Y-10 (航空機・日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Y-10は、大日本帝国海軍が計画した実験機英語版・速度記録機。実機は製作されず、略符号も与えられていない。

概要[編集]

海軍航空廠(空廠)は1939年昭和14年)頃に、長距離飛行の記録機Y-20(のちの銀河)や高高度記録機Y-30(のちの暁雲)と並ぶ、航空機技術の全面的な向上を目的とした実験機群の一つとして、高速実験機Y-10の開発を開始した。その目標は、当時の航空機の速度世界記録を更新することだった。

これは海軍実用機試製計画(実計)の一環として行われ[1]三木忠直技官の主導のもとに基礎設計が進められたが、平行して行われていたY-20改め十五試双発陸上爆撃機の開発が本格化したことを受け、十五試陸爆の開発に人員を集中させるために、図面が作成されたのみの段階で計画は中止された。

脚注[編集]

  1. ^ 機体名称の「Y-10」はこれによる試作番号(実計番号)である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]