[ソースを編集]

Ju 88 A
Jumo 211エンジンを装備した爆撃機型の主流。
Ju 88 A-0
前量産型 。
Ju 88 A-1
初期生産型。Jumo 211 B-1エンジン895 kW (1,200 hp)を搭載。
Ju 88 A-2
Jumo 211 G-1エンジン搭載。
Ju 88 A-3
転換訓練用。操縦席を2つ装備。
Ju 88 A-4
長いスパンの翼の改良型。
Ju 88 A-15
新型の爆撃装置を搭載した特殊爆撃機。
Ju 88 B
段差の無い機首形状を持つ試作型。Ju 188 に発展した。
Ju 88 B-0
段差の無い機首形状の前量産型。10機生産。
Ju 88 C
戦闘爆撃機型と夜間戦闘機型。A型がベースとなっているため、機首は風防から金属製に変更され、段差が付いている。
Ju 88 C-1
戦闘機型の計画機。BMW 801 MA搭載。生産はされていない。
Ju 88 C-2
初期生産型。
Ju 88 C-4
重戦闘機および偵察型。
Ju 88 C-5
重戦闘機型の改良版。
Ju 88 C-6a
C-5型の改良版。
Ju 88 C-6b
夜間戦闘機型。
Ju 88 C-6c
夜間戦闘機型。
Ju 88 C-7a
襲撃機型。
Ju 88 C-7b
襲撃機型。
Ju 88 C-7c
重戦闘機型。
Ju 88 D
A-4型ベースの長距離偵察型。
Ju 88 D-1
長距離偵察型。
Ju 88 D-2
Ju 88 D-3
Ju 88 D-4
Ju 88 D-5
Ju 88 G
夜間戦闘機型。A型のゴンドラを省略した新型の胴体とJu 188の尾部で構成される。オプションでシュレーゲムジークを装備
Ju 88 H
長距離戦闘および偵察機型。G型をベースに胴体を延長。
Ju 88 H-1
長距離偵察型。
Ju 88 H-2
戦闘機型。
Ju 88 H-3
長距離偵察型。
Ju 88 H-4
戦闘機型。
Ju 88 P
対戦車対爆撃機型。腹部にBordkanoneシリーズの50mm、75mmの大口径砲を単装もしくは37mmを連装で装備。A型をベースに少量生産。
Ju 88 P-1
腹部にBordkanone BK 75 75mm砲(7.5 cm PaK 40対戦車砲の改良型)をガンポッド形式で搭載。
Ju 88 P-2
腹部にBordkanone BK 37 37mm砲を連装でガンポッド形式で搭載。
Ju 88 P-4
腹部にBordkanone BK 50 50mm砲(5 cm PaK 38対戦車砲の改良型)をガンポッド形式で搭載。
Ju 88 R
夜間戦闘機であるC型のエンジンをBMW 801エンジンに変更
Ju 88 S
A-4型ベースの高速爆撃機型。腹部のゴンドラは取り外されている。「GM-1亜酸化窒素ブースト機能を搭載。Ju 88シリーズの中でも最速をほこる。
Ju 88 S-0
BMW 801 Dエンジンを搭載。背部に13mm単装機関銃と14個の65kg爆弾を搭載。
Ju 88 S-1
BMW 801 Gエンジンを搭載。GM-1ブーストシステムと1,000kg爆弾を2個搭載。
Ju 88 S-2
排気タービン過給機つきのBMW 801 TJエンジンを搭載。A-15型と同じ木製の拡大爆弾倉を装備。
Ju 88 S-3
Jumo 213 AエンジンとGM-1ブーストシステムを搭載。
Ju 88 T
S型の3座偵察機バージョン。
Ju 88 T-1
S-1型をベースに爆弾倉をGM-1用の燃料タンクを増設
Ju 88 T-3
S-3型がベース

データ(Ju 88 A-4)[ソースを編集]

Junkers Ju 88 A-4.svg
  • 乗員: 4 名
  • 全長: 14.36 m
  • 全幅: 20.08 m
  • 全高: 5.07 m
  • 翼面積: 54.7 m²
  • 最大離陸重量: 14,000 kg
  • エンジン: ユンカース Jumo 211 J x2
  • 出力: 1,420 馬力
  • 最大速度: 510 km/h (317 mph)@5,300 m
  • 上昇限度: 9,000 m
  • 航続距離: 2,430 km (1,429 マイル)
  • 武装:
    • 7.92mm MG 81 機関銃×4
    • 爆弾搭載量: 3,000 kg
  • 総生産数: 14,780 機

現存する機体[ソースを編集]

型名 機体写真   国名   保存施設/管理者 公開状況   状態   備考
Ju88D-1/TROP
2015年7月撮影
アメリカ 国立アメリカ空軍博物館 公開 静態展示  [1]
Ju 88 R-1
2007年撮影
イギリス イギリス空軍博物館ロンドン館 公開 静態展示 

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]