アツタ (エンジン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国立航空宇宙博物館付属ウドヴァーヘイジー・センターに展示されているアツタ31型

アツタは、第二次世界大戦頃にドイツダイムラー・ベンツで開発・製造されたDB 600DB 601エンジンを、大日本帝国海軍(日本海軍)の指示で愛知航空機ライセンス生産した航空機用エンジンである。DB 600Gをライセンス生産したアツタ11型(海軍略符号:AE2A)、DB 601Aをライセンス生産したアツタ21型 (AE1A)、その性能向上型としてアツタ32型 (AE1P) などがある。艦上爆撃機彗星特殊攻撃機晴嵐に搭載された。なお、日本陸軍の指示で同じくDB 601を国産化したエンジンに川崎航空機ハ40がある。

生産に至るまで[編集]

昭和10年頃、陸海両軍はDB 600の使用を考え、そのライセンス生産品の供給は海軍は愛知飛行機、陸軍は川崎航空機が担当する予定であった。だが、両軍の協議の末、愛知が生産を一手に引き受けることで合意し、ライセンス権の取得交渉は愛知に一本化された。この時点では陸軍も愛知航空機製のものを使用する予定でいた。ところが、日本がハインケル社のHe 118急降下爆撃機を購入したことが交渉に支障をきたすこととなった。DB 600を契約締結前に間接的に入手したことに対してダイムラー・ベンツ社は日本側の姿勢に不信を抱き、結果としてライセンス権の条件の変更を招くこととなってしまった。交渉は難航したものの、ドイツ航空省の仲介により契約は一旦成立した。 ところが、交渉期間中にDB 600の発展型となるDB 601が開発され、そちらのほうが高性能であったため、DB 601を生産する計画に変更した。ベンツ社はライセンスの対象はDB 600のみでDB 601の生産は含まれていないとし、DB 601の生産には新たな契約が必要であるという姿勢を示した。一方、日中戦争の影響で軍用機の生産量が増大した結果、愛知一社の生産では陸海両軍に供給するのは困難という見込みとなった。これらの事情により、液冷エンジンの生産経験を持つ川崎にもDB 601のライセンスを取得させ、陸軍への供給については川崎の生産分を充当することとした。

俗説として、両軍の仲が悪かったがゆえに別々で生産したと言われているが、両軍に供給する企業が別個になってしまった以上、それぞれでライセンス生産権を取得するのは当然である。この件に関しては、軍部側が生産を担当する企業の生産能力を正しく認識していなかったことが混乱を招いたと言える。

国産化の特徴[編集]

アツタ31型の側面
アツタ31型の胴体側

アツタと言えば、ダイムラー・ベンツ DB 601ライセンス品であるアツタ21型や32型が有名だが、一般的に海軍の指示でライセンス生産権を獲得したと言えば、DB 601のことを指すことが多い。ただし、これ以前に海軍の命でDB 600のライセンス権を購入しており、少数だが実際に生産されていた。

原型のDB 601Aエンジンは戦闘機Bf 109にも搭載された液冷エンジンで、ボッシュ直接燃料噴射装置流体継手による無段階変速過給機スーパーチャージャー)を備えた世界最先端の高性能エンジンではあったが、クランク軸に嵌入するコンロッドの大端部にニードルローラーベアリングを採用するなど、極めて精緻な構造となっていた。国産化に当たっては、優秀な技術者がいても、精緻なパーツを生産する最新の工作機械および原材料資源を十分に確保することが出来なかったため、ドイツ本国の設計図通りに精緻な部品を量産することが出来なかった。 それゆえ工作機械を用いた大量生産に向けては、日本の国内事情に合わせた独自の改変を行わざるを得なかった。例えば原型のDB 601が当時の多くの液冷エンジンと同様にエチレングリコールを冷却液に用いていたのに対し、アツタは純水防錆剤等は含まれる)を冷却液に用いる高圧水冷方式に変更していた。特殊な冷却液を必要としないメリットがあったものの、冷却水に高圧をかける関係上、シールなどが不十分だと冷却水漏れが発生しやすいという欠点もあった。

陸軍のハ40同様、戦略物資の使用制限からニッケルの使用量が制限された。但しその制約はハ40の場合よりもやや緩く、当初の生産型であるアツタ21型ではクランクシャフトにニッケルマンガンクロム鋼が使用されている。改良型の32型ではニッケルの入手性の悪化からシリコンマンガンクロム鋼に切り替えており、これが焼入れ性の悪化等に繋がった。愛知では対応策としてクランク軸の焼付処理を長時間化して強度を確保することにしたが、それでも完成品の歩留まりは低かった[1]。結果的にこの工程は生産上の隘路となり、本格生産立ち上がりの遅れにも繋がったが、完成品のアツタは全体的にハ40より程度がよく、整備さえ行き届いていれば空冷エンジンと変わらなかった。事実、半ば遺棄状態であった同エンジン搭載機を集めて編成された「芙蓉部隊」では、整備兵へのきちんとした教育によって戦争末期であるにも関わらず高い稼働率を維持した。

アツタ32型では出力向上の一方、信頼性生産性の向上のために一部補機類(発電機など)を日本製の既存品に交換するなどの措置を受けており、上記クランク軸の材質変更も含め、その相違点は多岐にわたった。21型の生産は1943年(昭和18年)10月度に一旦終息に近い状況になるが、32型の本格的な生産立ち上がりは翌1944年(昭和19年)3月以降となってしまった。21型の生産は1944年(昭和19年)1月から再び増加し、5月まで月産二桁の生産が続けられたが、この1943年(昭和18年)度後半のアツタ生産の減少が彗星の生産滞留機、所謂「首無し機」の大量出現、ひいては空冷型彗星の出現の一端となった[1]。32型の生産立ち上がり以降は生産数は安定した。愛知航空機では1944年(昭和19年)7月から空冷型である彗星33型の生産を開始し、翌月をもって水冷型彗星の生産を停止したが、アツタ32型自体の生産は続行され、第11海軍航空廠(第11空廠)生産機や他機種の搭載分、あるいは既生産機の補用品として、大戦末期まで一定のペースで生産が続けられた。

最終的な生産数は21型835基、32型863基であった[2](水冷型彗星は愛知で11型705機、12型が281機、他に第11空廠で約430機、また32型を搭載した特殊攻撃機晴嵐は28機ほど生産されている[3])。同様にオリジナルのDB 601を基礎とするハ40から発展したハ140の絶望的としかいいようのない生産状況とは全くといっていいほど対照的となっている。

なお、愛知はDB 600を経てDB 601の生産に着手したため、DB 600の時にエンジンの構造を習熟でき、発展型のDB 601にそれを生かすことができたことやアツタを積んだ二式艦上偵察機の生産などでアツタを実際に生産する経験ができたこと、DB 601の量産が本格化するまで準備期間があったなど、生産初期で起きる問題を減らすことができたことも信頼性の差に繋がったと考えられる。

主要諸元[編集]

※使用単位についてはWikipedia:ウィキプロジェクト 航空/物理単位も参照

アツタ21型 (AE1A)[編集]

  • タイプ:液冷倒立V型12気筒
  • ボア×ストローク:150 mm×160 mm
  • 排気量:33.93 L
  • 全長:2,097 mm
  • 全幅:712 mm
  • 乾燥重量:655 kg
  • 燃料供給方式:燃料直接噴射式
  • 過給機:遠心式軸駆動式過給器1段流体継手無段階変速
  • 離昇出力
  • 公称出力
    • 一速全開 1,010 hp/2,400 RPM(高度1,500 m)
    • 二速全開 970 hp/2,400 RPM(高度4,500 m)

アツタ32型 (AE1P)[編集]

  • 乾燥重量:722 kg
  • 離昇馬力
    • 1,400 hp/2,800 RPM
  • 公称馬力
    • 一速全開 1,310 hp/2,600 RPM(高度2,000 m)
    • 二速全開 1,300 hp/2,600 RPM(高度5,000 m)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「世界の傑作機 No.69 彗星」73頁。
  2. ^ 「世界の傑作機 No.69 彗星」72頁。
  3. ^ 「世界の傑作機 No.69 彗星」21頁。

参考文献[編集]

  • 『歴史群像 太平洋戦史シリーズ56 大戦末期航空決戦兵器 橘花、火龍、秋水、キ74……幻のつばさ2』(学習研究社、2006年)ISBN 4-05-604536-4
古峰文三「ダイムラーベンツ「DB601」発動機と日本陸海軍」pp. 136 - 147
  • 『世界の傑作機 No.69 海軍艦上爆撃機「彗星」』(文林堂、1998年)ISBN 4-89319-066-0
渡辺哲国「アツタ・エンジンの栞 ダイムラー・ベンツDB601A国産化ストーリー」pp. 68 - 73