Me 263 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Me263(模型)

Me 263メッサーシュミット263)は、ドイツ第二次世界大戦末期のロケット戦闘機である。

Me 163D もしくは Ju 248 とも称した。

概要[編集]

“ロケット戦闘機”として著名なMe 163コメートの改良型である。橇式だった降着装置は前車輪式の油圧引込脚が装備され、胴体も真円断面構造に変更されている。主翼や尾翼はMe 163Bと同一である。燃料は、過酸化水素水が1,580 ℓ、水化ヒドラジンが830 ℓと増加し航続時間も15分(690 km/h)と延長された。

Me 163はC型に続いてD型の開発が進められたが、リピッシュ技師メッサーシュミット博士の不仲から開発続行が困難になり、一時ユンカース社に製作が移され、Ju 248の名の下に試作が続行された。

主エンジンとしてHWK-109/509C-1を搭載した原型機1機が1944年8月完成したが量産型の生産は再びメッサーシュミット社に移され、これがMe 263と三たび名前が変えられたが、生産型のMe263Aは1機も引渡されないうちに敗戦となった。

スペック[編集]

Me 263 v1

  • 用途: 迎撃戦闘機
  • 乗員: 1 名
  • 全長: 7.89 m
  • 全幅: 9.50 m
  • 全高: 2.50 m
  • 自重: 2,200 kg
  • 翼面積: 17.80 m2
  • エンジン:ヴァルターHWK509C
  • 推力: 2,000 kg+補助推力270 kg
  • 最大速度: 960 km/h
  • 上昇限度: 15,500 m
  • 上昇能力: 15,000 m まで 3.0 min
  • 航続時間: 約 15 分
  • 武装: Mk108 30 mm機関砲×2

その他[編集]

1992年のアメリカ映画、『エイセス/大空の誓い』(原題:Aces: Iron Eagle III )には“メッサーシュミット263”という名称の戦闘機が登場するが、用いられている機体はスケールド・コンポジッツ社がアメリカ軍の進めたLCBAA(Low Cost Battlefield Attack Aircraft:低コスト戦場攻撃航空機)構想に応じて開発・製作した小型単発ターボファンエンジン機であるARES英語版(Scaled Model 151)のデモンストレーション試作機であり、実際にドイツで開発されていたMe263とは全く異なる機体である。

関連項目[編集]