天風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

天風(あまかぜ)またはハ13は、第二次世界大戦前に東京瓦斯電気工業が開発・製造した航空機用空冷星型エンジンである。なおハ13甲2型のみ、トヨタ自動車工業が開発・製造した。読みは「てんぷう」ではなく「あまかぜ」と読むのが公式には正しい。

海軍に天風として、陸軍にはハ13として採用され、主に陸海軍の中間・高等練習機に搭載されている。大戦後半の陸海軍統合名称はハ23

性能諸元[編集]

天風一一型[編集]

  • 形式: 空冷単列星型9気筒
  • ボア×ストローク: 130 mm×150 mm
  • 直径: 1236 mm
  • 全長: 1109 mm
  • 乾燥重量: 300 kg
  • 排気量: 17.9 L
  • 圧縮比: 5.2
  • 離昇出力: 340 hp/2100 rpm
  • 公称出力: 300 hp/1800 rpm
  • 搭載機: 九三式中間練習機

天風二一型[編集]

  • 形式: 空冷単列星型9気筒
  • ボア×ストローク: 130 mm×150 mm
  • 直径: mm
  • 全長: mm
  • 乾燥重量: kg
  • 排気量: 17.9 L
  • 圧縮比:
  • 離昇出力: hp/ rpm
  • 公称出力: hp/ rpm
  • 搭載機: 白菊

ハ13(九五式三五〇馬力発動機)[編集]

  • 形式: 空冷単列星型9気筒
  • ボア×ストローク: 130 mm×150 mm
  • 直径: 1208 mm
  • 全長: 1018 mm
  • 乾燥重量: 290 kg
  • 排気量: 17.9 L
  • 圧縮比: 5.3
  • 離昇出力: 380 hp/2100 rpm
  • 公称出力: 350 hp/2000 rpm
  • 搭載機: 九五式一型練習機

ハ13甲(九八式四五〇馬力発動機)[編集]