馬車鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北海道開拓の村に再現された馬車鉄道(2006年5月撮影)
馬車鉄道など車輪を用いた様々な輸送機関が描かれた1889年(明治22年)の浮世絵

馬車鉄道(ばしゃてつどう)とは、線路の上を走るを引く鉄道である。

19世紀イギリスで誕生し、ただの馬車に比べて乗り心地もよく輸送力も大きいことから広く使われていたことから、蒸気機関車よりも馬を動力に使った鉄道のほうが歴史は古いといえる。

日本での歴史[編集]

日本では、1882年(明治15年)に「東京馬車鉄道」が最初の馬車鉄道として運行を開始し、南は沖縄から北は北海道までの全国にも広まっていった。しかし、糞尿の処理や餌の供給などの手間がかからない電車などの登場により、急速に取って代わられる形で馬車鉄道は衰退していった(前述の東京馬車鉄道は1903年(明治36年)に電化され、東京電車鉄道となっている)。なお、電車でなく蒸気鉄道に変更されたものや、他の動力に転換されないまま路線廃止になったものも存在する。日本で最後まで営業していた民営の馬車鉄道は、1949年(昭和24年)に廃止された宮崎県銀鏡軌道だが、北海道の殖民軌道などでは昭和30年代まで存続したものもある。

神津康人[1]によると、1936年2月の鉄道省調査によれば、軌間 0.762m のものは軽石軌道(北海道) 8.4km 、早来軌道(北海道) 18.6km 、田名部軌道(青森県) 4km 、勿来軌道(福島県) 6km 、日向軌道(宮崎県) 23km 、軌間 0.666m のものは本郷軌道(福井県) 5.2km 、軌間 0.914m のものは博多湾鉄道汽船軌道(福岡県) 3.9km であった。

統計[編集]

年度 軌道数 開業哩程(哩鎖) 乗客(人) 貨物量(トン) 客車(両) 貨車(両)
1908 37 259.23 8,885,366 559,869 456 656
1909 39 273.64 8,430,599 319,238 471 649
1910 38 262.39 8,103,828 380,541 457 678
1911 41 277.15 8,730,524 341,512 513 639
1912 40 291.19 8,967,253 287,890 561 676
1913 35 269.72 9,212,380 229,829 536 578
1914 33 243.07 4,125,114 174,760 429 544
1915 34 244.18 4,064,980 134,181 437 577
1916 37 260.03 4,612,078 214,283 441 646
1917 36 243.19 4,923,044 342,017 401 604
1918 34 195.17 4,184,665 347,812 357 495
1919 35 201.01 4,370,630 419,388 378 517
1920 36 200.50 3,840,632 343,879 317 527
1921 34 177.78 3,000,184 214,188 249 350
1922 30 158.04 2,984,613 147,209 240 273
1923 29 177.63 2,777,515 331,435 233 715
1924 29 174.20 2,529,017 347,198 221 704
1925 25 140.69 1,846,813 180,449 164 694
1926 22 139.77 1,066,298 187,376 137 688
1927 18 178.27 827,648 202,116 120 698
1928 18 165.37 624,636 98,725 98 175
1929 15 123.76 456,074 108,498 90 157
1930 14 123.07 420,732 92,044 66 157
1931 16 145.04 236,582 68,956 58 107
1932 16 145.04 202,507 76,956 45 110
1933 14 137.45 187,595 108,016 42 111
1934 15 150.47 154,909 90,006 40 115
1935 15 150.47 143,610 105,385 37 109
1936 13 130.10 78,944 97,113 37 102
  • 鉄道院年報、鉄道省年報各年度版及び日本鉄道史下巻
  • 開業哩程の単位は1927年度以降はKm

復元運行の状況[編集]

※復元運行の詳細は、各施設の項目を参照。

現在の日本では、北海道にある野幌森林公園内の北海道開拓の村岩手県小岩井農場内にある「まきば園」で、観光用に復元した馬車鉄道が運行されている。 日本以外では、マン島ダグラス・ベイ馬車軌道 (Douglas Bay Horse Tramway) などが現在でも運行されている。

脚注[編集]

  1. ^ 東京鉄道局工作部長『人事興信録. 第13版(昭和16年) 上』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)