イ式重爆撃機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

イ式重爆撃機(イしきじゅうばくげきき)は、大日本帝国陸軍イタリアから輸入して使用したフィアット社製のBR.20爆撃機の日本側通称。「イ式」は「イタリア」の「イ」に由来する。1938年(昭和13年)に85機が輸入され、九七式重爆撃機が配備されるまで使用された。連合軍コードネームRuth(ルース)。

輸入[編集]

本機の基になったフィアット BR.20(1939年)。

1937年(昭和12年)7月に日中戦争支那事変)が勃発した際、陸軍が使用できる重爆撃機は時代遅れの九三式重爆撃機しかなく、新鋭後継機である九七重爆の配備にはまだ時間がかかる状態だった。そのため陸軍は中継ぎの爆撃機を輸入して対応する計画を立て、当初はドイツのハインケル He 111の輸入を希望した[1]が、ドイツ軍部の反対で実現せず、イタリアからの輸入に方針を転換した。爆撃機購入使節団は1938年にイタリアに赴き、カプロニ・ベルガマスキ Ca.135と比較審査の上、設計がより先進的だったフィアット BR.20の輸入を決定した。購入費用は、当時の金額で6,000万だった(満州産の大豆とのバーター取引だったという説もある)。

陸軍の発注は100機だったが実際に輸入されたのは85機(88機、72機とも)とされる。輸入機は、イタリア王国軍規格の爆弾・旋回機関銃や各種部品類と共に、1938年1月から順次大連に船便で到着し、直ちに日中戦争に実戦配備された。なお、大連に着いた第一陣の船には、運用指導のためにイタリア空軍やフィアット社の関係者も同乗していた。

戦歴[編集]

BR.20は全金属製(胴体後部は羽布張り)の当時のイタリアの新鋭機で、エンジン、武装とも当時としては強力だったが、設計や構造はイタリア流の大まかなものであり、前線の現地部隊からの評判は余り芳しいものではなかったという。主な欠点としてあげられていたのは、イタリア規格だったための使い辛い武装、航続距離の短さ、エンジン不調による稼動率の低さなどだった。

また1939年(昭和14年)2月、航研機テスト・パイロットとして高名だった藤田雄蔵陸軍航空兵中佐が本機の運用試験で漢口へ向かう途中に敵地に不時着、水路で漢口へ向かう途中に国民革命軍と交戦になり戦死するという事件が起きたことも、本機の不評に影響していると思われる。ただ、不評の原因の多くは日本とイタリアの設計思想、運用思想の相違にあると考えられ[2]、短期間の教練だけでイタリア式の機体を運用するのはやや無理があった。反面、防弾装備や武装が日本機に比べて充実している点は現地部隊にも好評であった。

中でも本機が自衛用として装備していたブレダ SAFAT12.7mm機関砲は陸軍の航空機関砲開発に極めて役立っており、SAFAT12.7mm機関砲と同じ12.7mm×81SR弾を採用したホ103 一式十二・七粍固定機関砲は、一式戦闘機「隼」を筆頭に多くの陸軍機に搭載され太平洋戦争大東亜戦争)における陸軍主力機関砲として広く使用された。

本機は飛行第12戦隊および飛行第98戦隊の重爆戦隊に配備され、蘭州重慶延安などの中国大陸奥地の爆撃に活躍した。第12戦隊はノモンハン事件にも出動している。本機の運用における最大の問題は規格が日本と異なっていることで、日本規格の爆弾を搭載するとスペースに無駄が生じて軽爆撃機程度の搭載量にとどまったという。イタリアより輸入した爆弾や部品が消耗した後は日本製の物が使用できず行動が困難となり、九七式重爆の実戦配備に伴って急速に第一線から姿を消すこととなった。国産化の計画もあったが実現していない。

引退後は、大豆購入代金の代わりに満州国に引き渡されたといわれ、満州の飛行場で雨ざらし状態のままいつしかスクラップ化した。また、国民革命軍空軍に完全な状態で鹵獲され、「天皇からの贈り物」という意味を込めて「みかど一号」と称された機体もあった[3]。なお、連合軍は本機の制式名称が「九八式重爆撃機」、愛称が「Mikado」(帝)であると誤認していた[4]

主要諸元[編集]

  • 全長: 16.10 m
  • 全幅: 21.50 m
  • 全高: 4.30 m
  • 主翼面積: 74.0 m2
  • 重量: 6,500 kg
  • 全備重量: 10,100 kg
  • 発動機: フィアットA80RC41(空冷星型14気筒) ×2
  • 出力: 1,000馬力 ×2
  • 最大速度: 430 km/h(高度 4,100 m)
  • 巡航速度: 350 km/h
  • 航続力: 3,000 km
  • 上昇力: 2,000 mまで 6 分 30 秒、5,000 mまで 18 分
  • 実用上昇限度: 7,200 m
  • 武装: 12.7 mm ×2(機首・後下方各1、旋回)、20 mm ×1(後上方、旋回)、爆弾 1,000 kg
  • 乗員: 6 名

脚注[編集]

  1. ^ 連合軍が日本軍機に与えたコードネームの中に「Bess(ベス)」というものがあり、中島飛行機がHe 111を国産化した「九八式中型爆撃機」としている。もちろん実在しない架空機であり、連合軍側の誤認によるものだが、あるいはこの輸入話と関連しているおそれがある。
  2. ^ 例として、航続性能の悪さが指摘されているが、前述の藤田中佐が乗った機体は、不時着時まで2,500km以上飛行しており、フィアット製エンジンは運用方法による燃費の差が大きかったと言われる。
  3. ^ 中山雅洋『中国的天空 上 沈黙の航空戦史』大日本絵画、2007年、351・352頁。ISBN 978-4-499-22944-9
  4. ^ 歴史群像編集部編『決定版 日本の陸軍機』学研パブリッシング、2011年、103頁。ISBN 978-4-05-606220-5

関連項目[編集]