Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

良質な記事にふさわしい優れた記事を見つけたら、是非このページで推薦してみてください。また、推薦された記事を読んでみて、感じたことを投票という形でフィードバックしてみてください。記事に対するたくさんの意見や感想は、執筆者の励みとなります。

※推薦・投票の前に、選考のルールを一通りご確認ください。ルールに関する質問や意見はノートページにお願いします。

はじめに[編集]

  • 推薦・投票はログインユーザーのみとなります。
  • コメントは記事そのものに関して行ってください。

良質な記事の目安[編集]

以下に良質な記事の目安を挙げます。

推薦や、推薦された記事へコメントする際の参考としてください。

推薦の仕方[編集]

通常の推薦[編集]

IPユーザーによる推薦は不可です。ログインユーザならどなたでも推薦することができます。自薦・他薦は不問です。自薦の場合はその旨を述べて下さい。また、1人のユーザーが同時期に推薦できる記事の数は3つまでです。

  1. {{Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/○○○_yyyymmdd}} というリンクを「選考中の記事」節の一番下に追加します。○○○には選考対象となる記事名を、yyyymmddは推薦した年月日を記述してください(年月日は推薦者の居住地域における標準時夏時間、あるいはUTCのいずれでも構いません)。
  2. 先の投稿によって追加されたリンク先に、以下の形式で推薦してください。
    === {{subst:Article|選考対象記事名}} ===
    選考終了日時:'''{{subst:#time:Y年Fj日 (D) H:i|+14 days}} (UTC)'''
    *(推薦)推薦理由を記述。--~~~~
  3. 選考対象記事のノートページに{{良質な記事候補}}を貼付して選考中であることを告知します。
    書式:{{良質な記事候補|選考サブページ=○○○_yyyymmdd|よみがな=△△△}}

月間新記事賞と月間強化記事賞を受賞した記事の自動推薦[編集]

月間新記事賞と月間強化記事賞を受賞した記事は、自動的に推薦されます。ログインユーザーならどなたでも推薦の手続きをとることが可能で、自動推薦の記事については「同時期に3つまで」という推薦記事数の制限の対象外となります。

  1. {{Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/○○○_yyyymmdd}} というリンクを選考中の記事の節の一番下に追加します。○○○には選考対象となる記事名を、yyyymmddは推薦した年月日を記述してください(年月日は推薦者の居住地域における標準時夏時間、あるいはUTCのいずれでも構いません)。
  2. 先の投稿によって追加されたリンク先に、以下の形式で推薦してください。
    === {{subst:Article|選考対象記事名}} ===
    選考終了日時:'''{{subst:#time:Y年Fj日 (D) H:i|+14 days}} (UTC)'''
    *(自動推薦)推薦理由(月間新記事賞と月間強化記事賞のいずれの受賞によるか)を記述。--~~~~
  3. 選考対象記事のノートページに{{良質な記事候補}}を貼付して選考中であることを告知します。
    書式:{{良質な記事候補|選考サブページ=○○○_yyyymmdd|よみがな=△△△}}

投票の仕方[編集]

選考開始後に作成されたアカウントまたはIPユーザーによる投票は不可です(コメントは認められます)。推薦者も投票することが可能です。投票・コメントは記事の全文をよく読んだ上で、以下の形式で行ってください。{{条件付賛成}}、{{条件付反対}}、{{保留}}などの下記以外の形式での投票は、最終的な投票集計では{{コメント}}と同等扱いとなるのでご注意ください。

  1. *{{賛成}}:記事に対するコメント--~~~~ - 現状で問題ないとき。現状でも良質な記事と認められるが、他に改善点がある場合にはどうぞご指摘ください。
  2. *{{コメント}}:記事に対するコメント--~~~~ - あと少し手を加えれば賛成しても良いとき。問題点を具体的に指摘してください。
  3. *{{反対}}:記事に対するコメント--~~~~ - 大幅に手を加えなければ賛成できないとき。

記事に問題点がある場合は、その箇所や改善策を具体的に指摘してください。主観を交えず、出来る限り客観的な批評を行ってください。投票内容についての質問がなされ、2週間以内に返答がないとき、投票は無効となる場合があります。不適切な多重アカウントブロック逃れによる投票・コメントは除去され、投稿されなかったものとして扱われます。ただし、選考終了後にさかのぼっての取り消しは行われません。

選考期間[編集]

選考期間は記事が推薦されてから2週間です。選考期間終了時点で賛成票が3票以上かつ2/3以上の支持がある場合は、良質な記事となります。

以下の場合に限り、どなたでも選考期間を最大4週間延長することができます。1回の選考は最大6週間までです。

  1. 記事の修正や査読など選考に時間を求める意見が出た場合、最大4週間延長することができます
  2. 延長の希望が表明されていない場合でも、2票の賛成票があり・かつ・反対票が投じられていない場合、選考期間が2週間自動延長されます

自動延長されたものは、希望が表明されればさらに2週間までの延長が可能です。

早期終了[編集]

以下の場合は、早期終了として選考を直ちに終了することができます。

  • 反対意見のみ3票以上集まった状態が48時間継続した場合。良質な記事は見送りとなります。
  • 賛成意見のみ3票以上集まった状態が48時間継続した場合。良質な記事となります。
  • 賛成票がなく、依頼者が取り下げ意思を示した場合。良質な記事は見送りとなります。

選考が終了したら[編集]

選考が終了したら速やかに以下を実施してください。実施は推薦者でなくても構いません。

  1. 選考対象サブページ(Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/○○○_yyyymmdd)に選考結果を記入する。
  2. 選考中の記事」節から選考対象サブページ({{Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/○○○_yyyymmdd}})を除去する。
  3. ノートページから{{良質な記事候補}}を除去する。
  4. Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/選考結果リストに選考対象サブページを追加する。
  5. 選考を通過して良質な記事となった場合は、
    1. 記事本文のカテゴリ・デフォルトソートの直上に{{Good article}}を貼付する。
    2. 記事のノートページに{{良質な記事}}を貼付する。
    3. Wikipedia:良質な記事/リストへ対象記事を追加し、分類の記事数(括弧内の数字)を更新する。
    4. Wikipedia:良質ピックアップ/ダイジェスト版未作成記事リストに対象記事を追加する。

選考中の記事[編集]

現在時刻: 8月 28日 金曜日 00:20 (UTC)

北部諸島 (イギリス) - ノート[編集]

選考終了日時:2015年8月25日 (火) 04:17 (UTC)2015年9月8日 (火) 04:17 (UTC)

  • (自動推薦)2015年7月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2015年8月11日 (火) 04:17 (UTC)
  • 賛成 シェトランド諸島とオークニー諸島の記事を強化していく方がまとめやすいものと思いますが、こういう総論的な記事があってもよく、内容的にはこれで十分書き込まれているものと思います。これ以上詳しくするのであれば、個別の記事で書いた方が良い内容になるのではないかと思います。--Tam0031会話) 2015年8月17日 (月) 14:04 (UTC)
  • 賛成 良質な記事となっている英語版の翻訳ということで一定の網羅性があるものと思います。日本語の文章としても特に読みにくい点は感じませんでしたので、良質な記事の目安を満たすものと考えます。個人的に、仮リンク項目の日本語版への翻訳が進むと嬉しいなと思います。--Mogumin会話) 2015年8月23日 (日) 10:42 (UTC)
  • コメント 選考終了時点で賛成のみ2票の状態なので、選考期間が2週間自動延長となります。--Tam0031会話) 2015年8月25日 (火) 11:53 (UTC)

貨幣史 - ノート[編集]

選考終了日時:2015年8月25日 (火) 04:18 (UTC)2015年9月8日 (火) 04:18 (UTC)

  • (自動推薦)2015年7月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2015年8月11日 (火) 04:18 (UTC)
  • 賛成 経済学や金融論のみならず、人類学や歴史学 (西洋史、東洋史、日本史。古代から現代にかけて) など幅広い分野の知見から詳細に書かれており、良質な記事として十分な内容だと思います。歴史と経済のスタブが貼ってありますが、このことが良質な記事への選出の支障となるならば、適切な手順に従って剥してかまわないでしょう。すでに剥してかまわない水準にあると思います。--Kampung-baru会話) 2015年8月13日 (木) 14:51 (UTC)
  • 反対 条件付賛成 賛成 文章が随所で支離滅裂、内容が参考文献で補強されていない、日本の貨幣史の小節の存在、出典・脚注、参考文献の記述の不備が最たる理由です詳細は以下のとおり。
  1. 古代 中国の小節、時系列がぐちゃぐちゃ。「秦は度量衡を統一して銅貨の半両銭を貨幣重量の基準とし、戦国時代にこれらの鋳貨が普及した」の文章は支離滅裂、戦国時代の時系列でしょう。
  2. 古代  については参考文献による言及がありません。中国のその後、後漢までの記載はありますが、北宋まで中国史の文章はスキップです。魏晋南北朝五代十国の時代でも中国の場合、細々ではありますが貨幣経済は受け継がれています。全体として中国に関しては、岡本隆司編(2013)『中国経済史』あたりを参考文献にして記事の補強が必要です。
  3. 中世 「日本の貨幣史」の節にも全く記載されていませんが、鎌倉時代には、借上土倉という金融仲介業者が存在し、金融仲介業務を行った内容が記載されていません。室町時代になると酒屋が台頭してきます。
  4. 紙幣の節 宋・金・元、18世紀以降(つまり、清についての言及はありますが、明はどうだったのでしょうか?日本の貨幣史 中世の小節で明の通貨政策の変更と海禁政策と一言書いているのみで具体性がありません。
  5. 紙幣節から金本位制へスキップしていますが、銀本位制への言及がありません。明治時代の日本は金本位制になるまでは金銀複本位制です。
  6. 日本の貨幣史の節。この記事の中で日本だけ取り上げて一節を作るのは歪です。JPOVです。この説は別記事にしないと記事全体の均衡が取れないので分割したほうがいいと思われます。また、中世の小節も歴史の流れからすると文章が支離滅裂です。「鐚銭を巡るトラブルが絶えなかったために室町幕府や諸大名、また豊臣秀吉によって撰銭禁止令がたびたび出されたが、銅貨不足が解消されないため庶民は米も貨幣として取引をした。こうして1568年(永禄11年)頃には銭遣いから米遣いへの変化が起き、貫高制にかわって石高制が優勢となった。」とありますが、1568年に豊臣秀吉という人間は存在しません。秀吉が豊臣姓を名乗るのはどう考えても1586年でしょう。日本史の内容は戦国時代については参考文献による内容の補強が全くされていません。
  7. 年表はあくまで全体の最後に記事を俯瞰するための道具にすぎず、本来は本文中に盛り込むべき内容です。例えば、ビットコインは、2015年現在の国際経済体制にどう影響を与えているのか、またその評価はどうなのかなど。
  8. 出典・脚注 参考文献から記載した場所を明記している点はましですが、出典・脚注に書籍名を長々書く必要はない。参考文献に記載していれば、姓名(年代)ページで十分です。ポランニー『人間の経済1』p194→ポランニー(1977)。ポランニーの場合、訳書でしょうから訳書のことを記載したページをはっきりすべきです。
  9. 出典・脚注 に記載し、参考文献に記載していない文献は、参考文献に記載を移すべきです。例:逸見喜一郎(2000)『ラテン語のはなし』、グリーン(????)『ローマ経済の考古学』他、あまりに多すぎて逐一指摘できません。--Wushi会話) 2015年8月15日 (土) 00:18 (UTC)
短期間でこちらの指摘箇所を修正・加筆、脚注の整備、記事の分割をされているので、反対票を取り下げます。一か所修正お願います。脚注24ポランニー(1957)と書いてありますが、ポランニー(1975)の間違えではないでしょうか?ポランニーの記事にあるとおり、1975年ならば「Trade and Markets in the Early Empires」になりませんでしょうか?確認次第、賛成票を投じたいと思い、現状、条件付賛成にしておきます。--Wushi会話) 2015年8月17日 (月) 10:50 (UTC)→変身、確認遅くなりすみません。賛成票に転じますが、時間切れでしょうか??--Wushi会話) 2015年8月25日 (火) 10:06 (UTC)
Wushiさんの意見に一つ、苦情。出典・脚注の書式は明確に分かるならば形式にこだわる必要はない。ポランニー『人間の経済1』p194→ポランニー(1977)なんていうのはWushiさんの好みでしかありません。貴方の好みの押し付けをするべきではない。ページ数は明らかにするべき。これについてはペラペラのパンフレットでも無い限り同意。出典の示し方には本当にいろんなやり方があるのですが、どれを採用しなければならないという規定はありません。Wushiさん方式でも、Mokeさん方式でもぱたごん方式でもだれそれ方式でも出典が明確にわかればいいのであって、記事に何も貢献していない人がそんなところだけ自分の好みを押し付けてはなりません。ぱたごん会話) 2015年8月15日 (土) 10:21 (UTC)

作った記事が新記事賞を受賞して驚いています。投票ありがとうございました。以下、ご意見へのお返事です。

Kampung-baruさん、ご賛成をありがとうございます。励みになります。スタブへのご指摘も、うれしく思います。修正しましたので、良くなっていれば幸いです。

Wushiさん、詳しいご指摘をありがとうございます。初歩的なミスがあり、お手数をかけました。以下のようにしてみました。いかがでしょうか。

1. 「金属貨幣」の中国の小節で時系列など加筆修正。2. 新、魏晋南北朝、五代十国について加筆や文献追加。3. 「金属貨幣」に借上、土倉、酒屋について加筆。4. 「金属貨幣」と「紙幣」で明について加筆。5. 「金本位制」の節名を「国際金本位制」に変更。金本位制全般ではなく、世界史的に影響の大きな金本位制について作った節でした。誤解を招く節名でした。6. 「日本の貨幣史」を別記事に分割。分割後に別記事にて戦国時代に加筆。7. 年表を後方に移動。8、9. 出典・脚注に使用した文献を参考文献に記載を移動。

ぱたごんさん、お気づかいをありがとうございます。良質な記事について考えたことがなかったので、いい機会かなとも思っております。修正版が読みやすくなっていれば幸いです。--Moke会話) 2015年8月16日 (日) 03:34 (UTC)

Wushiさん、脚注24ポランニーについてです。訳注によると、初出はトロント大学のEx-plorations誌の1957年10月号の論文。訳出には、George Dalton編「Primitive, Archaic and Modern Economies」(1968)の第8章として掲載されたバージョンを用いたそうです。「Trade and Markets in the Early Empires」にも収録されているかもしれませんが、訳注には情報がありませんでした。脚注24ポランニーは、ひとまず(1968)に変更しておきます。--Moke会話) 2015年8月17日 (月) 14:19 (UTC)

  • 賛成 Wushiさんの指摘事項にも対応されているようですし、全体の通史としてはこんな感じではないかと思います。個別の事情についてはもっと詳しく書けるところもあるのだと思いますが、おそらくは、個別の貨幣単位とか国家の記事などで触れた方がバランスがよいのだと思います。なお、良質な記事の選考では「条件付き賛成」の票は無いので、単純なコメントとして扱われることをお知らせしておきます。--Tam0031会話) 2015年8月19日 (水) 13:24 (UTC)
  • コメント 選考終了時点で賛成のみ2票の状態なので、選考期間が2週間自動延長となります。その後、Wushiさんの賛成票が入りましたので、この票から起算して48時間で反対票が無ければ早期終了・通過になります。--Tam0031会話) 2015年8月25日 (火) 11:56 (UTC)

旧帝国銀行広島支店 - ノート[編集]

選考終了日時:2015年8月28日 (金) 15:02 (UTC)

  • (推薦)2015年7月の月間新記事賞をわずか1ポイント差で逃した記事です。--ぱたごん会話) 2015年8月14日 (金) 15:02 (UTC)
  • 賛成 推薦者票 旧銀行の建物、あるいは広島アンデルセンとするべきか、悩むところですが、重要なのは原爆の記念碑としての存在でしょう。広島アンデルセンもwikipediaに収録するに足る主題だと思いますが、広島アンデルセンはアンデルセン (製パン)があるので、原爆の記念碑としての記事は旧帝国銀行広島支店とするべきでしょう。バイト数的には決して大きくはありませんが、何が足りない、何を足すべきと言うことが思いつきません。良質な記事とするに相応しい出来栄えの記事だと考えます--ぱたごん会話) 2015年8月14日 (金) 15:02 (UTC)
  • コメント 歴史の面では一通り書けているのだと思いますが、建物の構造・様式はもう少し突っ込んで書けないものでしょうか。たとえば、建物の幅や奥行、高さは何メートルくらいあって、床面積はどれくらいあって、というようなことは建物の記事では基本だと思います。鉄筋コンクリート建築といいつつ、外壁や内部に石を使ったことが書かれているということは、基本構造が鉄筋コンクリートで表面に意匠として石を用いたということでしょうか。そのあたりももう少し書き加えられれば、と感じました。--Tam0031会話) 2015年8月20日 (木) 16:13 (UTC)


関連項目[編集]