Wikipedia:査読依頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

雑草とり
ページの分割と統合
ページの改名
移動依頼
履歴複製依頼
日本語版にはない記事
スタブ
プロジェクト間の移動
バグの報告

執筆依頼
翻訳依頼
加筆依頼
修正依頼
査読依頼
画像提供依頼
Bot作業依頼
表示改善依頼
著作権問題調査依頼
統合提案
分割提案
改名提案
コメント依頼

削除の方針
削除依頼
即時存続
版指定削除
版指定削除の方針
即時削除
即時削除の方針
即時版指定削除の方針
リダイレクト削除の方針
リダイレクトの削除依頼
利用者ページの削除依頼
復帰の方針
削除の復帰依頼
管理者伝言板/削除

方針とガイドライン一覧
プロジェクト関連文書一覧

査読依頼は、ほぼ完成した項目について、内容の正確性や構成の適切さなどについて批評と査読を依頼する場です。記事を秀逸な記事の選考良質な記事の選考に出す前段階として利用することもできます。ここで受けた批評を項目に反映させてより良いものにしていきましょう。

キャッシュを破棄

査読依頼をする前に[編集]

ウィキペディアにおける査読依頼は、自分がある程度完成させた記事について、他者の意見を求めたいときに使用します。必ずしも専門家の意見がつくとは限りませんので、掲載期間が終了しても記事の質が保証されたわけではありません。

もし記事に問題点があると明確にわかっている場合は、査読依頼より先に、以下の各依頼へお願いします。

依頼の要件[編集]

  1. 依頼者は、当該記事の主たる執筆者、もしくはそれに準じる役割を果たした利用者であること。
  2. 依頼者は、指摘を受け適宜編集する態勢を整えていること。

上記を満たしていないと判断された場合、依頼は取り下げられることがあります。また、査読依頼にはそれを取り仕切るような人はいませんので、依頼を放置しないようにお願いします。途中で依頼の要件を満たせなくなった場合は、一旦掲載を終了してください。

利用の仕方[編集]

依頼の要件を満たしていれば、誰でも利用できます。依頼にはサブページを使用します。下にある「依頼を追加する」のリンクをクリックし、最下部に以下の記述を加えてください。

{{Wikipedia:査読依頼/○○○_yyyymmdd}}

○○○は項目名、yyyymmddは年月日です。例えば、査読してほしい項目が「コンピュータ」の場合は、 {{Wikipedia:査読依頼/コンピュータ_20060401}} のようにします。

すると、

{{Wikipedia:査読依頼/コンピュータ_20060401}}

と赤リンクが表示されるので、このリンクをクリックしてください。

リンクを開くと、ページ作成の画面になります。そこに以下のように依頼の中身を記述します(中身を記述することにより、他の依頼と同じ書式がこのページに表示されます)。

=== [[○○○]] - [[ノート:○○○|ノート]] ===
(何か適当な依頼文)--~~~~

中身は上記のように見出しを作成し、当該項目へリンクしてください。何か依頼者からのコメントがあった方が回答もしやすいと思うので依頼文を記入してください。また署名もお忘れなく。(見出しの部分は === {{subst:Article|○○○}} === で代用できます。)

査読依頼者は掲載期間を忘れないように、以下のようにTemplate:査読依頼者を会話ページ、もしくは利用者ページ冒頭に貼りつけてください。

{{査読依頼者
 | 査読依頼サブページ名 = Wikipedia:査読依頼/コンピュータ_20060401
 | 査読掲載終了年月日 = 2007年5月10日 (木) 12:30 (UTC)
}}

詳しい貼り付方法は、Template:査読依頼者に記されています。

新規の依頼を追加した場合・依頼が終了した場合は、/リストを編集してくださいWikipedia:コミュニティ・ポータルに表示されます)。

査読する側は読んでみて気軽にコメントしてください。コメントは当該のサブページにお願いします。掲載期間は原則2ヶ月です。

ルール[編集]

以下は査読依頼のルールです。原則であり、厳守すべきものではありません。ひとつの基準としてお使いください。

  1. 査読期間は原則2ヶ月とする。
  2. コメントが寄せられ議論が続いているものは、最後の発言から10日間、終了を猶予する。
  3. コメントを受けて当該記事に有意な編集があった場合も、最後の編集から10日間、終了を猶予する。
  4. コメントが寄せられているにも関わらず有意な編集のない依頼は、依頼開始後1ヶ月の早期終了を宣言できる。

ヒント[編集]

査読依頼をよりうまく活用するためのノウハウを例示します。

  • 現在査読を依頼中の記事であることを示すテンプレート{{査読依頼}}があります。これを依頼した記事のノートの冒頭に貼ることで、査読してくれる人が集まるかもしれません。
  • /リストに書いた内容はWikipedia:コミュニティ・ポータルに表示され、他の人の目に触れる機会が増えます。新規に依頼したときには忘れずに編集しましょう。
  • 査読のプロセスをスムーズにすすめるために、Template:査読欄を活用してみて下さい。依頼時に
=== [[○○○]] - [[ノート:○○○|ノート]] ===
(何か適当な依頼文)--~~~~
{{subst:査読欄}}
とすると、テンプレートの部分が
【査読】 ──専門家の方による審査結果。
【検証】 ──参考文献などと照合しつつ正確性を評価。
【書評】 ──専門外の方による評価および助言。
【感想】 ──専門外の方による感想。
【その他】 ──表記・文体など
と展開されます。使用するときには、substを付けることを忘れないようにしましょう。
  • 過去の複数の例から見るかぎり、査読依頼がもっともうまく機能するのは、
  1. ある程度以上の完成度がある記事で、
  2. 査読や批評の結果を反映できるアクティブな執筆者がいる場合です。
  3. Wikipedia:ウィキポータルの各分野で掲示するのもよいかもしれません。

掲載期間終了時の手順[編集]

  1. 掲載期間が終了したら、依頼者は査読依頼中の記事から項目を削除し、Wikipedia:査読依頼/掲載が終了した依頼に査読のサブページへのリンクを加えてください。記事のノートには、Template:査読依頼された記事もしくは査読のサブページへのリンクをつけておくとよいでしょう。後から議論を読み返しやすくなり、その後に編集する人や再び査読依頼する人の参考になるかもしれません。
  2. 記事に{{査読依頼}}を貼り付けた場合は、これも忘れずにはがしてください。
  3. /リストからも、項目を削除してください。

査読依頼中の記事[編集]

依頼を追加する

アラ・カチュー - ノート[編集]

本稿は英語資料を主に作成されたものですが、今までほとんど一人で書いたものであるため、他の方の意見が伺いたいと考えこちらに提出いたしました(提出先が違う、ということがありましたらそちらもご回答頂けると助かります)。資料も正当性が怪しいものも含まれるので、そちらも併せて皆さんの意見を伺いたいと思っております。本当であれば、ロシア語やキルギス語の資料もあればより中立的な資料になるものと思いますが、そこまでの力は現時点の当方にはありません。そちらに詳しい方がいらしたら、ぜひご意見をお寄せください。それ以外にも読みにくい、細分化しすぎなどの意見も伺えれば幸いです。以上、よろしくお願い致します。--遡雨祈胡会話) 2016年8月10日 (水) 02:42 (UTC)

【査読】 ──専門家の方による審査結果。
【検証】 ──参考文献などと照合しつつ正確性を評価頂いた結果。
こんにちは。参考文献として挙げられている書籍3冊とウェブサイトいくつかを確認しながら、記事を読み込んでみました。当方がこの主題に明るいわけでもキルギスに詳しいわけでもない人間であることはご留意ください。下記に色々とコメント・質問を書いておりますが、総評として、しっかりと出典をもとにまとめ上げられた良質な記事だと思っております。2016年8月12日 (金) 00:59‎版をもとにコメントします。
  1. 宮田, 2006.をもとに、「地方を中心に、首都ビシュケクでも行われている。これは共和国の崩壊後、反米主義とそこから来る伝統回帰を求めるキルギスの流れの一環として考えられている」と書かれておりますが、pdfの何ページか示すことはできますか? ざっと見たところですが誘拐婚/アラ・カチューの話題がpdf中で発見できませんでした。
  2. 細かいことですが、山根, 2013.をクリックしても参考文献に飛ばないようです。
  3. 「Viceの映像によると」は分かりやすく、「Viceのドキュメンタリーによると」でどうでしょうか。
  4. 「Gazbubu Babayarova」だけだとキルギスに馴染みが無い人(おそらく多くのウィキペディア日本語版読者)にとっては、人名だということすら分からないので、「誘拐婚撲滅を目指すNGO設立者のGazbubu Babayarova」という風に肩書をつけてはどうでしょうか。
  5. 「アラ・カチューによって結婚した女性やその後生まれた子供は、法の保護から外れる」ですが、アラ・カチューだからなぜ法の保護から外れるのか、呑み込めませんでした。リックルトン, 2013に書かれているように「違法行為のため、大半の場合、役所に対して婚姻届が提出されることはない」から法の保護から外れるということを書いた方が理解しやすく誤解も無いないかなと思いました。
  6. 出典の示し方ですが、いくつか文の途中で示す形式にしているのは誤解を生むような気がするのであまりお勧めはしません。例えば「一方で前述のプロセスにも記載がある通り、花嫁の説得には女性の力が必要とされる[43]として、単純な男尊女卑だけではないとする考えをジャーナリストの林は主張している。」という書き方だと、出典[43]は「花嫁の説得には女性の力が必要とされる」だけピンポイントで支持しており、残りの文は無出典のように受け止められます。出典[43]は「~林は主張している」までをカバーしているものなので、句点の前に出典を付ける方がベターと考えます。
  7. 「この風習を正当化する人々の一部は、叙事詩として語り継がれる英雄マナスの時代から存在する風習だと主張するが、叙事詩にその記述は見られない」の出典としているサイト(アーカイブ)には、この記述を支持する内容は見当たらず、埋め込まれていた動画の中にそれに近い内容がありました(動画17:46辺り以降)。{{Cite video}}などを使って、公式ユーチューブ動画を直接出典としてはどうでしょうか。
  8. 「本項ではこの儀礼としてのアラ・カチューは上述の犯罪行為を含んだものとは異なるものとして扱う。この二つを分ける決定的な違いは、誘拐される女性側の合意があるか否かである。」について、無出典でここまで書くのは少々書き過ぎに感じます。「決定的な違いは~~である」という部分はウィキペディアの記事が意見を述べていることになります(WP:OR)。私だったら、そこは除去して「これまで上記ではいわゆる犯罪に当たる誘拐婚に焦点を当ててきたが、一方でアラ・カチューには両者の合意の上での駆け落ちとしての側面も存在する。あらかじめ結婚に同意の上で女性が男性の家に入ったのちに、女性の親への報告がなされる結婚も、誘拐結婚と呼ばれる場合もある[61]。」という風に出典で書ける範囲である程度淡々と書きます。たぶんこれでも元の文で伝えたかったであろうことは十分伝わると思います。http://tocana.jp/2014/11/post_5124_entry_2.html をもとにして、かつて駆け落ちのことをアラ・カチューと呼んでいたことなども補足してもいいかもしれません。
  9. 細かい部分ですが、「需要の関係で外国の旅行者などが誘拐される可能性はないと林は主張している」で初めて「林」が現れるので、ここは「需要の関係で外国の旅行者などが誘拐される可能性はないとジャーナリストの林典子は主張している」という風に肩書付きフルネームで書いた方がいいと思います。
  10. 「林, 2014」が2つあるので(同著者・同出版年)、脚注の書き方を「林, 2014a」と「林, 2014b」に分けた方がいいと思います。
  11. 「マスメディアの偏向報道」という部分ですが、報道自由度ランクと「林, 2014, p 201」だけで、「マスメディアの偏向報道」と銘打つのはどうなんでしょうかね。報道自由度ランクとアラ・カチューの存在を関連づけて論じている出典があるわけではないですよね。「林, 2014, p 201」は偏向報道の一例といえなくもないですが、このインタビューの一言だけでマスメディアの偏向報道という節を作るのは抵抗があります。
  12. 写真が足りないのは補う意味でも、外部リンク節に http://daysjapan.net/taishou/2013/third01.html のサイトを入れて良いと思います。フォトジャーナリズム賞を受賞しているものでWP:EL的にも問題ない水準だと思います。
以上です。--Yapparina会話) 2016年8月17日 (水) 15:47 (UTC)
ご回答をありがとうございます。項番2-12は仰る通りに修正しようかと思いますが、肩書について述べるものと出典の修正以外は他の方のご意見も伺ってから修正したいと思いますので、大変申し訳ございませんが今しばらくお待ちください。項番1については、仰る通りに該当する内容は見られませんでした。これは当方のミスですので、キルギスではソ連の崩壊後、反米主義とそこから来る伝統回帰を求める動きが活発になっている(宮田, 2006年, pp. 47-48.)。という内容の方が適切だと思いますので、こちらに修正しようかと思います。--遡雨祈胡会話) 2016年8月18日 (木) 00:03 (UTC)
【書評】 ──専門外の方による評価および助言。
【感想】 ──専門外の方による感想。
【その他】 ──表記・文体など

フレデリック・リンガー - ノート[編集]

4年前にグラバー園に旅行にいったことがあり、リンガーには以前より興味があったので執筆してみました。とはいえ、私は長崎の民俗史や日本の経済史に関しては全くの素人であり、文献精査もしないまま英語版から翻訳したため、訳語の選定もままならない状態です。できれば記事をブラッシュアップしたいと考えております。お力添えのほどお願い申し上げます。

これまでの経緯

--Damena会話) 2016年8月11日 (木) 17:23 (UTC)

【査読】 ──専門家の方による審査結果。
【検証】 ──参考文献などと照合しつつ正確性を評価頂いた結果。
英文と対照して内容を加筆・修正しました。宮川さんのWebサイトは情報源としてどうなのかなと思いました。ところで皆様翻訳・加筆いただき、どうもありがとうございました。たくさんの編集者の方に関心を持っていただけたことがうれしく、またこれだけ短期間で記事が作成されたことに驚いております。画像追加など査読を逸脱した編集をしておりますが、やりすぎでしたら、適宜除去などいただけましたら幸いです。--宇井木辺出夫会話) 2016年8月15日 (月) 16:57 (UTC)
  • 「やりすぎ」だなんてとんでもないです。翻訳依頼を提出された宇井木辺出夫さん直々に検証いただき恐縮しております。私はナインチェ・プラウスマニアでして元々ハウステンボスにはよく遊びにいくんですよ。今後ともよろしくお願い申し上げます。--Damena会話) 2016年8月16日 (火) 12:14 (UTC)
【書評】 ──専門外の方による評価および助言。
【感想】 ──専門外の方による感想。
【その他】 ──表記・文体など
あんまりお力になれないですけども書誌情報だけ(ISBNなどを付けただけですが)更新してしまいました。--Aoioui. 2016年8月11日 (木) 18:04 (UTC)

稲田紀男 - ノート[編集]

はじめまして。Editbluebb(会話)です。この度は作法も理解せず投稿してしまい、稲田紀男のページを作りましたが、即時削除の対象になりました。大変申し訳ありませんでした。今回、方針に沿うよう作り直しましたので、皆様にご教授頂きたく考えております。

私は、風の万華鏡をみて、ブレーンセンターやその関係者の方々に興味をもち、愛好家になった者です。知れば知るほど、関西の文化史のダイジェストをみているようで、東京偏重の文化史の世の中に、関西の文化史もインターネット時代に残したく、試行錯誤しているしだいです。 ただ、個人的感覚で誠に恐縮なのですが、私はブレーンセンター、風の万華鏡、稲田紀男氏、新宮晋氏との関係は、Wikipediaでも掲載されるべきと考えております。多数の分野において関係をもたれておりますので、関西の文化史を語る上でのキーパーソンとして、関西の文化的な背景を知る上で字引きとして、意義があるのではと考えております。

なお、前述の関係は、インターネットがまだ無かった活字時代に、人名事典や各種メディアで既に取り上げられており、今も名声は定着されておられますので、わざわざ宣伝や売名行為を支援しようとするつもりはなく、また、著作権者の方々へ迷惑行為をするつもりはござません。ただただ、活字時代に文化やアートの分野で活躍された方を、インターネットの時代にも残していきたい所存です。何卒お願い申し上げます。--Editbluebb会話) 2016年9月16日 (金) 08:20 (UTC)

【査読】 ──専門家の方による審査結果。
【検証】 ──参考文献などと照合しつつ正確性を評価。
【書評】 ──専門外の方による評価および助言。
前回は著作権侵害で即時削除としました。今回は、なんと言うか出来栄えの良さに驚いています。よほどWikipediaを勉強された事と推察・脱帽します。さて、本題です。「本社ビルとして機能している」は事実なので1次資料でも良いと思いますが、たくさんの2次資料がついていますね。せっかくの2次資料なので、勿体ないとは思いますが、出典をつける事は別に悪い事ではありません。このような2次資料こそ、1次資料しかない「全国の教室、図書室など教育機関でも読まれ続けている」の出典とすべきでしょう。また、改行が少ないので見づらいように思いますが、これは私だけの偏見なのかもしれません。--JapaneseA会話) 2016年9月16日 (金) 08:55 (UTC)
ご回答ありがとうございます。また、自分自身の言葉が足らず、申し訳ありません。前回私が作成したページは、全て他のWEBページの文言をそのまま組合わせただけの記事でしたので、著作権違反で削除当然の状態でした。今回はより精査し作り直したのですが、1次資料、2次資料などの知識がまだまだ不足している為に、お手数をおかけしている事、了解致しました。もっと研究を重ね、なるべく早く、ご指摘頂いた適切な内容に表現するようにします。あと、仰られているとおり、改行が少なく見づらいとは私も思っておりますが、こちらもどうにか解決できるよう研究を続けます。取り急ぎお礼とお詫びとご報告まで。よろしくお願い致します。--Editbluebb会話) 2016年9月16日 (金) 09:26 (UTC)
節構成と段落構成に検討の余地があると感じます。最近、自分は「南壮一郎」という記事を大幅に修正させていただきましたが、それのように人物の時期に合わせて小節「=== ○○時代 ===」「===○○から○○まで===」を幾つか設けると、見通しが良くなります。また、自分が昔「森政弘」や「広瀬茂男」、「今野浩」でしたように、業績の節を別に設けるのも手です。
加えて、略歴を箇条書きで記したり、導入部で役職だけではなくその人物の実績を手短に記したり、Infobox 人物で重要な項目を提示したりしてみてはいかがでしょうか。その人物の概略をパッと見で把握することができ、読者は細部を読みやすくなると思います。
あと、全体的に「」や()が多いことも見づらい要因と感じています。書籍や雑誌の名前には『』を使いますと、発言や重要な事項の「」と区別ができ、見やすくなったりもします。また、記事中の「清水信夫(現「マイ奈良」編集長、株式会社ブレーンセンター取締役)」におけるカッコ内の記載は、注釈として脚注で表示すると読みやすそうです(Help:脚注、{{Efn}}、{{Notelist}}参照)。
なお、自分が自分もWikipediaの編集を始めたころは手探りの状態でしたが、お手本となる記事(岡潔加藤友三郎白川英樹ジェームズ・ワット、など)を参考にしながら編集スタイルを確立していきました。【感想】で別の方が指摘されているように、まずは他の記事を参考にしていただければと思います。--Assemblykinematics会話) 2016年9月19日 (月) 22:59 (UTC)
ご丁寧に教えて頂き、誠にありがとうございます。様々な記事スタイルがある中、具体的な事例を教えて頂けて本当に嬉しく思っております。是非参考にさせて頂きます。取り急ぎ、お礼まで。--Editbluebb会話) 2016年9月20日 (火) 08:40 (UTC)
【感想】 ──専門外の方による感想。
一言で言うと読みづらい以外の何物でもないです。経歴の節にずらずらと書いていますが、3段落で長文を読ませるのは苦痛でしかない。中身を見てみると箇条書きで書けばいい内容。また、執筆者が思っている「関西の文化史を語る上でのキーパーソン」というならばそれに見合う評価を掲載した外部の記事(身内の人だけの評価ではだめでしょう)による検証は不可欠ですし、要約節がないのでこの人物が何をやったのかよくわからない。他の経営者や文化人などの人物の記事を見て、推敲し直してください。--Wushi会話) 2016年9月16日 (金) 23:39 (UTC)
貴重なご意見、ありがとうございます。他の記事をもっと研究して、適切な記事にするようにします。取り急ぎお礼まで。--Editbluebb会話) 2016年9月20日 (火) 08:31 (UTC)
【その他】 ──表記・文体など
Editbluebbさんはじめまして。AssemblykinematicsさんやWushiさんの意見をもとにInfoboxと改行を入れてみました。文章だけなのが味気なかったので画像を加えてみました。--Asturio Cantabrio会話) 2016年9月22日 (木) 13:44 (UTC)
Asturio Cantabrio|Asturio Cantabrioさま、はじめまして。Editbluebbです。節の区分だけでなく、改行と画像による手法、大変勉強になりました。そして誠にありがとうございます。とても嬉しいです。他の記事を参考にさせて頂いても、自身からすると千差万別のように見えて、正直煮詰まっておりました。頂いたご配慮を大切にして、適切な記事になるようもっと研究に努めます。取り急ぎ、お礼まで。--Editbluebb会話) 2016年9月23日 (金) 00:33 (UTC)

ワードマーク - ノート[編集]

{{仮リンク}}が多数貼られていたのでen:Wordmarkより翻訳しましたが、自身初めての記事の新規作成であるため、Wikipediaの記事の体裁に沿っているか、誤訳がないか、等不安な点が多々あるので、皆様の意見をお聞きしたいと思います。よろしくお願いします。--Missing340会話) 2016年9月20日 (火) 09:20 (UTC)

【査読】 ──専門家の方による審査結果。
【検証】 ──参考文献などと照合しつつ正確性を評価。
【書評】 ──専門外の方による評価および助言。
【感想】 ──専門外の方による感想。

こんにちは。気が付いた範囲で3点ほど。

  • 日本語の文章の場合は脚注の記号は句読点の前に置かれるのが慣習なので、英語から翻訳するときはちょっと気を付けてください。「その文字のスペルが商標として登録される。[3]」は「その文字のスペルが商標として登録される[3]。」に。</ref>の後に「、」「。」を置きます。
  • 「~商品のシンボルになるのだ。」はエッセイ的な言い回しになっているので避けた方がよく、「~商品のシンボルとなる。」ぐらいでいいと思います。
  • 「商品の名前にアイデンティティを持たせるために、もしくはブランディングに使うために作られる。」とありますが、ここでは「商品」に限定されず「会社や団体」も含むので、「それらの名前にアイデンティティを持たせるために、もしくはブランディングに使うために作られる。」などに言葉を変えた方がいいと思います。

以上です。--Yapparina会話) 2016年9月24日 (土) 23:58 (UTC)

査読ありがとうございます。三点とも大変参考になりました、修正しておきます。特に1点目は僕自身全く知らず、今までこういった編集をしていたので…ご教授ありがとうございます。--Missing340会話) 2016年9月25日 (日) 00:53 (UTC)
【その他】 ──表記・文体など

終了した依頼[編集]

掲載期間が終了した依頼はWikipedia:査読依頼/掲載が終了した依頼に移動してください。

また、各記事のノートに

{{査読依頼された記事
 | 依頼日 = yyyymmdd
 | よみがな = あいうえお
}}

とすることで、査読依頼サブページへのリンクをおくことができます。記事のよみがなも忘れずに入力してください。(詳細)。

関連項目[編集]