Do 23 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ドルニエ Do 23

ドルニエ Do 23

ドルニエ Do 23

Do 23 は、ドイツのドルニエ社で製作され、第一次世界大戦第二次世界大戦の間にドイツ空軍で使用された双発の爆撃機である。ドイツ空軍初の近代的な双発爆撃機だったDo 11の機体構造を強化し主翼の形状を改良した機体で、性能向上が認められた為1935年から量産が開始された。約200機生産されたが、当時の他国の爆撃機と比較すると全般的に凡庸な性能だったため、高性能なHe111等が就役すると爆撃任務からは外れ練習機として利用された。

スペック[編集]

  • 全長: 18.80 m
  • 全幅: 25.50 m
  • 全高: 5.40 m
  • 全備重量: 9,200 kg
  • エンジン: BMW Ⅳd 750 hp × 2
  • 最大速度: 259 km/h
  • 上限高度: 4,200 m
  • 航続距離: 1,352 km
  • 武装
    • 7.92mm機銃 × 3
    • 爆弾 1,000 kg
  • 乗員: 4名

関連項目[編集]