磯部式水上飛行機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

磯部式水上飛行機(いそべしきすいじょうひこうき)は、大日本帝国海軍磯部鉄吉機関少佐が製作した水上機滑空機磯部式1号水上飛行機と動力機の磯部式2号水上飛行機の2機が存在した。

概要[編集]

1908年明治41年)から独自に飛行機の研究を開始した磯部少佐は、1910年(明治43年)に磯部式飛行機の特許を受け、翌1911年(明治44年)に第一線である駆逐艦」の機関長から除籍間近の通報艦姉川」機関長に転じ、呉鎮守府にて竹製骨組の水上滑空機である磯部式1号を製作した。しかし、完成した磯部式1号は水雷艇の曳航による発航を行おうとしたものの、設計に不備があり飛行することはできなかった。

この後、磯部少佐は防護巡洋艦音羽」の分隊長に任ぜられて呉から横須賀鎮守府に転属となり、横須賀で動力つきの磯部式2号機の製作に着手した。磯部式2号はアンリ・ファルマン機に近い設計の水上複葉機で、空気袋式の単フロートを有していた。機体は完成したが、1912年(明治45年)6月、白浜海岸で水上滑走中に転覆する事故を起こし、飛行には至らずに終わった。

その後、磯部少佐は海軍を退役し、帝国飛行協会日本グライダー協会の創立に関わったほか、第一次世界大戦時にはパイロットとしてフランス空軍に従軍した。

諸元(磯部式2号)[編集]

  • 全長:8.30 m
  • 全幅:8.00 m
  • 全高:2.70 m
  • 自重:410 kg
  • エンジン:アンザニ 扇型英語版 空冷W型3気筒(25 hp) × 1
  • 乗員:1名

参考文献[編集]