立ち乗りスクーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
立ち乗りスクーターを駆るミハエル・シューマッハ

立ち乗りスクーター(たちのりスクーター)とは、ガソリンエンジン電気モーターで走行する、座席を持たないスクーターである。

概要[編集]

確認できるものでは1915年にアメリカで発売された、前輪にガソリンエンジンを備える「Autoped」が最初の製品であった。その後、1985年に後輪にエンジンを搭載した「Go-Ped Sport」が発売され、電動を含むその後の立ち乗りスクーターの基本型となった。自転車やオートバイのように前後に車輪を配置する二軸二輪式でレジャー用の製品が多いが、警備用の三輪式(T3 Motion)、公道用の四輪式(エスティーバ)も登場している。

名称は英語の「Stand-up Scooter」(スタンドアップスクーター)、「Standing Scooter」(スタンディングスクーター)を日本語にしたものだが、特定の商品名が一般名詞的に用いられて「ゴーペッド」、「電動キックボード」、「電動スケータ」とも呼ばれた。2001年に発表されたセグウェイが『立ち乗りの電動スクーター』として報道されることが多かったことから、日本では現在、セグウェイに類似する形態のものとそれ以前から存在していた形態のものとを含めた総称として立ち乗りスクーターと呼ぶようになっている。

日本での法的位置づけ[編集]

機構的に最高速度が6km/h以下に制限された車両ならば歩行補助車としての扱いを受ける場合もある[1]が、ほとんどの立ち乗りスクーターはこのような機構を備えていない。6km/hを超えて走行できるものは、道路運送車両法では原動機付自転車、あるいは排気量や出力によっては自動車(二輪の小型自動車)として扱われ、灯火類や制動装置などが道路運送車両の保安基準に適合している必要があり、運転するためには道路交通法により運転免許を保有している必要がある。法規要件を満たせない場合は、歩行補助車としても原動機付自伝車としても扱われず、公道をはじめ、公園などの公共の場所で走行することは認められていない。

しかし2000年代初頭に、キックスケーターブームに伴って電気モーターを搭載した製品も数多く輸入され、店によってはこれらを「免許不要」「公道可能」と謳って販売していたため[2][3]、合法と信じてそのまま歩道含む公道を走る利用者が現れた。2002年9月に、歩行補助車としての条件に適合しない立ち乗りスクーターによる事故が兵庫県で発生し、運転者は「原動機付自転車の無免許運転」として書類送検された[4]警察庁は同年11月に「『電動キックボード』や『電動スクーター』の類は全て原動機付自転車とみなす」との声明を出した[5]

以上により、現状では所管官庁の許可無く、立ち乗りスクーターを道路で運転・運行すると整備不良違反、無保険運行罪、無免許運転罪、自動車運転死傷行為処罰法違反等の厳罰に処される場合がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]