Wikipedia:雑草とり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

雑草とり
ページの分割と統合
ページの改名
移動依頼
日本語版にはない記事
スタブ
プロジェクト間の移動
バグの報告

執筆依頼
翻訳依頼
加筆依頼
修正依頼
査読依頼
画像提供依頼
Bot作業依頼
表示改善依頼
著作権問題調査依頼
統合提案
分割提案
改名提案
コメント依頼

削除の方針
削除依頼
即時存続
版指定削除
版指定削除の方針
即時削除
即時削除の方針
即時版指定削除の方針
リダイレクト削除の方針
リダイレクトの削除依頼
利用者ページの削除依頼
復帰の方針
削除の復帰依頼
管理者伝言板/削除

方針とガイドライン一覧
プロジェクト関連文書一覧

ウィキペディアの雑草とり(草取り)とは、記事のメンテナンス作業のことで、記事の細かな間違いや方針等に従っていない箇所を修正することです。メンテナンスは記事に磨きをかける有意義な作業です。正確で内容に富んだ記事を書くことは百科事典には必須です。メンテナンスには簡単な作業も多いのですが不可欠でしょう。

メンテナンス対象の記事を探す[編集]

ヘルプ[編集]

コミュニケーションが好きな方は以下で案内をしてあげてください。

手法[編集]

新しいページは、初心者の人や、時間がない人が細部まで手を入れることなく記事を作成していることも多いでしょう。

初心者に対して失礼かもしれませんが、実際、ログインしていない、やってきたばかりの人はまだ記法などを覚えていないため、基準に合致しないものを投稿する傾向は多いでしょう。彼らについて回って、草取りしていくという手法もあります。しかし、彼らの気分を悪くさせないように、できるだけ礼儀正しく新参者に丁寧に振る舞ってください

加筆・修正した内容はよくても、誤字やマークアップのミスなど、形の上で修正すべきことがあったりします。更新した人も他の人が次にどういう編集をするかを注視していたりするので、その人も、あなたの修正によって学ぶでしょう。

メンテナンス作業の具体例[編集]

Help:早見表の基本項目は覚えます。編集ツールバービジュアルエディターの使い方を覚えましょう。

メンテナンス作業は多くの作業があります。以下に具体的な例と、その理由を列挙します。

索引に載せる Wikipedia:索引は手動で登録しています。まだ登録されていない記事がたくさんあります。
一覧に載せる それぞれの一覧に載せるといい記事があります。一覧の一覧からも辿れます。
適切でない記事名 記事名の付け方を参照しましょう。記事名は大文字で書かれるのが通常でない場合には、小文字にすべきです。ウィキペディアのシステム上、大文字の記事名は別の記事だと認識されます。どう改名すべきか分からないときには、記事の最後かHelp:ノートページに小さく注意書きをするのもいいでしょう。
辞書の定義のような記事 百科事典のウィキペディアを、辞書と混同している人もいます。題名の言葉を、数字を振ってそれぞれ簡単に定義します。これでは辞書ですが、ウィキペディアは辞書ではないのです。既に加筆が進んでいる場合には、Wikipedia:曖昧さ回避ページを用意することができます。数字を除き単に消し百科事典の記事にします。またはウィクショナリーに移すこともあります。Wikipedia:スタイルマニュアル (導入部)が参考になります。
体裁をスタイルマニュアルに合わせる Wikipedia:スタイルマニュアルのガイドラインに合わせましょう。たとえば記事の書き出し。一般に、ウィキペディアの記事はその題を太字で、完結した文の一部として提示することで始まります。場合によっては、(既に記事のトップにある)記事名をすぐ次にまた繰り返すのを煩わしく感じ、記事の最初の部分を不完全な文で始める人もいます。そのような記事を見つけたら、完全な文で始まるように取り替え、題名を太字にしましょう。
校正 誤字や脱字がないかも重要です。Wikipedia:表記ガイドもスタイルマニュアルの一部です。Help:検索#正規表現に一致していない表記を検出する検索方法の例を挙げていますのでご活用ください。
表示の改善 CSSの書き方などが原因で時々正常に表示できないページがあります。また一部環境だけ正常に表示できない場合もあります。Wikipedia:表示改善依頼もあります。
適切でないリンク 新規の参加者の中には、目に付くものすべてをリンクしていく人もいます。ですが無差別にリンクしても役に立ちません。Wikipedia:記事どうしをつなぐに沿って、これらのリンクを直したり取り除いたりするのはいいアイデアです。また、曖昧さ回避のページ、リダイレクトページへのリンクを適切なものに変えるのもいいことです。
明らかなナンセンスなどを取り除く 時々、文章すべてやパラグラフまで取り除いてしまわなくてはならないことがあります。ですがもちろん、これは慎重に行わねばなりません。時には単なる荒らしで、それを除くのに説明さえいらないこともあります。時には趣味の興奮を表現するのに夢中な利用者によって書かれたように見え、文字通りゼロの情報量しかないものもあります。

また別の可能性は、偏った観点である場合です。編集者は中立的な観点を熟知していなくてはなりません。取り除く時間がない場合、また偏りが極端でも内容が有用である場合には、ノートページに移して「偏りを除く必要がある」などと残しましょう。
または私欲に基づいた投稿のために、他の参加者が法外な時間を費やさなくてはならない訳ではありません。このようなものは、ウィキペディア外の他のサイトに投稿して頂くように誘導し、ウィキペディアでは許容外であることを説明しましょう。

内容改善 文章を事実に則したものに修正したり、重要な情報を付け加えたり、明白な誤りを取り除いたりできます。
二重リダイレクトの解消 二重リダイレクトになっている記事を適切なリダイレクトに編集しましょう。
外部リンクの更新 時に適切だった外部サイトへのリンクも、時間の経過と共にリンク切れだったり、内容が陳腐化していることがあります。移動したサイトはアドレスを更新し、やむを得ないときは除去しましょう。
カテゴリ分類 カテゴリ未導入のページから、適切なカテゴリに分類しましょう。また、既にカテゴリに分類された記事も、適切なカテゴリに修正したり、別のカテゴリにも入れましょう。必要であれば、新規にカテゴリを作成するのも良いでしょう。Wikipedia:カテゴリの方針に従ってください。
言語間リンクを追加、修正する 主に言語間リンクはウィキデータへの登録となります。既にウィキデータに登録されたものがまだ記事内に残っている場合は除去できます。
著作権侵害の疑いのある記事への対処 著作権侵害の問題への対処は下記リンク先にありますように、著作権法に関する知識、およびさまざまに関連するウィキペディア方針の理解と実作業経験を必要とする、ベテラン利用者でも非常に難易度の高い作業となります。詳しい理解知識がないままでの安易な対処は控えましょう。
署名のないコメントに署名を付け加える ノートページなどで、署名のないコメントを見つけたら、署名を追加しましょう。
記事改善用テンプレート
会話ページ用テンプレート

編集に役立つツールも揃っています。

ウィキ文法のチェック[編集]

ウィキ文法のチェックを開きます: Check Wikipedia → jawiki

  1. 優先順位が高 (high priority) からはじめるといいでしょう。
  2. To-do が空白の場合、合致する記事はないということです。Done は誰かがメンテナンスしたことを意味します。メンテナンスしたい、あるいは得意とする項目を選びます。
  3. 進んでいくと、記事の一覧が表示されます。
  4. edit が編集画面を開く、more がその記事の他の問題を一覧する機能です。編集が終わったら Done をクリックします。繰り返します。

以前のプロジェクト:ウィキ文法のチェックは2010年に停止しました。現在はウィキペディア・クリーナーが存在します。

Botの代理作業[編集]

定期作業を行うBot(ボット)が何らかの原因で動作を停止してしまったら、一般の利用者が代理で作業を行わなくてはいけません。Botの投稿記録を確認し、停止が確認できるようであれば代理で作業を行ってください。

Botが更新しているページ[編集]

Botが定期的に自動更新・新規作成を行うページの一覧と、私たちが手動介入する場合の作業内容です(もしも日付表示が古いようであればキャッシュを破棄してみましょう)。普段はBotが忠実にこれらのページを更新していますが、何らかの要因で活動を止めている場合があります。その場合は、気付いた人が手動でこれらページの更新・新規作成を行う必要があります。

移行による停止

以前はbotで更新していたが、現在はウィキペディアによって自動表示されているものは、Wikipedia:Bot作業依頼/定期作成ページのメンテナンス#終了に載っています。

関連項目[編集]