Wikipedia:査読依頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

雑草とり
ページの分割と統合
ページの改名
移動依頼
日本語版にはない記事
スタブ
プロジェクト間の移動
バグの報告

執筆依頼
翻訳依頼
加筆依頼
修正依頼
査読依頼
画像提供依頼
Bot作業依頼
表示改善依頼
著作権問題調査依頼
統合提案
分割提案
改名提案
コメント依頼

削除の方針
削除依頼
即時存続
版指定削除
版指定削除の方針
即時削除
即時削除の方針
即時版指定削除の方針
リダイレクト削除の方針
リダイレクトの削除依頼
利用者ページの削除依頼
復帰の方針
削除の復帰依頼
管理者伝言板/削除

方針とガイドライン一覧
プロジェクト関連文書一覧

査読依頼は、ほぼ完成した項目について、内容の正確性や構成の適切さなどについて批評と査読を依頼する場です。記事を秀逸な記事の選考良質な記事の選考に出す前段階として利用することもできます。ここで受けた批評を項目に反映させてより良いものにしていきましょう。

キャッシュを破棄

査読依頼をする前に[編集]

ウィキペディアにおける査読依頼は、自分がある程度完成させた記事について、他者の意見を求めたいときに使用します。必ずしも専門家の意見がつくとは限りませんので、掲載期間が終了しても記事の質が保証されたわけではありません。

もし記事に問題点があると明確にわかっている場合は、査読依頼より先に、以下の各依頼へお願いします。

依頼の要件[編集]

  1. 依頼者は、当該記事の主たる執筆者、もしくはそれに準じる役割を果たした利用者であること。
  2. 依頼者は、指摘を受け適宜編集する態勢を整えていること。

上記を満たしていないと判断された場合、依頼は取り下げられることがあります。また、査読依頼にはそれを取り仕切るような人はいませんので、依頼を放置しないようにお願いします。途中で依頼の要件を満たせなくなった場合は、一旦掲載を終了してください。

利用の仕方[編集]

依頼の要件を満たしていれば、誰でも利用できます。依頼にはサブページを使用します。下にある「依頼を追加する」のリンクをクリックし、最下部に以下の記述を加えてください。

{{Wikipedia:査読依頼/○○○_yyyymmdd}}

○○○は項目名、yyyymmddは年月日です。例えば、査読してほしい項目が「コンピュータ」の場合は、 {{Wikipedia:査読依頼/コンピュータ_20060401}} のようにします。

すると、

{{Wikipedia:査読依頼/コンピュータ_20060401}}

と赤リンクが表示されるので、このリンクをクリックしてください。

リンクを開くと、ページ作成の画面になります。そこに以下のように依頼の中身を記述します(中身を記述することにより、他の依頼と同じ書式がこのページに表示されます)。

=== [[○○○]] - [[ノート:○○○|ノート]] ===
(何か適当な依頼文)--~~~~

中身は上記のように見出しを作成し、当該項目へリンクしてください。何か依頼者からのコメントがあった方が回答もしやすいと思うので依頼文を記入してください。また署名もお忘れなく。(見出しの部分は === {{subst:Article|○○○}} === で代用できます。)

査読依頼者は掲載期間を忘れないように、以下のようにTemplate:査読依頼者を会話ページ、もしくは利用者ページ冒頭に貼りつけてください。

{{査読依頼者
 | 査読依頼サブページ名 = Wikipedia:査読依頼/コンピュータ_20060401
 | 査読掲載終了年月日 = 2007年5月10日 (木) 12:30 (UTC)
}}

詳しい貼り付方法は、Template:査読依頼者に記されています。

新規の依頼を追加した場合・依頼が終了した場合は、/リストを編集してくださいWikipedia:コミュニティ・ポータルに表示されます)。

査読する側は読んでみて気軽にコメントしてください。コメントは当該のサブページにお願いします。掲載期間は原則2ヶ月です。

ルール[編集]

以下は査読依頼のルールです。原則であり、厳守すべきものではありません。ひとつの基準としてお使いください。

  1. 査読期間は原則2ヶ月とする。
  2. コメントが寄せられ議論が続いているものは、最後の発言から10日間、終了を猶予する。
  3. コメントを受けて当該記事に有意な編集があった場合も、最後の編集から10日間、終了を猶予する。
  4. コメントが寄せられているにも関わらず有意な編集のない依頼は、依頼開始後1ヶ月の早期終了を宣言できる。

ヒント[編集]

査読依頼をよりうまく活用するためのノウハウを例示します。

  • 現在査読を依頼中の記事であることを示すテンプレート{{査読依頼}}があります。これを依頼した記事のノートの冒頭に貼ることで、査読してくれる人が集まるかもしれません。
  • /リストに書いた内容はWikipedia:コミュニティ・ポータルに表示され、他の人の目に触れる機会が増えます。新規に依頼したときには忘れずに編集しましょう。
  • 査読のプロセスをスムーズにすすめるために、Template:査読欄を活用してみて下さい。依頼時に
=== [[○○○]] - [[ノート:○○○|ノート]] ===
(何か適当な依頼文)--~~~~
{{subst:査読欄}}
とすると、テンプレートの部分が
【査読】 ──専門家の方による審査結果。
【検証】 ──参考文献などと照合しつつ正確性を評価。
【書評】 ──専門外の方による評価および助言。
【感想】 ──専門外の方による感想。
【その他】 ──表記・文体など
と展開されます。使用するときには、substを付けることを忘れないようにしましょう。
  • 過去の複数の例から見るかぎり、査読依頼がもっともうまく機能するのは、
  1. ある程度以上の完成度がある記事で、
  2. 査読や批評の結果を反映できるアクティブな執筆者がいる場合です。
  3. Wikipedia:ウィキポータルの各分野のノートページで告知するのもよいかもしれません。

掲載期間終了時の手順[編集]

  1. 掲載期間が終了したら、依頼者は査読依頼中の記事から項目を削除し、Wikipedia:査読依頼/掲載が終了した依頼に査読のサブページへのリンクを加えてください。記事のノートには、Template:査読依頼された記事もしくは査読のサブページへのリンクをつけておくとよいでしょう。後から議論を読み返しやすくなり、その後に編集する人や再び査読依頼する人の参考になるかもしれません。
  2. 記事に{{査読依頼}}を貼り付けた場合は、これも忘れずにはがしてください。
  3. /リストからも、項目を削除してください。

査読依頼中の記事[編集]

依頼を追加する

四国同盟戦争 - ノート[編集]

18世紀の小規模な戦争の記事です。加筆した後は良質な記事の目安を満たすものと考えておりますが、選出された記事と比べて内容がやや少ないと感じたため、まずは査読依頼を行い、何か不足しているところはないかを問いたいと思います。なお、四国同盟戦争への改名についてはノート:四カ国同盟戦争にて別途提起しております。両方とも、もしよろしければコメントをお願いします。--ネイ会話) 2017年7月22日 (土) 06:11 (UTC)改名提案終了--ネイ会話) 2017年7月27日 (木) 16:04 (UTC)

【査読】 ──専門家の方による審査結果。
【検証】 ──参考文献などと照合しつつ正確性を評価。
【書評】 ──専門外の方による評価および助言。
【感想】 ──専門外の方による感想。
加筆お疲れ様です。この戦争、確認した限り概説書レベルではスペイン史をテーマにしたものですら年表にさえ記載されないものであるようなので、なかなか記事を内容量的に充実させるのは難しいような気がしますが、手持ちの書籍と比べた際に内容的に加筆可能でと思われる点について以下に並べます。
  1. 背景節の「スペイン継承戦争を終結させたユトレヒト条約により、スペインはネーデルラント、ミラノ公国、ナポリ王国、サルデーニャ島を神聖ローマ皇帝カール6世に、シチリア王国をサヴォイア公ヴィットーリオ・アメデーオ2世に割譲した」について、日本語の書籍を見る限り、スペインのネーデルラント及びイタリア領土喪失についてはユトレヒト条約とならんでラシュタット条約によるものとして言及されるもののようです。(例:矢田俊隆『ハプスブルク帝国史研究』p. 20、 関哲行他『世界史大系 スペイン史1』pp. 381-382、 柴田三千雄他『世界史大系 フランス史2』pp. 254-255、 北原敦『世界各国史15 イタリア史』p. 310。なので、ユトレヒト条約と並べてラシュタット条約にも言及はあった方がいいかもしれません。
  2. 同じく背景について、『世界史大系スペイン史1』pp. 386-388の記述に依拠すると、四国同盟戦争期のスペインの「領土回復を追求」や仏西関係の悪化については、エリザベッタ・ファルネーゼの存在が大きかったように書かれており、「(失地回復については)イタリア領土を回復することで自分の子たちをイタリア諸国の王位に就けようとするイザベラ(引用注:エリザベッタ)の個人的利害と混同されることとなった。」となっています。また、『各国史15 イタリア史』pp. 310-311の記述でも、「エリザベッタはフェリーペ五世とのあいだに生まれた幼児ドン・カルロスのためにイタリアのいずれかの国の君主の地位を確保することを望み、スペインは兵を動かして~」とあります。総じてこの戦争に関わるスペインの行動にはエリザベッタ・ファルネーゼのイニシアティブが大きかったように書かれており、この点に言及してもいいかもしれません。
上記、加筆したほうがいいかどうかは何とも言えませんが、量的に充実させるという点ではこの二点が考えられるかと思います。なお記事名について、上で言及した文献にはいずれも戦争名が書かれていないのですが、イギリス、フランス、オランダ、オーストリアの同盟は「四国同盟」という名前で言及されるもののようなので、「戦争の名前はこの同盟による。」のならば、四国同盟戦争の方が適切であるように思います。--TEN会話) 2017年7月22日 (土) 15:27 (UTC)
返信 TENさん、コメントをいただきどうもありがとうございます。まず、特に反対がなかったため改名を実施しました。これに伴い査読依頼の見出しを変更いたしました。続いて加筆可能の2点についてですが、残念ながら日本語文献へのアクセスが難しい状況ですが、見つけられる限りの出典でいくらか加筆しました。TENさんは文献を持っていらっしゃるようですので、当該箇所の出典の追加をお願いできないでしょうか。--ネイ会話) 2017年7月27日 (木) 16:04 (UTC)
返信 日本語書籍で該当する記述のある部分に出典をつけてみました。あんまり詳述されてないので、背景部分だけですが、確認をお願いいたします。--TEN会話) 2017年7月29日 (土) 03:59 (UTC)
返信 確認いたしました。リンク先を変更させていただきました他は特に問題がないと考えます。出典を追加していただきどうもありがとうございます。--ネイ会話) 2017年7月30日 (日) 13:27 (UTC)
【その他】 ──表記・文体など

全日本学生自治会総連合 - ノート[編集]

戦後の社会運動に大きな影響を与えたとされる学生自治会の連合体に関する記事です。Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/全日本学生自治会総連合 20170611として良質な記事に推薦されましたが、いくつか問題点が指摘され選出には至らず、また議論の中で改善の方向性も定まりませんでした。私はしばらくこの記事への加筆を進めているのですが、全学連のように政治的な集団で離散集合を繰り返しかつ現存している団体の記事の前例が秀逸な記事・良質な記事に見当たらないこともあり、どのように改善、加筆(あるいは除去)していったらいいものか悩んでおります。現段階で認識している問題点等については以下の通りです。

  • 反日共POVになっていないか
  • 歴史節が冗長かつわかりにくくなっていることは認識していますが、全学連の場合組織の動きと人物・理論が不可分であるため現状以外の記述の方法が思いつきません。また、どこまで記述しあるいはどこまで削ったらいいものかわかりかねています。
  • 1980年代以降の全学連については、各年の主要な動きをまとめたもの(「学生青年運動」)と主要な事件ごとにまとめたもの(「治安フォーラム」など)は見つかりましたが全体を概括した資料を発見できていない(おそらくまだ存在しない)ことから、将来整理されることを念頭に置いたうえで細々した記述を残しています。
  • 歴代執行部人事リストが冗長であるという指摘がありましたが、日共系以外が委員長名を付して団体名を名乗って区別していることから一定有用なリストであると考えています。
  • 全学連の運動が社会に与えた影響や社会からの評価についても加筆したいのですが、全学連と題している資料であってもほとんど全共闘に関する記述があるものしか見つけられず加筆できていません。英語で書かれた論文でいくつかそれらしいものの存在は確認しましたが内容を確認できていません。

以上のことがあるので修正依頼にあげるべきか迷いましたが、おおむね記事は完成していますし広く意見を賜りたいのでひとまず査読依頼として提出します。今後の改善の方向性について皆様の意見を伺えたらと思います。何卒よろしくお願いします。--Наминск会話) 2017年7月24日 (月) 23:17 (UTC)

【査読】 ──専門家の方による審査結果。
【検証】 ──参考文献などと照合しつつ正確性を評価。
【書評】 ──専門外の方による評価および助言。
コメント 歴史節は年譜形式で略歴を記載してはいかがでしょうか。箇条書きでおおまかな経緯を把握できるようにしておけば専門外の方でも理解しやすくなるかと思います。分裂や再編の経緯についてはTemplate:中国の歴史File:2010年代の第三極.pngのように図示して理解の手助けとするのも手かと思います。また、全日本学生自治会総連合 (日本共産党系)のように現存する五団体については記事を分割するという方法も考えられます。5団体の詳細をそれぞれの記事に分割し、この記事には全体像と各団体の概略を記載する形にできないでしょうか。門外漢の意見ではありますが、参考になれば幸いです。--SilverSpeech会話) 2017年7月25日 (火) 02:47 (UTC)
返信 SilverSpeechさん、ご助言ありがとうございます。おおまかな流れのみTemplate:全学連の変遷にまとめてみました。とりあえずは項目頭に掲げていますが、これから略年譜の節を作りそこに掲げようと考えています。分割に関してですが、分割するなら解放派全学連分裂前の4全学連体制が固まった70年代後半以降の記述をとることになるでしょうが、日共全学連と中核派全学連以外は単独記事にできるほどの分量がないため、先に掲げた2全学連のみ分割する形になろうかと思っています。これに関しては記事のノートで提起したうえで進めていこうと思います。--Наминск会話) 2017年7月26日 (水) 15:27 (UTC)
【感想】 ──専門外の方による感想。
コメント 現状とは色々な点が異なる歴史節を全日本学生自治会総連合の歴史として分離し、本記事には歴史は概略だけ簡単に記載するのみとした方が良いかと思います。現状を前提とすると、今となってはほとんど無関係と思える組織名・人名・理論の話が多数出てきて、今の全学連がどのようであるかを確認するためにはかなり下までスクロールしないといけない不便があると思います(例えれば、中華民国の記事を見た時に、台湾について見たいのに、延々と大陸について書いてあるような状況)。以前、その解決のために本記事の歴史節をわざと後に記載するようにしたことがありましたが、現状の記述はその当時よりも更に量が増えていますので、歴史とそれ以外は記事を分けた方が良いかと思います。歴史とそれ以外をどの時代を境目とするかについては色々な区切りがあろうかとは思いますが、現状の記事と同じく2000年頃(現状の5組織となる前後)か、以前本記事がそうであったように2010年ごろ(10年一昔)とするかが無難と思います。現存5団体についても、分量の多い記事については概略だけ本記事に残して分割しても良いと考えます。
コメント 歴代執行部人事リストは、どちらかと言えば「掲載は不適切」と考えています。特に過激活動を行っている団体も目につく全学連に、本人が役員として在籍していたことを明らかにして著名活動をしている以外の人名を乗せることは、その人物の現在または将来の人生に何らかの不利益がある可能性があると思いますし、その危険を冒してまで全学連の役員以外に著名な活動を行っていない方の人名を掲載する必要性はないと思っています。例えば、結成時の副委員長の名前で検索すると同姓同名別人(年齢が違う)のスポーツ選手が上位に表示され、その名前と「全学連」を一緒に検索しても結成時の副委員長がその後どのような人生をたどり現在どのようにされているかなどは一切判明せず、以降は著名活動を行わなかったのではないかと推察されます。このように、歴代執行部人事リストには著名活動を行わなかったと思われる方の名前が複数あります。特に近年の、社会的影響力を当初に比べて大きく失った全学連に役員として参加した以外に著名活動をしていない方の名前を掲載することが、掲載することの不利益を超えるような重要性・意味をもつとは思えないのが現状です。もちろん、少なくとも4組織となって以降の共産党系以外の委員長は、おっしゃるように他全学連と区別する上で委員長名を使用していますし、ソースは出せませんが取材に答える委員長もいるなど、まさに役に就くこと自体が著名活動を行うことを意味する実態はあると思いますので、少なくとも4組織となって以降の共産党系以外の委員長名のリストがあることには反対しません(共産党系の委員長については活動実態を知りませんので意見を述べません)。歴史を本記事から分割する場合については、歴史の部分に相当する役員等のリストは歴史側に持たせることでよいと思います。さすがに歴代執行部人事リストを分割して出すほどの分量の記事では無いと思います。--59.190.79.73 2017年8月18日 (金) 07:40 (UTC)
コメント 先ほど、Wikipedia:特筆性_(人物)の政治家の項を見たのですが、その地位にいることだけを理由に特筆に値する活動をしていると認められるのは「国家レベル以上の行政機関の長、立法機関の議員または議員だった者」「都道府県・政令指定都市・中核市・特例市・特別区の選挙で選ばれた首長」「広くマスコミに報道されている主要な地方政界の実力者」などとされており、「地方議会の議員であるという事実だけでは特筆性は認められないと考えられています。特筆性を満たすためには、議員としての特筆すべき活動か、その人物が持つ政治家以外の側面での特筆すべき内容が必要です」とも書かれています。そのため、私は、上記を類推して考えると、全学連に役員として在籍していたこと自体は特筆に値する活動と見なせないと考えています。このため、上記にも記載したように歴代執行部人事リストを削除すべきと考えています。ただし、当時のマスコミに広く報道されていた役員や、以後に別分野で特筆に値する活動をしていた役員であれば、歴代執行部人事リストに記載するか、記事の中に記載するかのいずれかの形で記載しても問題ないと考えています。--59.190.79.73 2017年8月22日 (火) 11:39 (UTC)
コメント 歴史節ですが、特筆に値する活動の実績が無い方の人名を削ることで、少しは見やすくなるのではないでしょうか。知らない方の人名が並んでいるだけで見にくくなると思いますし、特に人名に触れなくても記事は書けると思います。全員の特筆に値する活動の有無を調査するのは時間がかかるということでしたら、一旦赤リンクになっている方を全員削除することでも良いと思います。例えば、赤リンクである結成時の副委員長は歴史節に1回と歴代執行部人事リストに1回の合計2回、同じく赤リンクである結成時の書記長は歴史節に1回と歴代執行部人事リストに3回の合計4回しか登場しておらず、歴史節で登場した文脈をみても、副委員長と書記長の出身大学が確認できれば十分であって、記載趣旨を変えないにしても人名は不要と考えます。なお、結成時の副委員長は、上記の通り特筆に値する活動はしていない方と現時点では考えています。結成時の書記長は、ネット上にある「 全学連OB健在なり」(『文藝春秋』1965年5月号)の内容とされる記事を信じれば、町会議員経験者で町長選挙に出たが破れた方とのことであり、ネット上ではこれ以上は判明しないことからWikipedia:特筆性_(人物)の政治家の項を参考にすると、現時点では特筆に値する活動をしていないと考えています。--59.190.79.73 2017年8月22日 (火) 11:39 (UTC)
【その他】 ──表記・文体など

三里塚闘争 - ノート[編集]

現在まで尾を引いている三里塚闘争について中立性を心掛けながら加筆しました。

秀逸な記事の選考等に耐えられる内容になっているかどうか、査読のほどお願いいたします。 --4th protocol会話) 2017年8月17日 (木) 07:42 (UTC)

【査読】 ──専門家の方による審査結果。
【検証】 ──参考文献などと照合しつつ正確性を評価。
【書評】 ──専門外の方による評価および助言。
【感想】 ──専門外の方による感想。
【その他】 ──表記・文体など

門外漢なので、内容の過不足や正確性については判断できませんが、事の背景から現在に至る経緯を素人目線としては十分に説明できているように思いました。「秀逸な記事の選考等に耐えられる内容になっているかどうか」ということなので、形式的な点になりますが、いくつか助言させていただきます。

返信 Yapparina様、査読いただき誠にありがとうございます。まずは良質な記事を目指して改良を加えていきたいと思います(大変お恥ずかしい話ですが、秀逸な記事のレベルを把握しておらず、大きくぶち上げすぎたと反省しているところです)。個々のご意見への返答については対応しながら回答差し上げたいと思います。少し遅くなりましたが取り急ぎお礼まで。--4th protocol会話) 2017年8月27日 (日) 09:20 (UTC)
ご返答ありがとうございます。総評としては、もう少し出典掲示を補えば、良質な記事には十分到達しているという印象です。良質な記事を超えてさらなる充実を目指すとしたら、三里塚闘争が成田空港問題以外においてもその後の日本の社会運動、政治運動、行政、公共工事などに残した影響のようなものがあれば、それを整理して加筆すればさらに記事が充実するのではないかと思いました。もちろんそのような言説や分析をしている出典があればですが。--Yapparina会話) 2017年8月29日 (火) 13:46 (UTC)
  • まず、全体的に脚注による出典掲示(WP:INCITEあるいはWP:CITE#個別参照法)がまだまだ不足しているようです。出典掲示がない段落などがまだたくさんありますのでその辺りの文章について出典を補てんしていく必要があると思います。注釈中の文章もWP:Vの対象内であり、出典掲示が求められます。
  • 導入部がまだ不十分に思いました。定義文だけでなく、記事の最重要点もかいつまんで書き、読者の便に利するように導入部自体も「小さな百科事典記事」となるようするのが理想的かと思います(MOS:INTRO)。このぐらいの規模の記事なら導入部が3、4段落ぐらいになっても自然と思います。
返信 導入部を加筆しておりますが、後で推敲したいと思います。--4th protocol会話) 2017年8月31日 (木) 14:13 (UTC)
  • 参考文献に尾瀬あきら『ぼくの村の話』が挙げられていますが、これはフィクション作品であり、参考文献として挙げるのは不適切かと思います。残したいならば、「関連項目」節にいれるか、本文中で三里塚闘争を題材にした創作物も作られていることの説明の一つとして取り上げるか、などの処置が必要に思います。
返信 『ぼくの村の話』は私が手を加える前から参考文献にあったものです。個人的にも漫画を参考文献に入れるのはどうかと思っており、テンプレートでも網羅されたことからこの機会に外すこととしました。--4th protocol会話) 2017年8月29日 (火) 11:16 (UTC)
編集確認しました。ありがとうございます。--Yapparina会話) 2017年8月29日 (火) 13:46 (UTC)
  • これは労力を要すると思いますので出来るならばという話ですが、この記事をより興味深く・分かり易くするために、当時の様子を伝える画像をもっと配置できればいいなあと思いました。1966年の新聞などは著作権切れとなっているので、サルベージしてアップロードすれば当時の報道写真や新聞記事などを記事にも載せれると思います(c:Template:PD-Japan-organization)。1967年以降については、時の経過をもう少し待つ必要がありますが。。。
返信 アドバイスありがとうございます。団体名義の著作物は公表後50年で著作権が切れるのですね。期限が切れたものから少しずつ今後追加していこうと思います。--4th protocol会話) 2017年8月29日 (火) 11:16 (UTC)
おっとすみません。1966年公表の団体名義の著作物は1967年1月1日から起算なので、2017年12月31日で著作権切れでした。( ̄□ ̄)ガーン 画像関係は個人の努力ではどうにもならない部分もありますので気長に充実化を図っていただければ何よりです。--Yapparina会話) 2017年8月29日 (火) 13:46 (UTC)
返信 なるほど、1年多く待たないといけないのですね。気長に行きたいと思います。ちなみに、画像を転載した運輸白書は昭和40年のものなのでセーフですね。--4th protocol会話) 2017年8月31日 (木) 14:13 (UTC)
c:File:FigIII-38.gifですね。アップロードありがとうございます。「Date 日付」「Source 原典」「Author 作者」が正規の書き方になっていなかった点などがありましたので、私のほうで修正させていただきました。厳密には「昭和40年度」だけでなく正確な発行年月がわかるといいんですが、まあ大丈夫でしょう。--Yapparina会話) 2017年9月2日 (土) 16:08 (UTC)
返信 御助力感謝です。勉強になります。--4th protocol会話) 2017年9月6日 (水) 09:40 (UTC)

--Yapparina会話) 2017年8月24日 (木) 03:09 (UTC)

浪曲 - ノート[編集]

一旦、けりを付けます。査読、よろしくお願いします。--とほほのほ会話) 2017年9月19日 (火) 11:25 (UTC)

【査読】 ──専門家の方による審査結果。
【検証】 ──参考文献などと照合しつつ正確性を評価。
【書評】 ──専門外の方による評価および助言。
【感想】 ──専門外の方による感想。
【その他】 ──表記・文体など

終了した依頼[編集]

掲載期間が終了した依頼はWikipedia:査読依頼/掲載が終了した依頼に移動してください。

また、各記事のノートに

{{査読依頼された記事
 | 依頼日 = yyyymmdd
 | よみがな = あいうえお
}}

とすることで、査読依頼サブページへのリンクをおくことができます。記事のよみがなも忘れずに入力してください。(詳細)。

関連項目[編集]