珠流河国造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

珠流河国造(するがのくにみやつこ・するがこくぞう)は駿河国東部を支配した国造。駿河国造とも。

概要[編集]

祖先[編集]

国造本紀』によると、物部連の祖・大新川命の子の片堅石命。成務朝に任じられたという。

『天孫本紀』によると、十市根大連の子で物部胆咋宿祢の弟の、物部片堅石連公が駿河国造の祖という。

氏族[編集]

金刺氏。氏名の由来は欽明天皇の皇居磯城嶋金刺宮(奈良県桜井市)で、同天皇の舎人を出した。ただし同じ金刺舎人姓でも科野国造後裔とは別族。

本拠[編集]

駿河国駿河郡。現在の静岡県沼津市御殿場市裾野市清水町長泉町小山町

氏神[編集]

不明。候補としては桃澤神社(長泉町または沼津市)。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『國史大辭典』(吉川弘文館)
  • 坂本太郎・平野邦雄『日本古代氏族人名辞典』(吉川弘文館)
  • 『日本古代人名辭典』(吉川弘文館)
  • 『日本史広辞典』(山川出版社)
  • 『神道大辞典』(臨川書店)
  • 『日本史総覧』(新人物往来社)