Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

良質な記事にふさわしい優れた記事を見つけたら、是非このページで推薦してみてください。また、推薦された記事を読んでみて、感じたことを投票という形でフィードバックしてみてください。記事に対するたくさんの意見や感想は、執筆者の励みとなります。

※推薦・投票の前に、選考のルールを一通りご確認ください。ルールに関する質問や意見はノートページにお願いします。

はじめに[編集]

  • 推薦・投票はログインユーザーのみとなります。
  • コメントは記事そのものに関して行ってください。

良質な記事の目安[編集]

以下に良質な記事の目安を挙げます。

推薦や、推薦された記事へコメントする際の参考としてください。

推薦の仕方[編集]

通常の推薦[編集]

IPユーザーによる推薦は不可です。ログインユーザならどなたでも推薦することができます。自薦・他薦は不問です。自薦の場合はその旨を述べて下さい。また、1人のユーザーが同時期に推薦できる記事の数は3つまでです。

  1. {{Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/○○○_yyyymmdd}} というリンクを「選考中の記事」節の一番下に追加します。○○○には選考対象となる記事名を、yyyymmddは推薦した年月日を記述してください(年月日は推薦者の居住地域における標準時夏時間、あるいはUTCのいずれでも構いません)。
  2. 先の投稿によって追加されたリンク先に、以下の形式で推薦してください。
    === {{subst:Article|選考対象記事名}} ===
    選考終了日時:'''{{subst:#time:Y年Fj日 (D) H:i|+14 days}} (UTC)'''
    *(推薦)推薦理由を記述。--~~~~
  3. 選考対象記事のノートページに{{良質な記事候補}}を貼付して選考中であることを告知します。
    書式:{{良質な記事候補|選考サブページ=○○○_yyyymmdd|よみがな=△△△}}
  4. さらに広く告知するために、Template:意見募集中の選考中の記事リストに追加することもできます。

月間新記事賞と月間強化記事賞を受賞した記事の自動推薦[編集]

月間新記事賞と月間強化記事賞を受賞した記事は、自動的に推薦されます。ログインユーザーならどなたでも推薦の手続きをとることが可能で、自動推薦の記事については「同時期に3つまで」という推薦記事数の制限の対象外となります。推薦の仕方は上記の通常の推薦と同じです。推薦理由については、

*(自動推薦)20xx年xx月の月間新記事賞受賞記事。--~~~~

または

*(自動推薦)20xx年xx月の月間強化記事賞受賞記事。--~~~~

などとしてください。

投票の仕方[編集]

選考開始後に作成されたアカウントまたはIPユーザーによる投票は不可です(コメントは認められます)。推薦者も投票することが可能です。投票・コメントは記事の全文をよく読んだ上で、以下の形式で行ってください。{{条件付賛成}}、{{条件付反対}}、{{保留}}などの下記以外の形式での投票は、最終的な投票集計では{{コメント}}と同等扱いとなるのでご注意ください。

  1. *{{賛成}}:記事に対するコメント--~~~~ - 現状で問題ないとき。現状でも良質な記事と認められるが、他に改善点がある場合にはどうぞご指摘ください。
  2. *{{コメント}}:記事に対するコメント--~~~~ - あと少し手を加えれば賛成しても良いとき。問題点を具体的に指摘してください。
  3. *{{反対}}:記事に対するコメント--~~~~ - 大幅に手を加えなければ賛成できないとき。

記事に問題点がある場合は、その箇所や改善策を具体的に指摘してください。主観を交えず、出来る限り客観的な批評を行ってください。投票内容についての質問がなされ、2週間以内に返答がないとき、投票は無効となる場合があります。不適切な多重アカウントブロック逃れによる投票・コメントは除去され、投稿されなかったものとして扱われます。ただし、選考終了後にさかのぼっての取り消しは行われません。

選考期間[編集]

選考期間は記事が推薦されてから2週間です。選考期間終了時点で賛成票が3票以上かつ2/3以上の支持がある場合は、良質な記事となります。

以下の場合に限り、どなたでも選考期間を最大4週間延長することができます。1回の選考は最大6週間までです。

  1. 記事の修正や査読など選考に時間を求める意見が出た場合、最大4週間延長することができます
  2. 延長の希望が表明されていない場合でも、2票の賛成票があり・かつ・反対票が投じられていない場合、選考期間が2週間自動延長されます

自動延長されたものは、希望が表明されればさらに2週間までの延長が可能です。

早期終了[編集]

以下の場合は、早期終了として選考を直ちに終了することができます。

  • 反対意見のみ3票以上集まった状態が48時間継続した場合。良質な記事は見送りとなります。
  • 賛成意見のみ3票以上集まった状態が48時間継続した場合。良質な記事となります。
  • 賛成票がなく、依頼者が取り下げ意思を示した場合。良質な記事は見送りとなります。

選考が終了したら[編集]

選考が終了したら速やかに以下を実施してください。実施は推薦者でなくても構いません。

  1. 選考対象サブページ(Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/○○○_yyyymmdd)に選考結果を記入する。
  2. 選考中の記事」節から選考対象サブページ({{Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/○○○_yyyymmdd}})を除去する。
  3. ノートページから{{良質な記事候補}}を除去する。
  4. Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/選考結果リストに選考対象サブページを追加する。
  5. 選考を通過して良質な記事となった場合は、
    1. 記事本文のカテゴリ・デフォルトソートの直上に{{Good article}}を貼付する。
    2. 記事のノートページに{{良質な記事}}を貼付する。
    3. Wikipedia:良質な記事/リストへ対象記事を追加し、分類の記事数(括弧内の数字)を更新する。
    4. Wikipedia:良質ピックアップ/ダイジェスト版未作成記事リストに対象記事を追加する。

選考中の記事[編集]

現在時刻: 8月 24日 水曜日 06:30 (UTC) (キャッシュ破棄

津島市立図書館 - ノート[編集]

選考終了日時:2016年8月24日 (水) 16:17 (UTC)

  • (自動推薦)2016年7月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2016年8月10日 (水) 16:17 (UTC)
  • 賛成 図書館の歴史がうまく解説されていてよい記事になっているものと思います。冒頭の年表の節は、歴史節の最後にサブセクションにして収容した方がよいかもしれません。--Tam0031会話) 2016年8月13日 (土) 08:33 (UTC)
  • 賛成 良い記事だと思います。ただ、Tam0031さん同様、私も年表は今の位置だと少し見づらいかと思いました。--さえぼー会話) 2016年8月19日 (金) 04:15 (UTC)
  • 賛成 図書館記事は優秀な執筆者が多い分野ですが、この記事も優良な記事が多い図書館記事の中でも特に充実した出来栄えだと思います。年表の太文字は少しわずらわしい気がしますが、その程度のことでGAにしない理由にはなりません。--ぱたごん会話) 2016年8月23日 (火) 12:07 (UTC)

青空 (雑誌) - ノート[編集]

選考終了日時:2016年8月24日 (水) 16:18 (UTC)

  • (自動推薦)2016年7月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2016年8月10日 (水) 16:18 (UTC)
  • 賛成 当時の発行の経緯が大変わかりやすく説明されており、文学史的評価も揃っていることから、十分な内容になっているものと思います。--Tam0031会話) 2016年8月15日 (月) 12:41 (UTC)
  • 賛成 90年も前の同人誌についての説明であればここまで書いてくだされば十分ではないでしょうか。分かりやすい良文で書かれています。少し気になったのが参考文献が梶井基次郎について書かれたものがほとんどと言うことですが、梶井基次郎も1932年になくなった方ですので、それに対する評論も定まったものでしょう。--ぱたごん会話) 2016年8月18日 (木) 13:45 (UTC)
  • 賛成  Tam0031さん、ぱたごんさん賛成票ありがとうございます。いつか立項と思っていた記事だったので、今回の梶井基次郎のページ加筆と共に、ほぼ必要な情報を網羅して仕上げました。研究者によって発行部数など細かな違いがある号のところ等は、注釈を付して安全性を鑑みていますので、一応きちんとしたものにしています。今後、梶井以外の同人の伝記などで新たな情報があれば付記しようと考えています。どうもありがとうございました。--みしまるもも会話) 2016年8月24日 (水) 06:25 (UTC)

静岡市立御幸町図書館 - ノート[編集]

選考終了日時:2016年8月24日 (水) 16:19 (UTC)

  • (自動推薦)2016年7月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2016年8月10日 (水) 16:19 (UTC)
  • 賛成 静岡市立図書館の単位ではなく、その中のさらに個別館で記事を立てるのが驚きですが、それでもきちんとした内容を確保できているように思います。他の各館も同様の記事を揃えられるのでしょうか。期待するところです。--Tam0031会話) 2016年8月15日 (月) 13:22 (UTC)
  • 賛成  館の基本情報、歴史や特色が網羅されており、良質記事の選考基準も十分に満たされていると思います。実用的にも図書館の事典として良い記事ですね。--みしまるもも会話) 2016年8月24日 (水) 00:57 (UTC)

梶井基次郎 - ノート[編集]

選考終了日時:2016年8月25日 (木) 00:06 (UTC)

  • (自動推薦)2016年7月の月間強化記事賞受賞記事。--Trvbot会話) 2016年8月11日 (木) 00:06 (UTC)
  • 賛成 - みしまるももさんの記事にはとても質が高く、文献を非常に読み込まれて丁寧に書かれているものが多いので、いち執筆者として頭が下がる思いです。梶井の人生も短いものではありましたが、みしまるももさんの手ですとここまで書き込むことができるんですね・・・・・・単純に梶井の人生だけではなく、交友関係などもまとめられていますし、略年譜も付いていて、「知りたい」のレベルに合わせて対応できる記事だと思います。素直に素晴らしい記事だと感じますし、良質な記事の基準は充分にクリアしていると思います(ひょっとしたら秀逸ものなのかもしれません)。--FMmice (会話/履歴) 2016年8月11日 (木) 03:26 (UTC)
  • 賛成 よくまとめられた良い記事になっているものと思います。やはり秀逸な記事に出しても大丈夫な水準になっているものと思います。--Tam0031会話) 2016年8月18日 (木) 15:13 (UTC)
  • 賛成  FMmice さん、Tam0031さん賛成票ありがとうございます。この記事は最初の加筆よりも多くの出典を集めて大幅加筆したもので、より正確になり、自分でも自信のもてる出来となったと思っています。これからも作家記事の充実に頑張りたいと思います。どうもありがとうございました。--みしまるもも会話) 2016年8月24日 (水) 06:29 (UTC)

鳥取しゃんしゃん祭 - ノート[編集]

選考終了日時:2016年8月25日 (木) 00:06 (UTC)

  • (自動推薦)2016年7月の月間強化記事賞受賞記事。--Trvbot会話) 2016年8月11日 (木) 00:06 (UTC)
  • 賛成 写真が綺麗に揃っていますし、解説も十分です。この祭りを説明する上で一通りの事項が揃っていると思われます。--Tam0031会話) 2016年8月18日 (木) 15:18 (UTC)
  • 賛成 この祭りのことは不勉強で存じなかったのですが、良質な文章と豊富な画像でよく分かりました。参考文献も豊富で言うことなしでしょう。--ぱたごん会話) 2016年8月23日 (火) 12:51 (UTC)
  • 賛成  よく知らなかったお祭りでしたが、歴史的な背景について詳細に書かれていて、初見の者にもわかりやすくまとまっていました。良質記事の選考基準も十分に満たしていると思います。--みしまるもも会話) 2016年8月24日 (水) 01:09 (UTC)

秋田城 - ノート[編集]

選考終了日時:2016年8月25日 (木) 00:06 (UTC)

  • (自動推薦)2016年7月の月間強化記事賞受賞記事。--Trvbot会話) 2016年8月11日 (木) 00:06 (UTC)

賛成 後述のように、表面的には「中立的な観点」について問題があるように思いますが、結論としては「良質」に値するものとして賛成します。

  • 私はこの城のこと、秋田のことについてはほとんど何も知らず、「秋田城って秋田藩の本拠だったんでしょ?」レベルの素人の意見です。まずあえて「欠点」だと感じたことを列記します。
  1. いわゆる{{単一の出典}}になっていること。記事のほぼ全ては『秋田城跡』に拠っているために、「正確性や中立性の担保が不十分」な状態にあります。
  2. 一応、冒頭でOtherusesによる久保田城への案内があるものの、素人としてはちょっと不親切な感じを受けました。久保田城のほうでは概要の最初の部分に「久保田城のことを秋田城と表現することもあるけれど、古代の秋田城とは全く別物ですよ」ということが説明されていて、親切に思います。
  3. 冒頭部分が割とボリュームがあります。2段落め以降は「概要節」にしてしまってはどうかなあと感じます。
  4. 歴史・沿革節の最初の部分で、「出羽柵」「移転後の出羽柵」「秋田城」「阿支太城」あたりが入り乱れていて、わかりにくいと感じました。細かい情報が充実しているために、おおまかなことがわかりにくくなってしまっている感じもします。全般的にとても情報量が多く濃密なので、文章や段落をもう少し細かくしていただいたほうが読みやすくて好きだなあと感じました。
  • 「単一の出典」に関しては、少し調べたところ、この文献の筆者が秋田城研究の第一人者であるということはわかりました。とはいえ、ここまで単一文献に偏ると、セカンドオピニオンや異説の存在が気になります。特に主題の時代が古く、「推測」に拠る部分が多いのではないかという感じになってしまいます。そこでたまたま私の手元に『秋田県の地名』(1980)がありましたので、「秋田城跡」(p405付近)を眺めてみましたが、大雑把には似たようなことが書かれており、2006年の文献と大筋で一緒なのであればいわゆる「定説」と言って良いのだろうと思いました。既にここまでしっかり書かれたものに対してわざわざ別の出典をつけるというのはバカバカしい感じもするかもしれませんが、{{単一の出典}}にある通り、それは必要なことだろうと思います。(やろうと思えば私が『秋田県の地名』を出典として追加できるのですが、それはいささか礼を欠くようにも思いますし、私は『秋田城跡』を読んでいないので今から「[1]」を間につっこむとそれはそれで参照関係がヘンになりそうな危惧も覚えるので、ひとまずは言いっぱなしとさせていただきます。)
  • 『秋田県の地名』では出羽柵が「最上川河口から、北の雄物川(秋田河)河口へ移転した」という趣旨のことが書かれており、(いくらか大雑把かもしれませんが)わかりやすいと感じました。(記事の冒頭部では「庄内地方から秋田村へ移転した」とあり、地理的な状況がいささかわかりにくいかなと思います。)そこらへんは、好みの問題に過ぎないかもしれないのですが、「構造と遺構」節の冒頭で地理的な説明があるので、歴史沿革節よりも構造遺構節のほうが先にあったほうがわかりやすいかなあとか、あるいは「概要」節を作っちゃったほうがわかりやすいかなあという感じもします。
  • 歴史沿革節、構造と遺構節は、いくつかの子節に区分したほうが読みやすいかなあと感じました。歴史節を例にすると「もとの出羽柵・出羽国の情勢」「出羽柵の移転」「秋田城への改称」みたいな感じの子節名にすると、今なんの話をしているのか明確になってわかりやすくなると思います。出羽柵から秋田城への改称についてですが『丸部足人解』の表記は「阿支太城」であって「秋田城」ではないので、「あきた(あいた)」に「秋田」と漢字を当てるのが定まるのはいつからなんだろうという疑問が生じます。『秋田県の地名』では、「阿支太城」のほか、『日本後紀』が804年の時点で築40余年と記しているので、逆算すると764年前後が秋田城の創建と推定される、と書いてあり、複数の論拠が示されていてわかりやすいと感じますがどうでしょう。
  • この記事を読む限りでは、「秋田城(出羽柵)」が移転したことでそこに後から集落が形成された、となっています。しかしそれでは移転先が733年の時点で既に「秋田村」という地名だったことがどうも腑に落ちません。少なくとも「秋田村」と呼ばれるに値する程度の村が先行してあって、そこにあとから出羽柵がやってきたと考えるほうが自然な帰結と思いますがどうなんでしょう。『秋田県の地名』p344では、「自然集落があったことが前提」と書かれています。(ここらへんはまさに「単一の出典」の問題点かなあという感じがします。)
  • いろいろいっぱい書いちゃいましたが、「執筆者の好み」の部分も大いにあると思うので、全て私の言うとおりにしろということでもありません。「読みやすさ」というのは「良質の目安」とは関係ないですし。--柒月例祭会話) 2016年8月13日 (土) 14:56 (UTC)
  • 賛成 おおむね、㭍月例祭さんの言っている通りだと思います。現状でも、良質な記事であれば問題ないのではないかと思います。--Tam0031会話) 2016年8月18日 (木) 15:20 (UTC)

津軽丸 (2代) - ノート[編集]

選考終了日時:2016年8月25日 (木) 00:07 (UTC)

  • (自動推薦)2016年7月の月間強化記事賞受賞記事。--Trvbot会話) 2016年8月11日 (木) 00:07 (UTC)
  • 賛成 幅広い文献にあたって、青函連絡船最盛期を支えた津軽丸型を詳細に解説していて、非常に優れた記事になっているものと思います。船橋や機関部の写真は普通は手に入らない貴重なものなので、ありがたいです。--Tam0031会話) 2016年8月18日 (木) 15:36 (UTC)
  • 賛成  良質な記事揃いの青函連絡船記事の中でも圧倒的なボリュームです。ここまで書き込んでくださったことに敬意を表します。ところどころ脚注が付いていないところがありますが、それさえ解消されればFA級とも思える質量だとおもいます。--ぱたごん会話) 2016年8月23日 (火) 12:21 (UTC)

笠岡諸島 - ノート[編集]

選考終了日時:2016年8月25日 (木) 00:07 (UTC)

  • (自動推薦)2016年7月の月間強化記事賞受賞記事。--Trvbot会話) 2016年8月11日 (木) 00:07 (UTC)
  • 賛成 特定の島ではなく、諸島全体の総括記事ということであれば、十分な内容になっているものと思います。--Tam0031会話) 2016年8月21日 (日) 13:56 (UTC)
  • 賛成 笠岡諸島の島の一覧に横島が入ってないのはなぜかな?と思いましたが、それくらいで諸島としての説明では十分ではないかとおもいます。--ぱたごん会話) 2016年8月23日 (火) 13:22 (UTC)

岡崎市立図書館 - ノート[編集]

選考終了日時:2016年8月25日 (木) 00:07 (UTC)

  • (自動推薦)2016年7月の月間強化記事賞受賞記事。--Trvbot会話) 2016年8月11日 (木) 00:07 (UTC)
  • 賛成 リンク先が、岡崎市立中央図書館にリダイレクトされているのが気になりますが…。あくまで岡崎市立図書館としての記事になっているように見受けられるので、そのつもりで評価すると、明治の昔からの推移を写真や地図を併用しながら説明しており、十分な内容になっているものと思います。あまり利用案内を前面に出さない方がいいように思います。--Tam0031会話) 2016年8月22日 (月) 15:33 (UTC)
  • 賛成  より多くの出典から、館の歴史的変遷や特色が豊かに加筆されていて、良質記事の選考基準も十分に満たされたものに仕上がっていると思います。--みしまるもも会話) 2016年8月24日 (水) 01:03 (UTC)

ドゥーン城 - ノート[編集]

選考終了日時:2016年8月25日 (木) 03:00 (UTC)

  • (推薦)2016年7月に新着記事に選出していただき、月刊新記事賞でも何件かご投票をいただいた記事です。英語版 (Doune CastleはGAに選出されており、今回はこれを底版として拙訳いたしました。スコットランドの城に関する記事で、城やその保有者の歴史、城内の調度などよくまとまっている記事だと思います。選考どうぞ宜しくお願いします。--FMmice (会話/履歴) 2016年8月11日 (木) 03:00 (UTC)
  • (コメント)
    • 全く無知のものですがコメント。冒頭節、「フォース川」、「カランダー」と地名が出てきますが、その後このドゥーン城の記事にはこの二つの地名は出てこず、なぜ冒頭で説明されているのかわかりませんでした。それぞれ8マイル、16マイルと離れていて、ドゥーンからは結構遠いですよね? そうでもない?
    • 『石造りの建築はほとんどが14世紀遅くに作られたものだが、一部1580年代に軽微な修理が行われた部分がある。1880年代の修復では、板材の屋根や、室内の床面、家具類などが交換されている。』はその前の歴史を説明した段落に入れた方が収まりがいい?
    • 「歴史」節には『城は18世紀の間どんどんと荒廃していき、1800年までには屋根のない廃墟になってしまった。』とあり、冒頭節の『1800年までには城は破壊された』とちょっと印象が違いますね。荒廃(破壊?)が進んでいった理由はたびたび占領されたり監獄として使われたりしたことと関係するのでしょうか。あるならば(なくても)、原因をはっきりと明言してしまうべきでしょう。それに関連して、マリー伯爵はドゥーン城には住まわなかったのでしょうか。
    • 「場内の詳細」節内の「領主塔」節、『元々の計画では18メートル (59 ft) 四方』とありますが、誰による計画ですか? オールバニ公爵? 記事全体からあまり築城初期の文献史料が残ってなさそうな印象を受けるので……。
    • 『広間はヴォールトになっており、』以降ですが、これは二階の説明でしょうか。
    • 『大広間の上層には第2広間があり、』の上層の意味がよくわかりませんでした。そしてこの節の最初に戻りますが、『領主館(英: The Lord's Hall)と3階分の部屋があり、』となっている『3階分』の意味がわかりませんでした。英語版にも『three storeys of chambers』とありますが、結局領主塔に3階はあるんでしょうかないんでしょうか。見取り図には見あたらないから……。天井高の話?
    • これも英語版同様ですが、「モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル」のロケのことだけを詳しく書くのはバランス悪くないですか。俺はモンティ・パイソンについてほぼ知識ゼロですが、ドゥーン城を説明するにおいてどこまで重要なんでしょうか。モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイルにこそ、必要な記述だと思います。--Mobnoboka会話) 2016年8月14日 (日) 01:48 (UTC)
      • (追記)関連して、モンティ・パイソンのテンプレートもこの記事に必要なんでしょうか。英語版にも映画のテンプレートがついてるけど。--Mobnoboka会話) 2016年8月14日 (日) 02:18 (UTC)

──────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────── 返信 - コメントありがとうございました。

  1. フォース川・カランダーについては原文通り翻訳してあります。はっきり言って要らないと言えば要らないのでしょうが、フォース川に関しては日本語版に(スタブですが)記事があったので、リンクしておきました。原文を読むとアードッホ→ティース→フォースの順で下流になるようです。犀川 (長野県)→千曲川→信濃川のようなものとお考え下さい。また流れを見るとエディンバラに近いフォース湾に注ぎ込むそれなり重要な川のようです[1]。カランダーの方ですが、城のあるドゥーンは小さな村ですので、近くの町を示したということだろうと思います。例えば松本市まで10km程度のとある山村に何かあったとしたら、ランドマークとして「松本市まで10kmくらいです」と書くでしょう(この辺は田舎暮らしをしているので何となく英語版執筆者の感覚が分かります)。いかんせんスコットランドの記事は足りていない部分があるので、日本語版としては少し分かりにくかったかもしれません。スターリングに日本語版で分かりやすいランドマークがあるかというと微妙なので、この辺は悩みどころですね。
  2. ご指摘の冒頭部最終の2文ですが、実はよく読むと歴史節にも組み込まれています。WP:LSには、「導入部は、前置きであると同時に、それ自体で完結したひとつの記事であるべきです」とされていますから、要約としてこのくらいあってもいいのかもしれません。
  3. マリー伯爵家はドゥーン城には居住せず、近くのドゥーン・パークに住んでいたようです[2]。どうやら城の荒廃が原因で、10代伯の時に新しい邸宅を建てたとか[3]。城の荒廃についてはネット検索では「戦乱の世を経て荒廃した」との文章が見つかりました[4][5]。組み込めそうな文献なので後ほど追記します。
  4. ご指摘のあった「元々の計画では」の部分ですが、ごめんなさい、ここはわたしにも分かりません。出典になっているSalterの本が手元にあればいいんですが、Amazon.ukでも在庫切れの状況ですし、日本の図書館にも在庫は無いようです。Historic Environment Scotland のドゥーン城に関するページに、"Mystery of the missing ranges" として何やら書いてはありますが[6]、ご指摘の点については記述が濁されています。
  5. 「広間はヴォールトになっており、」以降は2階部分の記述です。領主塔の下は、見取り図を御覧いただくと早いと思いますが、中庭へ続くアプローチになっています。この辺は言葉を補っておきます。
  6. 「大広間の上層には第2広間があり、」ですが、原文は "Above the hall is a second hall, forming part of the Duchess' suite of rooms." です。因みにFile:Doune Castle - front.jpgで左手にあるのが領主館なのですが、ここだけ3階建てになっています(図面には載っていませんが)。わたしはこの城をとある映画のメイキングで隅々まで見ているので何となく分かりますが、確かに初見では「?」との感じですので、ここも追記しておきましょう。『領主館(英: The Lord's Hall)と3階分の部屋があり、』ですが、今辞書を確認したところ "storey" には「(集合的に)同階の全室」(ジーニアス英和大辞典)との意味があるようですから、ここは「3階部分の部屋」というのが正しいかもしれません。直しておきます。
  7. 『ホーリー・グレイル』の撮影がほとんどここで行われたこともあって、英語版もやたら詳しかったのだと思います(映画を御覧になれば分かりますが、本当に城の隅々まで使っています)。このくらい・・・・・・と思って映画の記事を見たらほとんど書いてありませんでしたので、ドゥーンで撮影されたシーンの記述に関しては映画の記事に分割しておこうかと思います。『ホーリー・グレイル』の聖地巡礼として訪れる人も多く、城側も一種の観光資源として使っているようです(パイソンズは英国ではそれくらいインパクトの大きかったグループです)。この辺は映画記事の加筆にも使い、多少整理したいと思います。

長々と書いてしまいましたが丁寧な査読ありがとうございました。後で記事に反映しておきたいと思います。--FMmice (会話/履歴) 2016年8月14日 (日) 06:46 (UTC)

  • (コメント)2. の部分について、伝わらなかった部分があるみたいなので再度。この指摘については、歴史節は関係ありません。冒頭部分のみを問題にしています。冒頭部分の、『近年の調査によって、』から始まる歴史を説明した段落(第二段落)に該当の文章を組み込んだ方がいいのでは、というものです。
    • また別に。『城は英国の "Scheduled monument" かつカテゴリAの指定文化財(英: Category A listed building) (Listed building) に指定されている。このカテゴリAとはスコットランドの重要建築物に対する最高の保護レベルである。』は、建造物に対しての評価に関しての記述であって「歴史」節では収まりが悪いので、これは冒頭に持ってきてもいいと思います。何年に指定があったかがわかれば、「歴史」節にもあっても問題ないとは思いますが。--Mobnoboka会話) 2016年8月14日 (日) 08:37 (UTC)
    • 返信 ご指摘ありがとうございました。2.に関してはこちらの読み違えでしたね。ご指摘通り分割して組み込んでおきました。指定文化財に関する記述ですが、冒頭部に記述を組み込みました。また、元の節の方では、スターリング・カウンシルのPDF資料から引いて登録年を加筆しました。また『ホーリー・グレイル』の撮影に関する記述はこれを機に分割して向こうに加筆しました(差分)。全体ではこんな感じで反映させております(差分)。もし宜しければ再度ご確認いただけますと幸いです。--FMmice (会話/履歴) 2016年8月14日 (日) 09:47 (UTC)(署名忘れ補完)
  • 賛成 英語版はGAですし、上記指摘の修正などでかなり良くなっているように思えますので、良質な記事としていいのではと思います。『ホーリー・グレイル』の撮影場所として聖地巡礼の対象になっていますので、ホーリー・グレイルのテンプレートはあったほうがいいでしょう。--さえぼー会話) 2016年8月20日 (土) 06:30 (UTC)
  • 賛成 - さえぼーさん、コメントありがとうございます。ところで提案者の賛成票を投じておくのを失念していました。--FMmice (会話/履歴) 2016年8月20日 (土) 06:36 (UTC)
  • コメント 「城内の詳細」節に、「城は不規則な五角形で、北側・北西側には、建物に沿って中庭が作られている」とありますが、疑問です。その右に示されている図では、五角形に造られた壁で中庭が仕切られており、その北側・北西側にだけ建物が描かれていると思います。そうであれば、北側・北西側に、建物に沿って中庭があるのではなく、中庭に沿って建物がある、と言うべきではないでしょうか。英語版の原文を見ると、"The castle forms an irregular pentagon in plan, with buildings along the north and north-west sides enclosing a courtyard."ですので、やはり建物が中庭の北と北西にある、と言っていると思います。ここについて検討いただければ、と思います。--Tam0031会話) 2016年8月23日 (火) 15:15 (UTC)
    • 返信 (Tam0031さん宛) - うわ、誤訳ですね。ご指摘いただきありがとうございます。文章を「城壁は不規則な五角形で、内部に作られた中庭の北側・北西側に、領主塔などの建物が作られている。」に訂正致しました。--FMmice (会話/履歴) 2016年8月23日 (火) 15:40 (UTC)
      • 賛成 素早い訂正ありがとうございます。賛成とさせていただきます。--Tam0031会話) 2016年8月23日 (火) 16:05 (UTC)


関連項目[編集]