Wikipedia:査読依頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

雑草とり
ページの分割と統合
ページの改名
移動依頼
履歴複製依頼
日本語版にはない記事
スタブ
プロジェクト間の移動
バグの報告

執筆依頼
翻訳依頼
加筆依頼
修正依頼
査読依頼
画像提供依頼
Bot作業依頼
表示改善依頼
著作権問題調査依頼
統合提案
分割提案
改名提案
コメント依頼

削除の方針
削除依頼
即時存続
版指定削除
版指定削除の方針
即時削除
即時削除の方針
即時版指定削除の方針
リダイレクト削除の方針
リダイレクトの削除依頼
利用者ページの削除依頼
復帰の方針
削除の復帰依頼
管理者伝言板/削除

方針とガイドライン一覧
プロジェクト関連文書一覧

査読依頼は、ほぼ完成した項目について、内容の正確性や構成の適切さなどについて批評と査読を依頼する場です。記事を秀逸な記事の選考良質な記事の選考に出す前段階として利用することもできます。ここで受けた批評を項目に反映させてより良いものにしていきましょう。

キャッシュを破棄

査読依頼をする前に[編集]

ウィキペディアにおける査読依頼は、自分がある程度完成させた記事について、他者の意見を求めたいときに使用します。必ずしも専門家の意見がつくとは限りませんので、掲載期間が終了しても記事の質が保証されたわけではありません。

もし記事に問題点があると明確にわかっている場合は、査読依頼より先に、以下の各依頼へお願いします。

依頼の要件[編集]

  1. 依頼者は、当該記事の主たる執筆者、もしくはそれに準じる役割を果たした利用者であること。
  2. 依頼者は、指摘を受け適宜編集する態勢を整えていること。

上記を満たしていないと判断された場合、依頼は取り下げられることがあります。また、査読依頼にはそれを取り仕切るような人はいませんので、依頼を放置しないようにお願いします。途中で依頼の要件を満たせなくなった場合は、一旦掲載を終了してください。

利用の仕方[編集]

依頼の要件を満たしていれば、誰でも利用できます。依頼にはサブページを使用します。下にある「依頼を追加する」のリンクをクリックし、最下部に以下の記述を加えてください。

{{Wikipedia:査読依頼/○○○_yyyymmdd}}

○○○は項目名、yyyymmddは年月日です。例えば、査読してほしい項目が「コンピュータ」の場合は、 {{Wikipedia:査読依頼/コンピュータ_20060401}} のようにします。

すると、

{{Wikipedia:査読依頼/コンピュータ_20060401}}

と赤リンクが表示されるので、このリンクをクリックしてください。

リンクを開くと、ページ作成の画面になります。そこに以下のように依頼の中身を記述します(中身を記述することにより、他の依頼と同じ書式がこのページに表示されます)。

=== [[○○○]] - [[ノート:○○○|ノート]] ===
(何か適当な依頼文)--~~~~

中身は上記のように見出しを作成し、当該項目へリンクしてください。何か依頼者からのコメントがあった方が回答もしやすいと思うので依頼文を記入してください。また署名もお忘れなく。(見出しの部分は === {{subst:Article|○○○}} === で代用できます。)

査読依頼者は掲載期間を忘れないように、以下のようにTemplate:査読依頼者を会話ページ、もしくは利用者ページ冒頭に貼りつけてください。

{{査読依頼者
 | 査読依頼サブページ名 = Wikipedia:査読依頼/コンピュータ_20060401
 | 査読掲載終了年月日 = 2007年5月10日 (木) 12:30 (UTC)
}}

詳しい貼り付方法は、Template:査読依頼者に記されています。

新規の依頼を追加した場合・依頼が終了した場合は、/リストを編集してくださいWikipedia:コミュニティ・ポータルに表示されます)。

査読する側は読んでみて気軽にコメントしてください。コメントは当該のサブページにお願いします。掲載期間は原則2ヶ月です。

ルール[編集]

以下は査読依頼のルールです。原則であり、厳守すべきものではありません。ひとつの基準としてお使いください。

  1. 査読期間は原則2ヶ月とする。
  2. コメントが寄せられ議論が続いているものは、最後の発言から10日間、終了を猶予する。
  3. コメントを受けて当該記事に有意な編集があった場合も、最後の編集から10日間、終了を猶予する。
  4. コメントが寄せられているにも関わらず有意な編集のない依頼は、依頼開始後1ヶ月の早期終了を宣言できる。

ヒント[編集]

査読依頼をよりうまく活用するためのノウハウを例示します。

  • 現在査読を依頼中の記事であることを示すテンプレート{{査読依頼}}があります。これを依頼した記事のノートの冒頭に貼ることで、査読してくれる人が集まるかもしれません。
  • /リストに書いた内容はWikipedia:コミュニティ・ポータルに表示され、他の人の目に触れる機会が増えます。新規に依頼したときには忘れずに編集しましょう。
  • 査読のプロセスをスムーズにすすめるために、Template:査読欄を活用してみて下さい。依頼時に
=== [[○○○]] - [[ノート:○○○|ノート]] ===
(何か適当な依頼文)--~~~~
{{subst:査読欄}}
とすると、テンプレートの部分が
【査読】 ──専門家の方による審査結果。
【検証】 ──参考文献などと照合しつつ正確性を評価頂いた結果。
【書評】 ──専門外の方による評価および助言。
【感想】 ──専門外の方による感想。
【その他】 ──表記・文体など
と展開されます。使用するときには、substを付けることを忘れないようにしましょう。
  • 過去の複数の例から見るかぎり、査読依頼がもっともうまく機能するのは、
  1. ある程度以上の完成度がある記事で、
  2. 査読や批評の結果を反映できるアクティブな執筆者がいる場合です。
  3. Wikipedia:ウィキポータルの各分野で掲示するのもよいかもしれません。

掲載期間終了時の手順[編集]

  1. 掲載期間が終了したら、依頼者は査読依頼中の記事から項目を削除し、Wikipedia:査読依頼/掲載が終了した依頼に査読のサブページへのリンクを加えてください。記事のノートには、Template:査読依頼された記事もしくは査読のサブページへのリンクをつけておくとよいでしょう。後から議論を読み返しやすくなり、その後に編集する人や再び査読依頼する人の参考になるかもしれません。
  2. 記事に{{査読依頼}}を貼り付けた場合は、これも忘れずにはがしてください。
  3. /リストからも、項目を削除してください。

査読依頼中の記事[編集]

依頼を追加する

ニーマン・ピック病 - ノート[編集]

ニーマン・ピック病の査読を依頼いたします。この記事は、先天的な遺伝子の変異によって引き起こされる、厚生労働省の特定疾患 (いわゆる「難病」)のライソゾーム病の一種に関する記事です。他15言語版で作成されている上、税金を使って公費で治療が受けられる特定疾患であるのにもかかわらず、いままで記事がありませんでしたので、ある程度の資料を集め作成しました。疾患の特徴としては、非常にまれな遺伝性疾患であること、分類によって原因・治療・予後が大きく異なることが挙げられます。加筆する上の当面の目標としては、初めてこの疾患について調べる人にとって必要な情報がある程度網羅されており、わかりやすく理解できる状態にすることです。ご助言・ご指導のほどよろしくお願いいたします。--W.CC会話) 2016年1月12日 (火) 11:17 (UTC)

(追記) この記事はプロジェクト:病気のスタイルを参考に作成したものです。情報量・完成度については、必要最低限かつ、信頼できる情報源で収集可能なことは一通り揃っていると考えています。希少疾患のためもととなる情報源自体はそもそもあまり豊富ではありませんが、こういった疾患記事は短報・辞書程度のものが多い中で、ある程度の手本となる状態を目指しています。構成などの改善点、理解する上で不十分な事項や記述、百科事典として必要な情報に加筆の余地がある部分など指摘していただけるとありがたいです。--W.CC会話) 2016年1月13日 (水) 11:20 (UTC)

【査読】 ──専門家の方による審査結果。
【検証】 ──参考文献などと照合しつつ正確性を評価頂いた結果。
【書評】 ──専門外の方による評価および助言。
すばらしい記事だと思います。このままFAも十分に狙えると思います。以下、私なりに疑問点を列挙してみました。不勉強な私のために文章を補足していただけましたら幸いです。--Damena会話) 2016年2月14日 (日) 08:42 (UTC)

2016年2月14日 (日) 06:20 (UTC)の版を拝見いたしました。

  1. 導入部
    1. 「生化学的・分子生物学的位置づけが大きくことなる病気」出典が病理学の教科書だからかもしれませんが、一般の方にはわかりずらい表現かもしれません。「この疾患は、生後に内蔵腫大を生じるA型・B型、および慢性神経症状を主体とするC型に大分される。」などと臨床像を主体に書き換える選択肢もあるでしょう。
  2. 概要節
    1. スフィンゴリピド → スフィンゴ脂質でしょうか?
    2. 「ニーマン・ピック細胞…が特徴である」は、病理組織学的な特徴であることを明示した方がいいでしょう。またこの細胞が見出される組織(骨髄?網内系?肺?肝?)も明示できますか?
    3. 本疾患の診療科はどこでしょう?(神経内科?小児科?皮膚科?)
  3. 歴史節
    1. 細かいことですが、外国人名はカナ表記が標準スタイルです。可能なら他言語版リンクも欲しいです。Template:仮リンクなどのご使用も検討ください。
  4. 機序・病態節
    1. 「その量のバランスを合成経路と代謝経路によって保っている」ですが、合成も代謝の一種と考えるとちょっと混乱しやすい記述かもしれません。ここでいう「代謝」とは「分解」と理解しても良いでしょうか?
    2. 「脂肪複合体」とはなんですか?
    3. 「アポトーシス耐性をもつ細胞も生じる」の臨床的意義はなんでしょう?
    4. SMPD1の正式名称(スフィンゴミエリン・ホスホジエステラーゼ1ですか?)もあれば附記しましょう。
    5. 「ニーマン・ピック病C型は遺伝子異常によってリソソームからコレステロールを排出できないため、細胞内に蓄積する」蓄積するのはどこですか?(細胞質?リソソーム内?貪食細胞?)。蓄積した細胞の組織像はどのようなものですか?
    6. 「反応が行らないこと」誤字?
    7. C型にもニーマン・ピック細胞がみられるのは、マクロファージに貪食されるからですか?
    8. NPC1の正式名称は?
    9. 「これらによってゴーシェ病におけるゴーシェ細胞(封入体)との区別が可能となる」はやや唐突な印象を受けます。臨床的に、あるいは一般の染色(HE染色など)で鑑別が難しい疾患ということでしょうか?
  5. 疫学節
    1. 特定疾患とのことですが、患者団体や支援団体などの社会医学的な側面も解説が欲しいところです(遺伝病であることを考えるとなおさらです)。
  6. 症状節
    1. 「骨髄でニーマン・ピック細胞がみられる」「網膜電位図で…」「末梢神経における伝導速度は…」「肺レントゲン像では…」←これらは厳密には症状ではないのでは? 検査節に移動させるか、あるいは節名を「臨床像」などとあらためても良いかもしれません。
    2. 網膜電位図はen:Electroretinographyにリンクを貼っても良いかもしれません。
    3. 「cherry-red spot」あれば日本語訳を併記してください
    4. 「神経症状が出現しないことが特徴であるが…末梢神経のシュワン細胞に異常を示す例」に関しては剖検での所見ですか? それとも神経生検の所見ですか?
    5. 「A型やB型とは異なり、あらゆる年齢で発症する」好発年齢はありますか?
  7. 検査・診断節
    1. 「小児においては…」成人にも施行するのでしょうか?(胸骨穿刺?腸骨穿刺?)
    2. B型の確定診断の方法があれば明示してください。(診断基準を示したガイドラインの有無? 遺伝子診断? 病理所見から診断?)。
    3. NP-C-SIの正式名称は?(suspicion index?)
  8. 治療・予後節
    1. C型の予後も不良とのことですが、具体的に発症してからどのくらい生存できるのでしょう?
以上、よろしくお願いします。--Damena会話) 2016年2月14日 (日) 08:42 (UTC)
【感想】 ──専門外の方による感想。
【その他】 ──表記・文体など

終了した依頼[編集]

掲載期間が終了した依頼はWikipedia:査読依頼/掲載が終了した依頼に移動してください。

また、各記事のノートに

{{査読依頼された記事
 | 依頼日 = yyyymmdd
 | よみがな = あいうえお
}}

とすることで、査読依頼サブページへのリンクをおくことができます。記事のよみがなも忘れずに入力してください。(詳細)。

関連項目[編集]