ク10 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ク10は、大日本帝国陸軍が試作した滑空機(グライダー)。開発・製造は前田航研工業によって行われた。

概要[編集]

陸軍航空技術研究所から特殊飛行訓練用の無制限曲技用グライダーの発注を受けた前田航研は、前田健一所長を設計主務者として1942年(昭和17年)初頭にク10の設計を開始した。試作一号機は前田航研の糸島工場で1943年(昭和18年)12月末に完成し、12月25日に元岡飛行場で初飛行した。制式化はなされていないが、1945年(昭和20年)の終戦までに35機が製造され、陸軍に納入された。

ク10は航空機強度規定の第五種機に相当する堅牢な中翼機で、単座の無制限曲技グライダーとしては日本初のものだった。

諸元[編集]

  • 全長:8.28 m
  • 全幅:11.60 m
  • 主翼面積:16.0 m2
  • 自重:320 kg
  • 全備重量:500 kg
  • 最大許容速度:325 km/h
  • 滑空速度:76 km/h
  • 乗員:1名

参考文献[編集]