ブルガリア空軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1938年 - 1941年の間に使用された国籍識別標
1941年 - 1944年の間に使用された国籍識別標
1944年 - 1946年の間に使用された国籍識別標
1946年 - 1948年の間に使用された国籍識別標
1948年 - 1992年の間に使用された国籍識別標
1992年以降使用されている現代の国籍識別標

ブルガリア空軍(Военновъздушните сили;略称ВВС)は、ブルガリア軍空軍組織である。古くは、第一次世界大戦後に建設され、ナチス・ドイツとの同盟時代、ソ連との協力時代を経て現代に至っている。

組織[編集]

  • 空軍総本部
    • 防空司令部
      • 第3戦闘機航空基地
        • 第1戦闘飛行隊
        • 第2戦闘飛行隊
      • 高射ミサイル旅団×3
      • 電波技術旅団
    • 戦術航空隊司令部
      • 第22攻撃機航空基地
        • 第1攻撃飛行隊
        • 第2攻撃飛行隊
      • 第24ヘリコプター航空基地
        • 第1攻撃ヘリコプター飛行隊
        • 第2輸送ヘリコプター飛行隊
      • 第16輸送機航空基地
        • 第1輸送飛行隊
    • 直轄部隊
      • 中央支援隊
      • 通信大隊
      • 軍事演習場×12
      • 軍事航空管制所

階級[編集]

空軍の階級一覧。

  • 士官:Офицери
    • 将官:Висши офицери
      • 大将:Генерал
      • 中将:Генерал-лейтенант
      • 少将:Генерал-майор
      • 准将:Бригаден генерал
    • 佐官:Старши офицери
      • 大佐;Полковник
      • 中佐:Подполковник
      • 少佐:Майор
    • 尉官:Младши офицери
      • 大尉:Капитан
      • 上級中尉:Старши лейтенант
      • 中尉:Лейтенант
      • 少尉:Младши лейтенант
      • 士官候補生:Офицерски кандидат
  • 下士官:Сержанти
    • 曹長:Старшина
    • 上級軍曹:Старши сержант
    • 軍曹:Сержант
    • 下級軍曹:Младши сержант
  • 兵:Войнишки
    • 上等兵:Ефрейтор
    • 兵卒:Редник

歴代司令官[編集]

空軍司令官
職名 氏名 階級 在任期間 出身校 前職
司令官 シメオン・シメオノフ 少将 2005- 高等空軍学校 空軍参謀長

外部リンク[編集]