Fi 157 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フィーゼラー Fi 157

ハインケル He 111に吊り下げられたフィーゼラー Fi 157

ハインケル He 111に吊り下げられたフィーゼラー Fi 157

フィーゼラー Fi 157(Fieseler Fi 157)は、ドイツフィーゼラー社で設計、製造され、不成功に終わった無線操縦の対空標的用の実物大航空機である。

開発[編集]

1937年ドイツ航空省(RLM)はフィーゼラー社と無線操縦の対空標的ドローンの製造契約を締結した。Fi 157は全木製構造の低翼単葉機となり、爆撃機の下面に吊り下げられて空中で射出された。試作機の3機全てが試験中に墜落した。無線誘導の研究のためにFi 158と命名された有人機版が1機のみ製造された。

要目[編集]

(Fi 157)

  • 乗員:
  • 全長:6.6 m (22 ft)
  • 全幅:7.0 m (23 ft)
  • 全高:1.7 m (6 ft)
  • 翼面積:
  • 空虚重量:494 kg (1,090 lb)
  • 全備重量:646 kg (1,420 lb)
  • エンジン:1 × ヒルト HM506、160 hp (120 kW)
  • 最高速度:350 km/h (190 knots, 220 mph)
  • 巡航速度:300 km/h (160 knots, 190 mph)
  • 巡航高度:
  • 航続距離:370 km (200 nm, 230 mi)

出典[編集]

  1. Facts by request: reply to "A 'sporting' target". "Flying Review International". July 1969, p. 65.