He 72 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ハインケル He 72

Bkadet2.jpg

ハインケル He 72 カデット(Heinkel He 72 Kadett)は、1930年代ドイツの単発複葉練習機である。

開発[編集]

「カデット」は、基本練習機を求める公式の要求に合致するように1933年に設計された。開放式コックピットの全金属製胴体、支柱つき尾翼、固定式降着装置を持つ単桁支柱スタッガード翼の複葉機であった。試作機は出力104 kW (139 hp)のアルグス As 8B 空冷エンジンを搭載していた[2]

最初の量産型であるHe 72Aの初期量産バッチはAs 8Bエンジンのままであったが、それ以降の量産型は出力112 kW (150 hp)のアルグス As 8Rを搭載していた。He 72Aは、出力120 kW (160 bhp)のジーメンス・ハルスケ Sh 14A 星型エンジンを搭載した主量産型であるHe 72Bに取って代わられた[2]

He 72Bは、陸上機型のHe 72B-1と双フロート水上機He 72BW ゼーカデット(Seekadett)として生産された。民間仕様の発展型はHe 72B-3 エーデルカデット(Edelkadett)となった[2]

運用の歴史[編集]

「カデット」はドイツ空軍が編成される前に国家社会主義航空軍団に就役した。本機は後にドイツ空軍で基本練習機として、独立スロバキア空軍では攻撃任務に使用された[2]

派生型[編集]

  • He 72A カデット :初期量産型。
  • He 72B :
  • He 72B-1 :
  • He 72B-3 Edelkadett :He 72B-1の民間機型。30機製造。
  • He 72BW ゼーカデット :双フロート水上機。試作機のみ。
  • He 172 - NACAカウリングを装着したHe 72B。1934年に試作のみ。

運用[編集]

ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
スロバキア共和国の旗 スロバキア共和国

要目 (He 72B-1)[編集]

出典: "The Complete Encyclopedia of World Aircraft" [3]

諸元

性能

  • 超過禁止速度: km/h (kt)
  • 最大速度: 185 km/h (100 kn) 115 mph
  • 巡航速度: 170 km/h (92 kn) 106 mph
  • 失速速度: km/h (kt)
  • フェリー飛行時航続距離: km (海里)
  • 航続距離: 475 km (256 nmi) 295 mi
  • 実用上昇限度: 3,500 m (11,485 ft)
  • 上昇率: 3 m/s (591 ft/min)
  • 離陸滑走距離: m (ft)
  • 着陸滑走距離: m (ft)
  • 翼面荷重: kg/m2 (lb/ft2
  • 馬力荷重(プロペラ): kW/kg (hp/lb)


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Wood and Gunston 1977, p.179.
  2. ^ a b c d "The Complete Encyclopedia of World Aircraft" Editors: Paul Eden & Soph Moeng, (Amber Books Ltd. Bradley's Close, 74-77 White Lion Street, London, NI 9PF, 2002, ISBN 0-7607-3432-1), 1152 pp.
  3. ^ Editors: Paul Eden & Soph Moeng, 2002, ISBN 0-7607-3432-1, page 833
  • Wood, Tony and Bill Gunston. Hitler's Luftwaffe: A Pictorial History and Technical Encyclopedia of Hitler's Air Power in World War II. London:Salamander books,1977. ISBN 0-86101-005-1.