九三式中間練習機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川西 九三式中間練習機

飛行中の九三式陸上中間練習機

飛行中の九三式陸上中間練習機

九三式水上中間練習機 K5Y2

九三式中間練習機(きゅうさんしきちゅうかんれんしゅうき:K5Y[注釈 1]、連合軍コードネームはWillow)は、大日本帝国海軍練習機。日本軍の練習機[注釈 2]は目立つように橙色に塗られていたことから別名「赤とんぼ」と呼ばれていたが、本機はその内の代表的な機体のひとつである。

開発[編集]

昭和初期まで、日本海軍では一〇式艦上偵察機一四式水上偵察機などの旧式になった偵察機などを練習機として運用していたが、老朽化による稼働率の低下に加え、実用機の性能が向上したことによりこれらの機体では能力が不足するようになってきた。そこで海軍では1930年(昭和5年)に海軍航空技術廠(空技廠)で新型の中間練習機の開発に着手し、1931年(昭和6年)に1号機を完成させた。九一式中間練習機と名づけられたこの機体は近代的な機体で高速だったが、安定性に問題があったため量産されずに終わった。

同年11月、この九一式中間練習機の改良型の開発と増加試作川西航空機に指示された。川西では、空技廠と共同で改造に取り組み、1933年(昭和8年)12月に試作1号機が完成した。機体構造が鋼管または木製骨組に羽布張りで後退角の付いた上翼を持つ点は九一式中間練習機と同じだったが、主翼や尾翼の形状の変更、上翼の取り付け位置変更が行われ、実用性向上のため細かい改良がなされていた。審査の結果、安定性、操縦性、実用性とも申し分のない機体となったため、1934年(昭和9年)1月末に九三式中間練習機として正式採用された。

運用[編集]

制式採用後、川西で60機が作られたのを皮切りに、渡辺鉄工所日本飛行機日立航空機中島飛行機三菱重工業などの海軍と関係を持った航空機製造会社のほぼ全てによって大量生産が行なわれた。これは軍が主力企業以外の民間工場にも航空機制作の習熟を行なわせる施策をとっていたための持ち回り当番とされている。九三式中間練習機は海軍のあらゆる練習航空隊に配備され、1945年(昭和20年)の第二次世界大戦終結まで用いられた。安定性・信頼性が非常に高く扱い易いながらも、同時に高等曲技飛行も可能なほどの操縦性を持ち合わせ、多くの練習生がこの機体から巣立っていった。陸上機型の九三式陸上中間練習機(K5Y1)のほかに水上機型の九三式水上中間練習機(K5Y2)も相当数生産され、水上機の搭乗員養成に一役買った。一部の機体は民間でも使われ、訓練飛行や空中写真撮影などに広く用いられた。

また、性能向上をもくろんだ改良型も試作され、川西と渡辺がそれぞれ中島「寿二型改一」(580 hp)装備の十一試水上中間練習機(K6K/K6W)を、空技廠が「天風二一型」(480 hp)装備の九三式水上中間練習機改仮称九三式水上中間練習機一二型・K5Y3)、「天風二一A型」(480 hp)装備の九三式陸上中間練習機改仮称九三式陸上中間練習機一二型・K5Y4)、「天風一五型」(515 hp)装備の仮称九三式陸上中間練習機一三型(K5Y5)を製作したが、いずれも性能が要求に達さず量産化はなされていない。

第二次世界大戦の中期以降、実用機の世界的な性能向上のため、本機を初等練習機として使用することも多くなってきた。陸軍でも、従来は中間練習機とされた九五式一型練習機から初等訓練を始めるようになる。そのほか、931空所属機は対潜哨戒任務の空母艦載機として運用された。戦争末期には制空権を握った敵軍に目立つことから機体上面は作戦機と同じ濃緑色に塗られるようになった。

本機による特別攻撃で撃沈された駆逐艦キャラハン

さらに、本来の実用機の不足を補うため、当機がアルコール燃料でも稼動可能なことから、機体全体を濃緑色で塗装した上に後席に増槽としてドラム缶を装着し、機体強度と発動機推力の限界に近い250 kg爆弾を積み込んでの特攻に駆り出されることとなった[1]芙蓉部隊指揮官美濃部正少佐は、練習機まで特攻に駆り出そうとする軍の方針に反対したが[2]、終戦直前の7月29日に本機7機で編成された「第3龍虎隊」が宮古島から出撃、「第3龍虎隊」は2日に渡ってレーダーピケット艦を攻撃し、突入した7機で駆逐艦 キャラハンを撃沈し、カシンヤング(駆逐艦) 英語版を大破させて、プリチェット(駆逐艦) 英語版ホラス・A・バス(輸送駆逐艦)英語版を損傷させた。この4艦で74名の戦死者と133名の負傷者が生じた[3]

わずか7機の本機に痛撃を被ったアメリカ軍は、練習機での特攻を脅威と認識、効果が大きかった要因を以下のように分析し、高速の新鋭機による特攻と同等以上の警戒を呼び掛けている[4]

  • 木製や布製でありレーダーで探知できる距離が短い。
  • 近接信管が作動しにくい(通常の機体なら半径100フィート(約30m)で作動するが、93式中間練習機では30フィート(約9m)でしか作動しない)。
  • 対空火器のMk.IV20㎜機関砲は、エンジンやタンクといった金属部分に命中しないと信管が作動せずに貫通してしまい効果が薄い。ただし、ボフォース 40mm機関砲は木造部分や羽布張り部分でも有効であった。
  • 非常に機動性が高く、巧みに操縦されていた。

第3龍虎隊の隊員は台湾の龍虎飛行場で元々零戦搭乗員として訓練を受けていたが、零戦が枯渇したため、93式中間練習機で夜間爆撃訓練を受けていた精鋭であり、非常に操縦技術が高かった[5]角田和男少尉によれば、第3龍虎隊の内一部の搭乗員は、不時着による機体破損回数の多い搭乗員や、出撃時何らかの理由で途中引き返した回数の多い搭乗員が懲罰的に選ばれたという[6]

アメリカ側は本機や同じ練習機の白菊九九式艦上爆撃機の様に通常攻撃ではアメリカ軍艦艇を攻撃することすら困難になっていた固定脚等の旧式機が、特攻では戦果を挙げていることを見て「こうした戦術(特攻)は、複葉機やヴァル(九九式艦上爆撃機)のような固定脚の時代遅れの航空機でも作戦に使用できるという付随的な利点があった」と評価していた[7]

本土決戦では、本機を中心とした練習機も特攻機として投入される計画であり、陸海軍の練習機合計4,450機が特攻機用に改修されていた[8]。陸上機、水上機合計5,591機[9]が生産され、この内半数近くは日本飛行機製であったが、製造機数の多さと練習機という任務から、終戦時に残存していた機体数は海軍の機種の中では最も多かった。

戦後インドネシア独立戦争にて九三式中間練習機はインドネシア共和国軍によって練習機等として広く使われた。だが、ほとんどはインドネシア旧宗主国のオランダ空軍による飛行場への爆撃により、1947年(昭和22年)までにはほぼ破壊されてしまった。

要目 (K5Y1)[編集]

  • 翼幅: 10.99 m
  • 全長: 8.05 m
  • 全高: 3.20 m
  • 翼面積: 27.7 m2
  • 自重: 1,000 kg
  • 全備重量:1,500 kg
  • エンジン: 日立「天風一一型」空冷星型9気筒 340 hp × 1
  • 最大速度: 214 km/h
  • 巡航速度: 148 km/h
  • 上昇率: 3,000 m まで 13.5 min
  • 実用上昇限度: 5,700 m
  • 航続距離: 1,017 km
  • 乗員: 2 名
  • 武装:
    • 7.7 mm固定機関銃 × 1
    • 7.7 mm旋回機関銃 × 1
    • 30 kg爆弾 × 2または10 kg爆弾 × 6

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 本来なら、2番目のアルファベットは製造者の川西から「K」のはずだが、九一式中間練習機からの改造ということで「Y」になっている。
  2. ^ 及び一部の試作機。

出典[編集]

  1. ^ 野原茂『囚われの日本軍機秘録』 光人社 2002年 ISBN 4-7698-1075-X
  2. ^ 渡辺洋二 2003, p. 108
  3. ^ ウォーナー 1982b, p. 195
  4. ^ アメリカ合衆国海軍司令部. “Anti-Suicide Action Summary” (英語). アメリカ海軍公式ウェブサイト. 2018年12月31日閲覧。
  5. ^ 加藤浩 2009, p. 430
  6. ^ 角田和男 1990, p. 324
  7. ^ モリソン 2003, p. 429
  8. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 191
  9. ^ 日本飛行機公式ホームページの記載。

参考文献[編集]

関連項目[編集]