試作単座奇襲機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

試作単座奇襲機(しさくたんざきしゅうき)は、大日本帝国陸軍大日本帝国海軍が共同計画した攻撃機。現地計画機のため計画番号や略符号は存在しない。

概要[編集]

1945年(昭和20年)4月、約250機分が存在した予備の1,000馬力級空冷発動機とプロペラを用いた特殊攻撃機の現地生産計画「南方自活計画」が、シンガポールの陸海軍関係者によって計画された。設計は陸軍司政官として第三航空軍司令部に派遣された東京航空井上真六技師を中心として1945年5月初頭から行われ、陸軍航空技術研究所南方出張所と第一野戦航空修理廠がそれに協力した。機体の製造は1945年6月から開始されたが、第二次世界大戦の終戦によって開発は中止となり、終戦時に組立中だった数組の胴体と翼は廃棄処分された。

機体は鋼管を用いた胴体骨組以外は木製で、主翼と尾翼はキ107のものに近い構造であるが、サイズは機体に併せて拡大されている。エンジンは現地調達品を使用し、固定脚などの各種装備品は破損機のものを利用した。また、降下角60度での急降下爆撃が可能なように設計されていた。

諸元[編集]

  • 全長:8.35 m
  • 全幅:11.35 m
  • 主翼面積:20.0 m2
  • 自重:2,500 kg
  • 離陸重量:3,000 kg
  • エンジン:現地調達品 空冷(1,000 hp級) × 1
  • 武装:250kg爆弾 × 1
  • 乗員:1名

参考文献[編集]