Wikipedia:査読依頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

雑草とり
ページの分割と統合
ページの改名
移動依頼
日本語版にはない記事
スタブ
プロジェクト間の移動
バグの報告

執筆依頼
翻訳依頼
加筆依頼
修正依頼
査読依頼
画像提供依頼
Bot作業依頼
表示改善依頼
著作権問題調査依頼
統合提案
分割提案
改名提案
コメント依頼

削除の方針
削除依頼
即時存続
版指定削除
版指定削除の方針
即時削除
即時削除の方針
即時版指定削除の方針
リダイレクト削除の方針
リダイレクトの削除依頼
利用者ページの削除依頼
復帰の方針
削除の復帰依頼
管理者伝言板/削除

方針とガイドライン一覧
プロジェクト関連文書一覧

査読依頼は、ほぼ完成した項目について、内容の正確性や構成の適切さなどについて批評と査読を依頼する場です。記事を秀逸な記事の選考良質な記事の選考に出す前段階として利用することもできます。ここで受けた批評を項目に反映させてより良いものにしていきましょう。

キャッシュを破棄

査読依頼をする前に[編集]

ウィキペディアにおける査読依頼は、自分がある程度完成させた記事について、他者の意見を求めたいときに使用します。必ずしも専門家の意見がつくとは限りませんので、掲載期間が終了しても記事の質が保証されたわけではありません。

もし記事に問題点があると明確にわかっている場合は、査読依頼より先に、以下の各依頼へお願いします。

依頼の要件[編集]

  1. 依頼者は、当該記事の主たる執筆者、もしくはそれに準じる役割を果たした利用者であること。
  2. 依頼者は、指摘を受け適宜編集する態勢を整えていること。

上記を満たしていないと判断された場合、依頼は取り下げられることがあります。また、査読依頼にはそれを取り仕切るような人はいませんので、依頼を放置しないようにお願いします。途中で依頼の要件を満たせなくなった場合は、一旦掲載を終了してください。

利用の仕方[編集]

依頼の要件を満たしていれば、誰でも利用できます。依頼にはサブページを使用します。下にある「依頼を追加する」のリンクをクリックし、最下部に以下の記述を加えてください。

{{Wikipedia:査読依頼/○○○_yyyymmdd}}

○○○は項目名、yyyymmddは年月日です。例えば、査読してほしい項目が「コンピュータ」の場合は、 {{Wikipedia:査読依頼/コンピュータ_20060401}} のようにします。

すると、

{{Wikipedia:査読依頼/コンピュータ_20060401}}

と赤リンクが表示されるので、このリンクをクリックしてください。

リンクを開くと、ページ作成の画面になります。そこに以下のように依頼の中身を記述します(中身を記述することにより、他の依頼と同じ書式がこのページに表示されます)。

=== [[○○○]] - [[ノート:○○○|ノート]] ===
(何か適当な依頼文)--~~~~

中身は上記のように見出しを作成し、当該項目へリンクしてください。何か依頼者からのコメントがあった方が回答もしやすいと思うので依頼文を記入してください。また署名もお忘れなく。(見出しの部分は === {{subst:Article|○○○}} === で代用できます。)

査読依頼者は掲載期間を忘れないように、以下のようにTemplate:査読依頼者を会話ページ、もしくは利用者ページ冒頭に貼りつけてください。

{{査読依頼者
 | 査読依頼サブページ名 = Wikipedia:査読依頼/コンピュータ_20060401
 | 査読掲載終了年月日 = 2007年5月10日 (木) 12:30 (UTC)
}}

詳しい貼り付方法は、Template:査読依頼者に記されています。

新規の依頼を追加した場合・依頼が終了した場合は、/リストを編集してくださいWikipedia:コミュニティ・ポータルに表示されます)。

査読する側は読んでみて気軽にコメントしてください。コメントは当該のサブページにお願いします。掲載期間は原則2ヶ月です。

ルール[編集]

以下は査読依頼のルールです。原則であり、厳守すべきものではありません。ひとつの基準としてお使いください。

  1. 査読期間は原則2ヶ月とする。
  2. コメントが寄せられ議論が続いているものは、最後の発言から10日間、終了を猶予する。
  3. コメントを受けて当該記事に有意な編集があった場合も、最後の編集から10日間、終了を猶予する。
  4. コメントが寄せられているにも関わらず有意な編集のない依頼は、依頼開始後1ヶ月の早期終了を宣言できる。

ヒント[編集]

査読依頼をよりうまく活用するためのノウハウを例示します。

  • 現在査読を依頼中の記事であることを示すテンプレート{{査読依頼}}があります。これを依頼した記事のノートの冒頭に貼ることで、査読してくれる人が集まるかもしれません。
  • /リストに書いた内容はWikipedia:コミュニティ・ポータルに表示され、他の人の目に触れる機会が増えます。新規に依頼したときには忘れずに編集しましょう。
  • 査読のプロセスをスムーズにすすめるために、Template:査読欄を活用してみて下さい。依頼時に
=== [[○○○]] - [[ノート:○○○|ノート]] ===
(何か適当な依頼文)--~~~~
{{subst:査読欄}}
とすると、テンプレートの部分が
【査読】 ──専門家の方による審査結果。
【検証】 ──参考文献などと照合しつつ正確性を評価。
【書評】 ──専門外の方による評価および助言。
【感想】 ──専門外の方による感想。
【その他】 ──表記・文体など
と展開されます。使用するときには、substを付けることを忘れないようにしましょう。
  • 過去の複数の例から見るかぎり、査読依頼がもっともうまく機能するのは、
  1. ある程度以上の完成度がある記事で、
  2. 査読や批評の結果を反映できるアクティブな執筆者がいる場合です。
  3. Wikipedia:ウィキポータルの各分野のノートページで告知するのもよいかもしれません。

掲載期間終了時の手順[編集]

  1. 掲載期間が終了したら、依頼者は査読依頼中の記事から項目を削除し、Wikipedia:査読依頼/掲載が終了した依頼に査読のサブページへのリンクを加えてください。記事のノートには、Template:査読依頼された記事もしくは査読のサブページへのリンクをつけておくとよいでしょう。後から議論を読み返しやすくなり、その後に編集する人や再び査読依頼する人の参考になるかもしれません。
  2. 記事に{{査読依頼}}を貼り付けた場合は、これも忘れずにはがしてください。
  3. /リストからも、項目を削除してください。

査読依頼中の記事[編集]

依頼を追加する

日立鉱山の大煙突 - ノート[編集]

日立鉱山の激しい煙害を防止するために建設された、建設当時世界で最も高かった大煙突です。建設に至る経緯、土木技術的な側面、そして鉱工業都市日立市のシンボルとなったいきさつなど、参考文献を用いてまとめてみましたが、査読依頼で皆様からのご意見を募り、より良い記事にブラッシュアップしていきたいと考えております。どうかよろしくお願いいたします。--のりまき会話) 2016年12月19日 (月) 09:33 (UTC)

【査読】 ──専門家の方による審査結果。
【検証】 ──参考文献などと照合しつつ正確性を評価。
【書評】 ──専門外の方による評価および助言。
公害や建築には詳しくないのですが、興味深く読ませていただきました。煙突にまつわる幅広い事柄がまとめられており、大変充実した記事になっているものと存じます。以下、版番62558730でコメントいたします。
まず気になってしまったのは、建設までの背景事情が長く、なかなか大煙突が登場しない点です。ただし、特に冗長/不要と思われる文章が見当たらなかったので、概ね適切な構成なのだと考えます。そこで、例えば「挫折続く煙害対策」節、第1段落末あたりに「ここで、大煙突の建設以前に鉱山が取り組んだ煙害対策を述べる」といった一文を置いて、読者に見通しを持たせるようにしてはいかがでしょうか。
そのほか、細かいことで気になった点を示します:
  • 数か所で「現在」という表現が使われていますが、Wikipedia:すぐに古くなる表現は使わないの観点から、ある程度具体的な年代等でお示しいただくことは可能でしょうか(例: 1990年代には〜、1990年現在〜、など)。
  • 生鉱吹について、初出のところで、日立鉱山で記載されている程度で簡単な説明を加えていただけるとありがたいです。
  • 「大雄院製錬所と八角煙突」節、「八角煙突建設時の日立鉱山所長であった竹内維彦によれば、八角煙突は当時の煙害対策の常識であった、低い煙突を用いて煙害の被害地域を局限化するという手法を考慮して低い煙突にしたという。」の文は、係り受けがわかりにくく感じました。「竹内維彦によれば」は、「当時の煙害対策の常識であった」と「局限化するという手法を考慮した」の両方にかかりますか?おそらく後者のみと想像しますが、そうであれば、2文に分けていただいた方が読者には優しいかと存じます。
  • 同節、「実際は煙害は本山時代よりも更に激化することになった」、激化した理由は次節にあるとおり増産が理由でしょうか?そうであれば、「次節で述べるとおり生産拡大により激化した」といった補足を加えていただけるとありがたいです。
  • 「大煙突の設計、施工内容」節は、見出しレベルが1段上になるように思いますがいかがでしょうか?
  • 「大煙突本体」節、最終段落で「ジョンソンバー(異形鉄筋)」とありますが、異形鉄筋の括弧書きはジョンソンバーの初出箇所で示していただけると理解しやすいかと存じます。
  • 「『ある町の高い煙突』」節、「『ある町の高い煙突』の曲が劇のテーマ音楽として公開された」とありますが、いつ誰が作曲したどのような曲か(歌の有無など)簡単に説明いただくことは可能でしょうか?演劇研究会の方が作曲したのでしょうか。唐突に曲の話が出たので、やや戸惑いました。
  • 可能であれば、登場する地名を示した地図か航空写真を加えていただけると、理解がしやすくなるかと思います。本文中で山との位置関係に触れられているので、航空写真の方がわかりやすいかもしれません。
  • 日立鉱山の鉱害問題へのリンクがあると良いと思いました。本文中で難しければ、「関連項目」節を作って公害問題ページへのリンクしても良いように思います(個人的に「関連項目」節は避けるようにしているのですが、本項目の場合は適切な使い方になるかもしれません)
以上となります。いろいろ書いてしまいましたが、可能な範囲でご検討いただけますと幸いです。--Mogumin会話) 2017年1月6日 (金) 15:23 (UTC)
Mogumin様、丁寧に査読をしていただき、本当にどうもありがとうございます。
  • 確かに大煙突の出番が遅いですね(苦笑)。私なりに構成を少々考えてみた上で、冒頭に日立鉱山の煙害問題についての軽い説明と、大煙突と制限溶鉱の実施まで煙害問題の対応に苦しんだとの説明を入れてみましたが、いかがでしょうか?
  • 現在という表現は、文脈上一か所は省いても問題なさそうだったので、省きました。もう一か所はちょっと省くと意味をなさなくなりそうで、他の表現もちょっと思いつかなかったため、とりあえずそのままにしています。
  • 生鉱吹について、「大雄院製錬所と八角煙突」節の2か所については、ご指摘を参考に書き換えてみました。いかがでしょうか?
  • 「大煙突の設計、施工内容」節の見出しレベルの件ですが、確かに重要な内容であるにも関わらず、見出しレベルが低すぎであると判断し、前節とともに見出しレベルの変更を行いました。
  • 「大煙突本体」節の異形鉄筋の括弧書きは、初出部に変更いたしました。
  • 「『ある町の高い煙突』」節の曲については、参考文献をもとに加筆をしてみました。
  • 実は私も関連項目は使わない方だと思います。しかし当記事の場合、確かに日立鉱山の鉱害問題へのリンクが無いのは不自然ですので、新たに関連項目節を設けました。
  • 私は当記事の最大の課題は、地図、航空写真等、読者の理解を助けるツールの問題だと思います。各煙突の位置関係など一応資料はあるのですが、私の能力では地図等の作図が出来ず、手をこまぬいているのが現状です……大煙突の諸元もあるので、大煙突の図などもあれば大変にわかりやすいと思います(多分なのですが、皆さんの想像よりも大煙突はスリムだと思います)。ご協力していただくる方がいれば、本当に助かるのですが。--のりまき会話) 2017年1月10日 (火) 11:46 (UTC)
ご対応ありがとうございます!
  • 冒頭部の説明を追加いただいたことで、読み手としては見通しがつけやすくなったと感じます。
  • 文言「現在」についてもご対応ありがとうございます。私の説明が不十分だったので申し訳ありませんが、技術面の説明において「現在」が使われている点が気になっております。特に、「大煙突本体」節で「現在の基準」が3回用いられていますが、この手の基準や規格などは5年から10年単位で改訂が繰り返されることがあるので、鉄筋コンクリートの基準は大丈夫かな?と思った次第です。
  • 図についてですが、簡単な画像作成で良ければ私もご協力できるかもしれません。例えば、のりまきさんに作成したい図の下書き(ラフな手書き等)を描いていただいて、メール等で送っていただき、私がデータに仕上げる形でもよければ、お手伝いできるかと思います。もし、他にご協力者が現れないようでしたら、お声がけ頂ければと思います。
  • 残りの点も全てご対応くださり、ありがとうございます。一段と理解しやすくなったと存じます。--Mogumin会話) 2017年1月11日 (水) 13:43 (UTC)
  • Moguminさん、どうもありがとうございます!「現在」の表現は、技術面の説明についてのことだったのですね。とりあえず一般社団法人日本建設業連合会の鉄筋コンクリート配筋図という、一般的に重ね継手は40d(鉄筋同士の重なり部分(定着長)の長さが鉄筋の太さの40倍)以上とするとの資料を脚注に加え、本文も見直してみました。いかがでしょうか?
  • 図については、もう少し皆さんからのご意見を待ってみたいと思います。結果としてMoguminさんのご協力をお願いすることになるかもしれません。その際にはよろしくお願いいたします。--のりまき会話) 2017年1月16日 (月) 10:27 (UTC)
ご返答ありがとうございました。私がわかる範囲では、必要な修正をいただいたものと存じます(大変細かいですが、「鉄筋コンクリート配筋標準図」は脚注92に加えられていますが、正しくは脚注91でしょうか?)。コンクリート建築については門外漢のため、他の方にも見ていただければなと思います。図については承知しました。必要ありましたらお気軽にお声がけください!--Mogumin会話) 2017年1月17日 (火) 11:36 (UTC)
おっといけない、確かに脚注91ですね!修正いたしました。ご指摘どうもありがとうございました。--のりまき会話) 2017年1月17日 (火) 12:37 (UTC)
【感想】 ──専門外の方による感想。
【その他】 ──表記・文体など

セイロン侵攻 - ノート[編集]

フランス革命戦争中の戦闘の1つです。英語版で良質な記事になっているen:Invasion of Ceylon (1795)から翻訳されたものなので、内容面ではおそらく問題は少ないと思いますが、主に翻訳面で誤訳がないか、日本語としておかしいところがないか、などのご意見を募りたいと思います。当然ながら、内容面でのコメントも大歓迎です。何卒宜しくお願いいたします。--ネイ会話) 2017年1月31日 (火) 17:05 (UTC)

【査読】 ──専門家の方による審査結果。
【検証】 ──参考文献などと照合しつつ正確性を評価。
【書評】 ──専門外の方による評価および助言。
私はネイさんなどには到底及ばない泡沫執筆者でございますが、僭越ながら書評(?)をさせて頂きました。まずは翻訳面ですが、英語版と対照しながら読ませて頂きましたが、私が見た限りでは誤訳の類はございませんでした。日本語の文法としても不自然な点は見受けられず、全体としてとても完成度の高い訳に仕上がっていると感じました。次に内容面ですが、こちらも英語版で良質な記事に選ばれているだけあって、書くべき内容がコンパクトにまとまっていると思いました。欲を言えば、戦後の影響などについてもう少し分量があると良いようにも感じましたが、現段階でも十分良質な記事に値すると思います。--ミランブラジル (会話 | 投稿記録) 2017年2月17日 (金) 09:42 (UTC)
【感想】 ──専門外の方による感想。
【その他】 ──表記・文体など

終了した依頼[編集]

掲載期間が終了した依頼はWikipedia:査読依頼/掲載が終了した依頼に移動してください。

また、各記事のノートに

{{査読依頼された記事
 | 依頼日 = yyyymmdd
 | よみがな = あいうえお
}}

とすることで、査読依頼サブページへのリンクをおくことができます。記事のよみがなも忘れずに入力してください。(詳細)。

関連項目[編集]