Do 317 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Do 317

ドルニエDo317第二次世界大戦中に計画されたドイツの重爆撃機である。

設計と開発[編集]

1940年6月に、ドルニエ社は、Do 217の発展型、Do 317の開発を計画した。Do 317は与圧されたキャビンとDo 217よりも強力なエンジン(DB 604あるいはJumo 222)を搭載する予定になっていた。

Do 317は、"B爆撃機"計画用にドイツ航空省(RLM)に提出された計画の1つだった。このときDo317は2つのバージョンが提案されている:DB 603Aエンジンを2基装備し、従来通りの防御武装を装備したシンプルなDo 317A。それを発展させ、DB 610A/Bエンジンを装備し電動の遠隔操作の防御武装を装備したDo 317B。検討の結果、6機のDo 317Aの試作機が発注され、その一番機、Do 317 V1が1943年9月8日に初飛行を行った。Do 317 V1の外観はDo 217によく似ていたが、与圧キャビンと三角形の尾翼が大きな違いになっている。Do 317 V1の試験の結果Do217からの大きな進歩は見られなかった。そのため、残りの5機は与圧キャビンの装備をやめ、ヘンシェルHs 293ミサイルの発射母機とすることが決定された。この5機の試作機はDo 217Rと名称を変更された。同時期にDo 317Bの開発計画も破棄されている。

スペック[編集]

(Do 317A)

  • 乗員: 4名
  • 全長: 16.80 m
  • 全幅: 20.63 m
  • 全高: 5.44 m
  • エンジン: DB 603A倒立V型12気筒エンジン 1,305 kW (1,750 hp) × 2
  • 最大速度: 600 km/h
  • 航続距離: 3,980 km
  • 実用上昇限度:9,800 m
  • 武装
    • 13mm MG 131 機関銃(上部銃塔、背部後ろ、腹部後ろ) × 3
    • 7.92mm MG 81 機関銃(機首) × 2
    • 15mm MG 151 機関銃(機首) × 1
  • 爆弾 3,000 kg

(Do 317B)

  • 乗員: 4名
  • 全長: 16.80 m
  • 全幅: 26.00 m
  • 全高: 5.44 m
  • エンジン: DB 610A/B 倒立V型24気筒双子エンジン 2,140 kW (2,870 hp) × 2
  • 最大速度: 670 km/h (高度 7,620 m)
  • 巡航速度: 537 km/h
  • 航続距離: 3,600 km
  • 実用上昇限度:10,515 m
  • 武装
    • 13mm MG 131 機関銃(前側上部銃塔、後側上部銃塔) × 4
    • 7.92mm MG 81 機関銃(機首銃塔) × 2
    • 20mm MG 151/20 機関砲(尾部) × 1
  • 爆弾 9,200 kg

出典[編集]

  • Griehl, M. Dornier Do 217-317-417: an Operation History. Airlife, 1991.
  • Green, W. Warplanes of the Third Reich. Galahad Books, 1986.
  • D. Herwig & H. Rode Luftwaffe Secret Projects - Ground Attack & Special Purpose Aircraft. ISBN 1-85780-150-4

関連項目[編集]