He 59 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

He 59 は、ドイツのハインケル社で製作され、第一次世界大戦第二次世界大戦の間にドイツで採用された双発の偵察機/雷撃機である。水上型と陸上型があるが、主に水上型が生産された。第二次世界大戦初期には、海難救助機や練習機として地味ながら重用された。

概要[編集]

ドイツ海軍が1930年に要請した観測/標的曳航機の開発に従って、ハインケル社が開発した機体がHe 59で、1931年に試作機が初飛行した。双発複葉の大型機で、試作1号機は陸上機として、2号機は水上機として製作された。テストの結果ドイツ海軍は水上型を哨戒爆撃機として採用することにした。これ以降の生産機のほとんどは、水上機として生産されることとなった。

スペック[編集]

  • 全長: 17.40 m
  • 全幅: 23.70 m
  • 全高: 7.10 m
  • 全備重量: 9,100 kg
  • エンジン: BMW VI 6.0 ZU 水冷 1気筒 660 hp × 2
  • 最大速度: 209 km/h
  • 上限高度: 3,500 m
  • 航続距離: 1,750 km
  • 武装
    • 7.92mm機銃 × 2
    • 爆弾 700 kg または 魚雷× 1
  • 乗員: 4名

関連項目[編集]