Wikipedia:査読依頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

雑草とり
ページの分割と統合
ページの改名
移動依頼
履歴複製依頼
日本語版にはない記事
スタブ
プロジェクト間の移動
バグの報告

執筆依頼
翻訳依頼
加筆依頼
修正依頼
査読依頼
画像提供依頼
Bot作業依頼
表示改善依頼
著作権問題調査依頼
統合提案
分割提案
改名提案
コメント依頼

削除の方針
削除依頼
即時存続
版指定削除
版指定削除の方針
即時削除
即時削除の方針
リダイレクト削除の方針
リダイレクトの削除依頼
利用者ページの削除依頼
復帰の方針
削除の復帰依頼
管理者伝言板/削除

方針とガイドライン一覧
プロジェクト関連文書一覧

査読依頼は、ほぼ完成した項目について、内容の正確性や構成の適切さなどについて批評と査読を依頼する場です。ここで受けた批評を項目に反映させてより良いものにしていきましょう。

キャッシュを破棄

査読依頼をする前に[編集]

ウィキペディアにおける査読依頼は、自分がある程度完成させた記事について、他者の意見を求めたいときに使用します。必ずしも専門家の意見がつくとは限りませんので、掲載期間が終了しても記事の質が保証されたわけではありません。

もし記事に問題点があると明確にわかっている場合は、査読依頼より先に、以下の各依頼へお願いします。

依頼の要件[編集]

  1. 依頼者は、当該記事の主たる執筆者、もしくはそれに準じる役割を果たした利用者であること。
  2. 依頼者は、指摘を受け適宜編集する態勢を整えていること。

上記を満たしていないと判断された場合、依頼は取り下げられることがあります。また、査読依頼にはそれを取り仕切るような人はいませんので、依頼を放置しないようにお願いします。途中で依頼の要件を満たせなくなった場合は、一旦掲載を終了してください。

関連ページ[編集]

利用の仕方[編集]

依頼の要件を満たしていれば、誰でも利用できます。依頼にはサブページを使用します。下にある「依頼を追加する」のリンクをクリックし、最下部に以下の記述を加えてください。

{{Wikipedia:査読依頼/○○○_yyyymmdd}}

○○○は項目名、yyyymmddは年月日です。例えば、査読してほしい項目が「コンピュータ」の場合は、 {{Wikipedia:査読依頼/コンピュータ_20060401}} のようにします。

すると、

{{Wikipedia:査読依頼/コンピュータ_20060401}}

と赤リンクが表示されるので、このリンクをクリックしてください。

リンクを開くと、ページ作成の画面になります。そこに以下のように依頼の中身を記述します(中身を記述することにより、他の依頼と同じ書式がこのページに表示されます)。

=== [[○○○]] - [[ノート:○○○|ノート]] ===
(何か適当な依頼文)--~~~~

中身は上記のように見出しを作成し、当該項目へリンクしてください。何か依頼者からのコメントがあった方が回答もしやすいと思うので依頼文を記入してください。また署名もお忘れなく。(見出しの部分は === {{subst:Article|○○○}} === で代用できます。)

査読依頼者は掲載期間を忘れないように、以下のようにTemplate:査読依頼者を会話ページ、もしくは利用者ページ冒頭に貼りつけてください。

{{査読依頼者
 | 査読依頼サブページ名 = Wikipedia:査読依頼/コンピュータ_20060401
 | 査読掲載終了年月日 = 2007年5月10日 (木) 12:30 (UTC)
}}

詳しい貼り付方法は、Template:査読依頼者に記されています。

新規の依頼を追加した場合・依頼が終了した場合は、/リストを編集してくださいWikipedia:コミュニティ・ポータルに表示されます)。

査読する側は読んでみて気軽にコメントしてください。コメントは当該のサブページにお願いします。掲載期間は原則2ヶ月です。

ルール[編集]

以下は査読依頼のルールです。原則であり、厳守すべきものではありません。ひとつの基準としてお使いください。

  1. 査読期間は原則2ヶ月とする。
  2. コメントが寄せられ議論が続いているものは、最後の発言から10日間、終了を猶予する。
  3. コメントを受けて当該記事に有意な編集があった場合も、最後の編集から10日間、終了を猶予する。
  4. コメントが寄せられているにも関わらず有意な編集のない依頼は、依頼開始後1ヶ月の早期終了を宣言できる。

ヒント[編集]

査読依頼をよりうまく活用するためのノウハウを例示します。

  • 現在査読を依頼中の記事であることを示すテンプレート{{査読依頼}}があります。これを依頼した記事のノートの冒頭に貼ることで、査読してくれる人が集まるかもしれません。
  • /リストに書いた内容はWikipedia:コミュニティ・ポータルに表示され、他の人の目に触れる機会が増えます。新規に依頼したときには忘れずに編集しましょう。
  • 査読のプロセスをスムーズにすすめるために、Template:査読欄を活用してみて下さい。依頼時に
=== [[○○○]] - [[ノート:○○○|ノート]] ===
(何か適当な依頼文)--~~~~
{{subst:査読欄}}
とすると、テンプレートの部分が
【査読】 ──専門家の方による審査結果。
【検証】 ──参考文献などと照合しつつ正確性を評価頂いた結果。
【書評】 ──専門外の方による評価および助言。
【感想】 ──専門外の方による感想。
【その他】 ──表記・文体など
と展開されます。使用するときには、substを付けることを忘れないようにしましょう。
  • 過去の複数の例から見るかぎり、査読依頼がもっともうまく機能するのは、
  1. ある程度以上の完成度がある記事で、
  2. 査読や批評の結果を反映できるアクティブな執筆者がいる場合です。
  3. Wikipedia:ウィキポータルの各分野で掲示するのもよいかもしれません。

掲載期間終了時の手順[編集]

  1. 掲載期間が終了したら、依頼者は査読依頼中の記事から項目を削除し、Wikipedia:査読依頼/掲載が終了した依頼に査読のサブページへのリンクを加えてください。記事のノートには、Template:査読依頼された記事もしくは査読のサブページへのリンクをつけておくとよいでしょう。後から議論を読み返しやすくなり、その後に編集する人や再び査読依頼する人の参考になるかもしれません。
  2. 記事に{{査読依頼}}を貼り付けた場合は、これも忘れずにはがしてください。
  3. /リストからも、項目を削除してください。

査読依頼中の記事[編集]

依頼を追加する

ガラス#ガラスの加工 - ノート[編集]

ガラス#ガラスの加工の「着色」の項目を英語版から翻訳した上で、他のネットサイトなどから少し補完したのですが、正確性に自信がありません。--RJANKA会話) 2015年6月3日 (水) 01:43 (UTC)

信楽高原鐵道列車衝突事故 - ノート[編集]

{{出典の明記|date=2015年1月}}および、Wikipedia:修正依頼の貼られていたページであり、記述を修正するうち、全面改稿に至りました。参考図書についてはもとの関連書籍に加え、京都新聞社の記者による本および、遺族会が指摘した雑誌の記事も足し、本文中への出典リンクも付けました。査読をお願いします。--Licsak会話) 2015年7月12日 (日) 12:10 (UTC)

【査読】 ──専門家の方による審査結果。
【検証】 ──参考文献などと照合しつつ正確性を評価頂いた結果。
【書評】 ──専門外の方による評価および助言。
まず外形的なことを言えば、既にHisagiさんからもコメントが付いていますが、事故の経過がどうなっていたかを、おおむね時系列で示すような記述がどうしても必要だと思います。今の概要の節では手薄に過ぎます。それから注釈が多用されていますが、この中には重要な事実関係もかなり含まれているようなので、うまく修正して本文中に組み込めるものは組み込んでしまった方が良いかと思います。そして、出典を示す脚注を見る限りでは、文献をいくつも参照しているようですが、それらの文献が「関連書籍」という節に入っているのはいかにもおかしいと思います。「関連書籍」は、記事の主題についてこの本を読めば参考になるけれど、今のところ参照していない、というような書籍をとりあえず置いておくような節に使われるタイトルで、もし実際に参考にしたのであれば「参考文献」としたいところです。
鉄道事故を取り上げた記事全体の構成としては、「背景」「事故の経過」「原因」「裁判」「その後の影響」といった順番にまとめていくのが適当ではないかと思います。そうしてみると、「背景」の節には詳細な信号システムの説明が一部入りこんでいて、「原因」に持って行った方がよいのかな、というところがありますし、「原因」の節でも「代用閉塞取扱の手続き無視と誤出発検知装置の誤作動」の節の最初の段落は、どちらかというと事故の経過を説明しているように思います。そういうあたりをきれいに整理して書き上げていくとよいと思います。
私であれば、「背景」節では、1. 信楽高原鐵道がJR草津線から貴生川で分岐する単線路線という構造であること、2. 信楽高原鐵道が国鉄・JRから転換した第三セクターで、普段は輸送量が少なくて輸送体制が手薄であること、3. 世界陶芸祭のイベント輸送で非常に多くの輸送量が見込まれて、そのために設備の改良を行い、JRからの乗り入れを計画したこと、の3点を順にまとめます。特に1と3は、今のところ文中に「貴生川駅--(単線区間1)-〈小野谷信号場〉-(単線区間2)--信楽駅」という記述を入れて説明していますが、できれば図をきちんと作りたいです。草津線があり、臨時列車の出発した京都駅は草津線のどちら側にあり、貴生川と信楽の間は単線で、小野谷信号場だけで列車交換ができる、といったことがわかる図があると、理解を促進すると思います。
「事故の経過」では、当日の混乱した輸送状況、京都側から来た臨時快速列車はどれくらい遅れて路線に入ったのか、信楽駅の信号故障がどのように発生して、代用閉塞の手順をどうしたのか、臨時快速列車が小野谷信号場を通過した経緯、事故が発生して最初に発見したのは誰か(確か、代用閉塞の手続きのために信号場に車を走らせていた信楽高原鐵道の社員が発見して通報したと記憶しています)、その後の救助体制、といったところが必要です。これ以降は、ある程度できあがってきていると思います。
他に配慮するべきこととして、専門用語が何の説明も無しに飛び出してくるところをなんとかしたいです。この事故は信号システムの微妙なところに大きな原因があるので、信号用語がいろいろ出てくるのはやむを得ないのですけど、「反位片鎖錠」とか何の説明も無しに書かれてもほとんど理解不能だと思います(連動装置にリンクはされていますが)。ある程度、信号システムの本を参考にして簡単な説明を付与しておく必要があると思います。方向優先てこや誤出発防止装置も、一体これがどういう働きをするのか、もう少し説明が欲しいです。
細かいところとしては、「背景」節で「これを受け信楽高原鐵道はスタフ閉塞だった旧来の設備を」と従来はスタフ閉塞と言っていたのに、その直後に「小野谷信号場は無人で運用することから信楽高原鐵道は、閉塞方式を票券閉塞式から特殊自動閉塞式に変更し」とあるのは矛盾しています。スタフ閉塞と票券閉塞は別物です。その後の原因の部分にも出てくるので、おそらく票券が正当ではないかと思いますが。また信号の色を「赤」「青」と道路信号と同じで表現していますけど、本当は鉄道信号の色は「赤」「橙黄」「緑」と言います(廃止になった普通鉄道構造規則にあった用語ですが、今も変わっていません)。一般の人にはかえってわかりづらくなってしまうかもしれないですけど…。--Tam0031会話) 2015年7月13日 (月) 15:14 (UTC)
Tam0031さん、書評ありがとうございます。背景と原因との間をつなぐ、「事故の経過」という節の重要性を強く認識しました。この事故においては信号システムが深く関わった事故でもあるので、路線説明(特に路線の配線図)と事故当日の運行状況は必須であるとの認識に至りました。京都駅発の直通快速列車は事故当日、貴生川駅を約2分遅れで出発していることが、亀山CTCの記録にはあります。事故当時の時刻表も、それをもとにした事故列車のダイヤグラムが網谷りょういち氏の著書にまるまるあるのですが、網谷氏の著作物であるゆえにWikipediaには盛り込めませんでした。これについては自身でダイヤグラムもどきを起こす必要があるので、迂回策を別途考えたいです。
この記事においては出典と注釈とは別に分けました。本文中に記述していることでかつ、出典中に記述のあることはその最後に出典を、また補足説明の要るところには注釈を設けました。出典と注釈とを分離したことから、事故の解説で問題が出そうな反位片鎖錠、誤出発検知装置について注釈に解説を押し込んだのですが、方向優先テコの説明は機能の説明の無いまま事前打ち合わせの文章に埋もれてしまっていました。事故の核心でもあるため、指摘を受け本文中に引きずり出すことも必要かと思いました。ただ方向優先テコの実装はいずれの参考図書も書き方が曖昧で、小野谷信号場上り出発信号機を赤のまま抑止する機能だけにとどまっていたのかどうかは確信が持てません。運輸省の出した事故報告書についても方向優先テコの記述は当然に無く、現代の運輸安全委員会の事故報告書のようなクオリティは望めないことは、先にお断りして置かなければなりません。それ故に裁判記録から裁判所が認定した事実を紡ぎ合わせる、まどろっこしい方法で再現を試みたわけで、判決文ももう少し読み込みたかったです。
細かいところである、鉄道信号機の色。おっしゃるとおり、緑色、橙黄、赤色灯火であり、信号の色そのものの言及についてはそうすべきだったかもしれません。ところがそうすると参考文献の記述とバッティングするだけでなく、信号の現示についても余計に記述が必要になることから、あえて採用しませんでした。ただ専門用語との齟齬はれっきとして残るので、何らかの改善策は考えたいです。あと、信楽線の閉塞方法の変遷についてはこちらの誤記述でした。陶芸祭開催前は信楽駅から続行列車があったため票券閉塞式、開催期間中は特殊自動閉塞式、運転再開後は続行列車が無くなったので完全なスタフ閉塞式です。これについては早々に書き改めます。
蛇足ながら出典の書き方について、ハーバード方式を準用させていただきました。正しいハーバード方式では順番は著者姓名と発行日の昇順なので、正しいハーバード方式に修正いたします。また「関連書籍」ではなく「参考図書」ですね。参考図書を借りなおさなくても済むこれらの変更は今週末までに行いたいです。平日は仕事があるので。--Licsak会話) 2015年7月14日 (火) 16:42 (UTC)
【感想】 ──専門外の方による感想。
とりあえず、一番気になったことだけ。事故原因の究明と分析がメインの技術的な記事となっていますが、「列車衝突事故」の記事なのですから、現在「事故概要」にしかない経緯を加筆する必要があるかと思います。当日の輸送状況がどうであったのか、双方の列車がどういう運行をしたのか、結局のところ原因は何なのか、衝突した際の被害状況がどうであったか、事故の情報がどう伝わりどう報道されたのか、救出活動がどのように行われたのか、事故後の路線再開がどのように行われたのか……これらが概要節に一切ありません。部分的には後述されている情報もありますが、事故概要があまりに簡潔すぎかと思います。--Hisagi会話) 2015年7月12日 (日) 12:49 (UTC)
返信 Hisagiさん、感想ありがとうございます。事故概要の記述の貧弱さについては私も認識するところです。改稿前の記事には「この項目は民事並びに刑事裁判に関する記述が複数の節に分かれており、裁判における事故の全体像がつかみにくい」という修正依頼の貼られていたページであり、まずはその部分の解消を目指して改稿を行いました。裁判の記述を優先したゆえに他の部分の編集がなおざりになってしまいました。関連書籍を公立図書館で借りた関係上、裁判の記述(それに伴い事故原因と背景)を書き直しているうちに貸出期間切れとなってしまいました。いずれの図書にも事故発生時の生々しい記述があり、信楽陶芸祭の盛況振りも時刻表の写しも、もちろん事故当時の報道写真もありました。とりわけ救出活動については滋賀県立図書館に所蔵の『信楽高原鉄道列車衝突事故救護活動報告書』が手許にありながらヘリ搬送のことしか盛り込めなかったのが勿体無いと思っています。事故概要と、事故原因の究明と分析とのバランスの悪さについては加筆内容を考えさせて下さい。--Licsak会話) 2015年7月12日 (日) 14:43 (UTC)
【その他】 ──表記・文体など

関門トンネル (山陽本線) - ノート[編集]

このほど、良質な記事に選んでいただいた記事ですが、多くの方に読んでいただいてさらにブラッシュアップを図りたいと考えております。かなり長大な記事になってしまっていますが、ご意見を頂けたらと思います。よろしくお願いいたします。--Tam0031会話) 2015年7月23日 (木) 14:34 (UTC)

【査読】 ──専門家の方による審査結果。
【検証】 ──参考文献などと照合しつつ正確性を評価頂いた結果。
【書評】 ──専門外の方による評価および助言。
【感想】 ──専門外の方による感想。
まだ何割かしか読めていませんがとりあえず。読みやすく、完成度の高い記事だと思います。(これがFA選考だったらもう少し、一般の方向けに丁寧なリンク整備や噛み砕いた表現にする必要があるかもしれませんが) 少しだけ気になったのは「現状の施設・設備」の節の場所です。記事のメインである建設・運用の歴史の後に現状が来るのは理解できますし、前の方(地理節の後とか)に持ってきても唐突でそれはそれで変な気もする(基礎は概要・地理の節にしっかりある)ので、やはり現状でしょうか。運用と車両の節を続けてその後ろ…もしっくり来ませんし…。あとは、車両について、機関車はしっかり細かく解説がありますが、九州地区の交流電化以前に使用された客車への言及や、電車についてももう少し詳細があっても良いのではないかと思いました。輸送量のデータについて、具体的な数値があるのが1970年と1992年の2年だけですが、開通前、開通当初や、戦後、高度成長期、21世紀入ってからの数値は無いのでしょうか。増加、急減、回復というのもだいぶ大雑把で分かりづらいですし…。--Hisagi会話) 2015年8月1日 (土) 04:07 (UTC)
コメントありがとうございます。確かに「現状の施設・設備」の節はどこへ持って行くか難しいところです。建設の節では、トンネルの建設過程の話をしていて、運用の節ではその後のトピックを扱っているのですが、ではトンネルの施設はどう変遷しているのかをまとめる節がいるのではないかと考えてあの節を作成してあの位置にしてあります。車両については、山陽本線で運用された車両がすべて通過しているとしか言いようがないので、関門トンネルならではのことが書ける電気機関車に絞って書いてあります。たとえば、丹那トンネルの記事に、そこを通る車両がなんであるかを書くことはないはずです(東海道本線の列車ならば何でも通ることは明らかなので)。開業時点ではここだけが電化区間であり、交流電化後はここが交直接続点、ということで機関車に特色が現れるので、そこだけということです。輸送量のデータは、今提示している分が、私の手に入れたすべてです。なかなかうまく書いてくれている資料は無いもので…。
【その他】 ──表記・文体など

終了した依頼[編集]

掲載期間が終了した依頼はWikipedia:査読依頼/掲載が終了した依頼に移動してください。

また、各記事のノートに

{{査読依頼された記事
 | 依頼日 = yyyymmdd
 | よみがな = あいうえお
}}

とすることで、査読依頼サブページへのリンクをおくことができます。記事のよみがなも忘れずに入力してください。(詳細)。