乗り物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
乗り物

乗り物(のりもの、: vehicle)とは、を乗せて移動するもの[1]馬車汽車電車自動車飛行機人力車 等々の総称[1]。語としては「乗り物」で交通機関を指すことも[2]


英語の「vehicle ヴィーィクル」の語源は、フランス語の「véhicule ヴェイキュール」が17世紀に英語に入ったものであり、さらにその語源はラテン語の「vehiculum ウェヒクルム」であり、これは「vehere ウェヘレ」(「運ぶ」)という動詞派生語である[3]ドイツ語の「ファールツォイク」(Fahrzeug)でも総称であるが、生物[4]を含まない、道具としての「乗り物」を指す。なお vehicle は、さらにはヒトが乗れないため「乗り物」ではない無人機en:Uncrewed vehicle)を含む移動する機器類一般(の、どれか)を、指す場合もある。

「輸送機器」「輸送(用)機械」などといった類義語もあるが、これらの語はしばしば、ヒトの移動を目的とする[5]「乗り物」よりもむしろ貨物が移動することに焦点があてられている。

乗り物の特性と選択[編集]

乗り物ごとに特性が異なり、用途によって適した乗り物が異なる。

迅速性…いかに速く目的地まで人が移動できるか

これは移動する場所による。 大都会の街中で移動するならば、自転車オートバイが短い時間で移動できる。 郊外の空いた道路で数十 km先まで移動するなら自動車オートバイである。

数百 km先まで移動するならば、一般的には、列車、特に高速鉄道が早い。

旅客機は(一応、一般論として言えば)速度は最も高い部類である[6]。だが、旅客機は、空港とのアクセス、搭乗手続き、荷物の預け入れと引き取りなどに時間がかかりすぎることがしばしば指摘されており、300 km - 400 km程度では高速鉄道とほぼ同等になる場合も多い。それ以上の距離であれば旅客機が早く着く。

道路が無い海を越えるなら船が用いられるが、迅速に移動したい場合、水中翼船TSLなどが選ばれることがある。一方、鉄道や道路が未発達な開発途上国や、道路の建設が難しいところでは、内陸部でも速度の低い水運に頼らざるを得ない。

定時性…いかに安定した時間で、人が移動できるか
定時性に優れた乗り物として鉄道が挙げられ、とりわけ地下鉄は特に定時性に優れた乗り物として挙げられる。航空機や船のように天候に左右されることも少なく、自動車のように交通状況に左右されることも少ないからである。もっとも、鉄道以外のこれらの交通機関でも、企業努力などの結果、優れた定時性を示すものもある[7]
大量性…いかに多くの人や物を目的地まで運べるか
大量性に優れた乗り物としては、船が挙げられる。また、旅客に対しては、鉄道は大量性に優れた乗り物といえる。
コスト…人や物を運ぶコストの低さ
乗り物を所有するか、定期便契約を結ぶか、それとも臨時の一乗客として利用するか 等々よって大きくことなる。所有する場合は、比較的大きな固定費(乗り物の購入費用、置いておく場所(駐車場停泊場駐機場など)の費用、定期的な整備費用、保険費)および変動費(移動する量や燃料価格の変動などに応じた燃料費など)がかかる。乗客として利用する場合は、距離、路線などによって定められた運賃を支払うだけで済む。自動車で、かつ移動の頻度が少ない場合は、タクシーカーシェアリングレンタカーなどが安く済み、連日のように自動車で移動することを数ヶ月程度以上続ける場合ば中古車を購入して自力で運転するほうが安く済むようになる。
船舶は、本土を移動する場合では、便(路線)が限られ、コスト比較できるものがない場合も多い。数百キロ以上の移動では鉄道と運賃が拮抗・競合することも多い。

なお所有に関しては、小型のカヌー等はともかくとして、プレジャーボートなどでも中規模以上のものは一般論としては、かなりのコストがかかる、とされている。だが、一年から数年ほどかけて世界一周をするには、大型豪華客船の乗客として移動し続けるよりも、小型のセーリングクルーザーを安価に手に入れ自力で操船するほうが、かえって安あがりで済む場合もある。

鉄道(システム)は(産業用モノレールや遊具としての庭園鉄道等を除き、一般人が所有することはほぼ不可能なほどコストがかかり、一般に所有することは検討されず)、通常の速度の鉄道を一乗客として利用すると鉄道の運賃は、最も安価な部類に属する。

なお、自転車で行ける距離・経路ならば、自転車がもっともコストがかからないので、人々から広く選ばれている。

安全性…いかに安全に、人や物を目的地まで運べるか
事故発生率の低さでは航空機が一番安全といわれている[8][9]。航空機以外では日本の新幹線が安全性を売りとしている[10](新幹線の車両事故に起因する死亡はゼロである)。
快適性…いかに快適に移動できるか
乗り物のどの座席に座るかにもよるので、一般論は困難である。一般に、座席の狭い乗り物、空調の悪い乗り物、騒音振動のはげしい乗り物などは快適ではないと指摘されることが多い。高速バスに比べて新幹線のほうが快適だと指摘されることは多い。
公害
排出ガスを出さないという点から電気鉄道が評価されているが、動力源の産生場所(ダム建設や発電所での排出ガス、原子力事故)などの環境負荷を考慮すると、明確に結論を出しがたい。

利用空間における分類[編集]

陸上[編集]

水上[編集]

水中[編集]

空中[編集]

宇宙[編集]

遊具[編集]

動力源における分類[編集]

電動式の乗り物の分類[編集]

電動式の自動車の分類[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 大辞泉「乗り物」
  2. ^ 広辞苑第六版
  3. ^ Oxford Dictionaries, 「vehicle」
  4. ^ 乗用馬などのこと。
  5. ^ 「乗り物」という語では、旅客用ではない、ヒトは乗組員しかいないヴィークルも含むことが多いが、輸送機器・機械という語はもっぱらヒトが乗組まないものを指すことが多い。
  6. ^ 旅客機の中を探検しよう│空ののりもの│みんなののりもの”. 一般財団法人運輸振興協会. 2013年3月24日閲覧。
  7. ^ JAL - 定時運航への取り組み|日本の品質で最良のひとときを”. 日本航空. 2013年9月24日閲覧。
  8. ^ 数字に見る航空機事故の確率”. All About. 2013年9月24日閲覧。
  9. ^ 日本の災害による死者数”. 西日本旅客鉄道労働組合. 2013年9月24日閲覧。
  10. ^ 車両のご案内|JR東海”. 東海旅客鉄道. 2013年9月24日閲覧。

関連項目[編集]