総合的設備管理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

総合的設備管理(そうごうてきせつびかんり、TPM;Total Productive Maintenance)とは、企業などにおいて、製造設備の保守管理を総合的に行い、設備停止時間の減少を目指し、生産性の向上を計る活動。1971年に日本プラントメンテナンス協会により提唱された[1]

設備効率を最高にすることを目標にして、設備の一生涯を対象としたPM(予防保全)のトータルシステムを確立し、設備の計画部門、保全部門、使用部門などのあらゆる部門にわたって、トップから第一線従業員にいたるまで全員が参加し、動機づけ管理、すなわち小集団活動によりPM(予防保全)を推進すること。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ TPMとは | 組織・沿革 | 公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会”. 日本プラントメンテナンス協会. 2016年3月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年4月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]