Do 11 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブルガリアの記章とドルニエ DO -11

Do 11 は、ドイツのドルニエ社で製作され、第一次世界大戦第二次世界大戦の間にドイツ空軍で使用された双発の爆撃機である。金属製胴体を持つ高翼単葉の双発機で、ドイツ空軍初の近代的な双発爆撃機だった。しかし、エンジンの供給が遅れた為生産は進まず、また、機体構造の強度不足や飛行安定性の欠如、エンジンの過熱等の問題が発生した為、部隊への配備は少数に止まり1935年にはDo 23と交替して退役した。

スペック[編集]

  • 全長: 18.79 m
  • 全幅: 26.29 m
  • 全高: 5.49 m
  • 全備重量: 8,200 kg
  • エンジン: ジーメンスSh22B-2 650 hp × 2
  • 最大速度: 259 km/h
  • 上限高度: 4,100 m
  • 航続距離: 900 km
  • 武装
  • 乗員: 4名

関連項目[編集]