メンテナンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

メンテナンスとは、英語: maintenance動詞 maintain名詞形)をカタカナ転写したもので、メインテナンス、メンテナスとも書かれる。また、メンテと略されることもある。

原語には「生計・扶養」「主張」などの意味もあるが、日本語としては専ら「建築土木構造物や自動車など機械類の整備・維持・保守・点検・手入れ」等の意味で使われる。

メンテナンスの意義[編集]

人々が生活のうえで使用しているものは、どんなものでも時間とともに劣化・老朽化し、やがて使用に耐えなくなる運命にある。しかし、メンテナンスによって、欠陥を早期に発見したり寿命を伸ばしたりすることが可能である。大量消費の時代である現在、大量生産から再利用再使用にむけた動きが活発であるが、それにとどまらず、現存する製品や構造物などの効率化や延命を実現するメンテナンスという技術は欠かすことはできない。

整備事業[編集]

整備を行う事業のことを整備事業といい、以下の用法で使用される。

乗り物の整備事業[編集]

中日本航空全日空、ANAワークス、全日空整備静岡エアコミュータ日本飛行機JALエンジニアリング(JAL航空機整備成田)といった事業者業種は、航空機整備事業(小型航空機等の受託整備事業、航空機機体構造整備事業、整備時に使用する器具の整備事業他)である。

その他鉄道車両の整備事業は、鉄道車両#鉄道車両工業日本の鉄道車両検査を、鉄道線路の保守は保線を参照。

自動車整備事業・指定自動車整備事業は、自動車整備業を参照。

行政制度の整備事業[編集]

官公庁において、建物の新築や修繕、リニューアルなどを「営繕」と称し、国の場合は国土交通省の各地方整備局に「営繕部」があり、地方自治体の場合は同様に「営繕部」や「営繕課」がある。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]