BV 155 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BV 155

ブローム・ウント・フォス BV 155 第二次世界大戦時にドイツで試作された高高度戦闘機である。

概要[編集]

当初、本機は1942年からメッサーシュミットにおいて艦上戦闘機・Me155として開発された。当時、空母グラーフ・ツェッペリンの建造が遅れており、その艦載機として開発したBf109Tは量産もされず、10機の増加試作機も陸上機へ転用せざるを得なかった。そこで本機は後継機として位置づけられ、当時の主力戦闘機だったBf109とできるだけ部品を共用化し、早急な開発および生産が求められた。ところが肝心の空母(を含む全ての水上艦)の建造が1943年には中止されてしまい、艦上戦闘機を開発する目的が消滅してしまった。やむなく急降下爆撃機に転用して開発を続行したが、ドイツが攻勢から守勢に転じると要撃機の開発のほうが優先され爆撃機としての開発は中止されることになった。

それでもメッサーシュミット社ではMe155の開発を諦めず、この機体を高高度戦闘機として開発することに計画変更した。Me155Bと呼ばれたこの型は、新型の胴体に長大な主翼を持つ機体だったが、翼や降着装置は他のメッサーシュミット社製の機種からの流用になる予定だった。しかし、ここにきてメッサーシュミット社はMe262等の開発に忙殺されていたため、ドイツ空軍省の命令により1943年途中からブローム・ウント・フォス社に担当が代わることになった。

ブローム・ウント・フォス社ではMe155の設計を破棄し、Bv155として開発されることになった。改めて設計し直された機体は、与圧キャビンを備えた特徴のある形状に仕上がった。長大な主翼(層流翼を採用した)の中ほどに大きな冷却器を配備し、Ju87Dから流用した主脚は外側引き込み式ながら広い脚轍間距離を有していた。当然のことながら、Bf109シリーズとの共通部品はなくなっている。

しかし、開発中のこのような混乱から製作作業が進まず、試作機の初飛行は1945年2月になった。その後のテスト飛行においてもターボ過給機のトラブルで満足に飛行できずに、そのまま終戦を迎えた。完成したのは試作1号機と2号機で、終戦時には3号機が7割以上完成した状態だった。

スペック[編集]

155B1[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「メッサーシュミット<ドイツ空軍のエース>」著者マーチン・ケイディン。加藤俊平訳1971年サンケイ新聞出版局刊

関連項目[編集]