Ar 65 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Ar 65

Arado Ar65.jpg

  • 用途:戦闘機
  • 分類:複葉機
  • 製造者アラド、AGO、エルラ
  • 運用者ドイツ空軍、ブルガリア空軍
  • 初飛行:1931年
  • 生産数:おそらく193機前後
  • 生産開始:1931年

アラド Ar 65 (Arado Ar 65) は第二次世界大戦前にドイツで生産された、複葉の戦闘機である。Ar 64のエンジンをより強力なものに換装したほか若干の改良が加えられた機体で、1931年に初飛行した。1935年のドイツ再軍備宣言時にはドイツ空軍の主力戦闘機の一角を占めていたが、より近代的なハインケルHe51等の配備により急速に第一線を退いた。その後は第二次世界大戦初期まで練習機として使われ、一部の機体はブルガリア空軍に供与された。

スペック[編集]

三面図
  • 全長: 8.40 m
  • 全幅: 11.20 m
  • 全高: 3.40 m
  • 翼面積: 30.0 m2
  • 全備重量: 1,930 kg
  • エンジン: BMW VI 7.3 液冷V型12気筒エンジン 750 hp × 1
  • 最大速度: 299 km/h
  • 実用上限高度: 7,600 m
  • 武装
    • 7.92 mm機関銃 × 2
  • 乗員: 1名

関連項目[編集]

外部リンク[編集]