パワーウェイトレシオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

パワーウェイトレシオ(重量出力比、馬力重量、出力毎重量。英語では Power-weight ratio または Weight-to-power ratio、関連: Power-to-weight ratio.)とは、重量を出力で除した商であり、自動車などの加速能力に関わる指標として用いられる数値である。主に、四輪車やオートバイ船舶航空機などの輸送機械の性能について、あるいはエンジン単体の素性を表すためにも用いられる。

概要[編集]

加速性能はその輸送機械(例えば乗用車)にとって重要な商品力となる場合がある。一般に乗用車の性能としてはエンジンの出力だけが注目されがちであるが、同じ出力のエンジンを積んだ車であっても車体の重量が異なると、得られる加速感には違いが生じる。加速度は、エンジンの出力を元に得られる駆動比例し、機械全体の質量には反比例する。同じ出力のエンジンならば、軽い車の加速度は大きく、重い車では小さい。このため加速性能の指標としてはエンジン出力と重量を組み合わせて扱う必要があり、その一つとしてパワーウェイトレシオが用いられる。

備考[編集]

出力とは車両に働く駆動力と走行速度の積に相当する量である。したがって出力が同一であっても、低速度であるほど発生する駆動力は大きくなる。競技用車両ではタイヤの摩擦力の制約からエンジン出力を使い切らない局面がめずらしくない。このため低速域では出力やパワーウェイトレシオの値は運動性能の参考にならない場面がある。

単位[編集]

日本の自動車業界ではパワーウェイトレシオが使われているが、海外ではその逆数である重量毎出力値 "Power-to-Weight Ratio" が使われる。

日本のパワーウェイトレシオは「単位馬力あたりの重量」を指し、重量 (kg) を馬力 (PS, bhp) で割った値である。これは値が小さいほど加速性能に優れる。[1] 対してPower-to-weight ratio は「単位重量あたりの出力」を指し、出力 (PS, bhp, kW) を重量 (kg, t, lb) で割ったものが様々な組み合わせで[2]使われる。こちらは、値が大きいほど優れた加速性能を意味する。

比較[編集]

車両 重量 最高出力 パワーウェイトレシオ Power-to-Weight Ratio
ホンダ・アクティトラック
(4代目 HA9型 SDX 4WD車)
820kg 45PS 18.20kg/PS 54.9PS/t
スズキ・アルト
(8代目 HA36S型 F 2WD・AGS車)
620kg 52PS 11.92kg/PS 83.8PS/t
ダイハツ・トール
(M900S型 カスタムGターボ"SA II")
1,100kg 98PS 11.22kg/PS 89.0PS/t
トヨタ・カローラアクシオ
(2代目 NRE161型 1.5 G 2WD・CVT車)
1,090kg 109PS 10.0kg/PS 100PS/t
日産・セレナ
(5代目 GFC27型 ハイウェイスターG 2WD)
1,700kg 150PS 11.33kg/PS 88.2PS/t
スバル・WRX
(VAB型 STI)
1,480kg 308PS 4.80kg/PS 208.1PS/t
フォルクスワーゲン・up!
(日本向け仕様5ドアモデル)
920kg 75PS 12.26kg/PS 81.5PS/t
MINI COOPER
(2015年モデル)
1,170kg 136PS 8.60kg/PS 116PS/t
ロータス・エリーゼ 900kg 136PS 6.62kg/PS 151PS/t
マセラティ・グラントゥーリズモS 1,888kg 440PS 4.29kg/PS 233PS/t
マクラーレン・MP4-12C 1,336kg 600PS 2.23kg/PS 449PS/t
アリエル・アトム V8 550kg 500bhp 1.10kg/bhp 909bhp/t
フォーミュラ1カー
(2013年レギュレーション)
642kg 750PS 0.86kg/PS 1168PS/t
トップフューエル・ドラッグスター 907.2kg 8000hp 0.11kg/hp 8818hp/t

脚注[編集]

  1. ^ 日本のパワーウェイトレシオにあたるものを英訳すると"Weight-to-Horsepower Ratio"になる。
  2. ^ 輸送機械の種類を問わない場合はkW/kg,自動車にはPS/tや単位の国際化が遅れている地域を中心にbhp/tが主に使われる。

関連項目[編集]