Ar 79 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アラド Ar 79

Arado Ar 79.jpg

アラド Ar 79(Arado Ar 79)は、1930年代ドイツアクロバット可能な複座練習機、ツーリング機である。

Ar 79は引き込み可能な尾輪式降着装置を持った単葉機である。主翼は合板羽布で覆い、前部胴体は鋼管を羽布で覆っており、後部胴体はモノコック構造であった。

運用の歴史[編集]

Ar 79は1938年に幾つかの速度記録を樹立した。

  • 7月15日に単独で1,000kmを平均229.04 km/hで飛行した。
  • 7月29日に2,000 kmを平均227.029 km/hで飛行した。
  • 12月29日から12月31日にかけ、投棄式の106 L 増槽とキャビン背部に520 L増加タンクを装備したAr 79の改造機が、リビアベンガジからインドのガヤー(Gaya)までの6,303 km(3917 マイル)の距離を、平均速度160 km/h(99 mph)にて無着陸飛行した。

要目[編集]

3面図
  • 乗員:2名
  • 全長:7.62 m (25 ft 0 in)
  • 全幅:10.00 m (32 ft 9.5 in)
  • 全高:1.87 m (6 ft 10.5 in)
  • 翼面積:14.00 m2 (150.7 ft2)
  • 空虚重量:460 kg (1014 lb)
  • 運用重量:760 kg (1676 lb)
  • エンジン:1 ×
  • 最大速度:230 km/h (143 mph)
  • 巡航速度:205 km/h (127 mph)
  • 巡航高度:5,500 m (18,040 ft)
  • 航続距離:1,025 km (636 miles)
  • 上昇率 :

出典[編集]

  • Donald, David, ed (1997). The Encyclopedia of World Aircraft. Prospero Books. pp. pg 118. ISBN 1-85605-375-X. 

外部リンク[編集]