ヴォート V-143

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヴォート V-143

V-143の原型となったV-141

V-143の原型となったV-141

ヴォート V-143Vought V-143)はチャンス・ヴォートが開発した試作戦闘機

概要[ソースを編集]

1935年ノースロップ社は戦闘機XFTを基に引き込み式主脚を採用した戦闘機3Aを開発したが、ノースロップ 3Aはセバスキー P-35との競争に敗れた。チャンス・ヴォートは、ノースロップ 3AをV-141として買い取り、戦闘機V-143を開発した。1937年アメリカ陸軍に売り込むため、設計がやり直された。この時、プラット・アンド・ホイットニー R-1535を搭載し、さらに戦闘機としての操作性を高めるため、胴体の延長とSB2U ビンディケーターを参考に尾部の変更がなされている。しかし、アメリカ陸軍はこれを採用しなかったため、長胴型の試作機1機が1937年に研究機として日本へ輸出された。

日本に輸入されたV-143は大日本帝国陸軍大日本帝国海軍によって試験が行われ、格闘性能は九六式艦上戦闘機九七式戦闘機に劣るとされたが、部分的な構造は後の機体の参考とされた。海軍における略符号は「AXV」。

第二次世界大戦の終結後、零式艦上戦闘機が当機のコピーであるという主張が広められた。1942年アリューシャンで鹵獲した零式艦上戦闘機をヴォートの元エンジニアが一目見てほとんど同じ戦闘機であると述べた。しかし、調査が進むにつれ、この2つの戦闘機は機体下面を除いて類似点がなく、零式艦上戦闘機はV-143より1,000ポンドも重く、主翼や尾翼のデザインも異なる上、寸法が一回り大きかった。V-143が日本に輸出されたのが1940年であった[要出典]のに対し、零式艦上戦闘機の設計が行われたのはそれのさらに2年前であることから、現代ではコピーであるとの意見は淘汰された。ただし、V-143の引き込み式主脚の構造は零式艦上戦闘機、九七式艦上攻撃機一式戦闘機の設計に影響を与えたとされている。

諸元[ソースを編集]

  • 全長:7.93 m
  • 全幅:10.40 m
  • 主翼面積:17.38 m2
  • 自重:1,545 kg
  • 全備重量:1,982 kg
  • エンジン:プラット・アンド・ホイットニー R-1535 空冷複列星型14気筒(750 hp) × 1
  • 最大速度:481 km/h
  • 実用上昇限度:9,340 m
  • 航続距離:1,529 km
  • 武装:
    7.7mm固定機関銃 × 2
    爆弾136 kg
  • 乗員:1名

参考文献[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]