囮飛行機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

囮飛行機(おとりひこうき)は、大日本帝国海軍太平洋戦争中に開発・運用した航空機型のデコイ

概要[編集]

1945年昭和20年)3月、連合国軍の機動部隊の艦載機が日本本土に来襲するようになったことを受け、敵機の誤認を誘うために地上に駐機される囮機の製作が急ぎ開始された。うち海軍が正式に開発したものは、海軍の山本晴之技師を主務者として製作が行われ、1945年7月までに零式艦上戦闘機、陸上爆撃機銀河一式陸上攻撃機を模した3種類の開発が完了した。これらの囮飛行機は海軍の航空機のものに従った略符号が与えられており、零戦型のものが「MXY9」、銀河型のものが「MXY10」、一式陸攻型のものが「MXY11」となっている。

製作は落下槽を製作していた天童木工などの工場で行われたが、戦争末期には囮飛行機を製作する余裕も失われた。使用されたものの効果は、終戦後の資料が残されていないため不詳となっている。

機体はいずれも全木製で、胴体は分解可能。胴体・主翼ともに上面のみ合板張りで下面は骨組が剥き出しになっている。また、胴体と主翼の接合部はトラス構造の上に草や枝を被せている。急造が要求されていたため多少の工作不良は認可されていたが、それが平行して製造されていた落下槽の品質悪化をもたらすことにもなった。

また、陸軍四式重爆撃機などを模した木製囮機を製作・使用している[1]

参考文献・出典[編集]

  1. ^ 工藝指導所とは? - 仙台デザイン史博物館公式サイト。2016年11月13日閲覧。