三型滑走機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三型滑走機(さんがたかっそうき)は、大日本帝国陸軍が開発した地上滑走専用の練習機

経緯[編集]

1919年大正8年)1月に来日した、ジャック=ポール・フォール中佐(日本滞在中の1919年9月13日に大佐に昇進)を団長とする教育団(フランス遣日航空教育軍事使節団)の指導を受け、陸軍は初心者の操縦訓練に飛行不可能な滑走練習機を用いることとし、陸軍航空本部補給部所沢支部でニューポール 81英語版(当時国産化されていた)を原型としたニ式滑走機(後に二型滑走機に改名)と、完全独自設計の三型滑走機を開発した。二型滑走機は所沢支部のほか中島飛行機でも製造され合計15機が完成しているが、三型滑走機は所沢支部のみが製造を行い、1921年(大正10年)から1923年(大正12年)の間に30機が完成している。

1925年(大正14年)を過ぎて己式一型偵察機(アンリオ HD.14英語版ライセンス生産機)の大量配備が始まると、二型および三型滑走機は不用と判断され民間に払い下げられた。民間で使用された三型滑走機の中には、回転腕木からワイヤーで吊るされてサーカスのテント内で見世物とされたものもあったが、テント内に排気ガスが充満し、観客は咳と涙が止まらなかったという。

機体[編集]

三型滑走機は小型軽量の単座単葉機で、木製骨組みに合板および羽布張り、固定脚を持つ。飛行ができないようにするため翼幅はきわめて短かった。エンジンはアンザーニ製の空冷星型3気筒(公称30 hp)を装備。また、後期型は主脚の前部に転覆防止用の橇を有していた。なお、二型滑走機はニューポール 81の主翼を翼幅の短い単葉に変更した機体で、エンジンはノーム製の空冷回転星型7気筒(公称50 hp)だった。

参考文献[編集]

  • 野沢正 『日本航空機総集 立川・陸軍航空工廠・満飛・日国篇』 出版協同社、1980年、128・129頁。全国書誌番号:80027840
  • 野沢正 『日本航空機総集 中島篇』 出版協同社、1963年、52・53頁。全国書誌番号:83032194