ハ42 (エンジン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ハ42は、第二次世界大戦期に三菱重工業が開発・製造した航空機空冷星型エンジン

概要[編集]

日本初の空冷18気筒エンジン。同じく三菱の空冷14気筒の火星を18気筒化したもの。昭和14年に計画され、昭和14年8月に初号機が完成。昭和15年6月に審査運転を終了。陸軍にはハ104として採用され、四式重爆撃機などに搭載されることとなった。性能向上型として水メタノール噴射装置を導入したハ114が試作されたが物にならず(本エンジンの元になった火星においても水メタノール噴射を導入した二◯型は不調を起こしやすかったという)、そのため再設計したハ214があるが、こちらはごく少数が試作されたのみである。ハ42は陸海軍統合名称であるが、海軍において2,000馬力級の主力エンジンは小型のであったため、大型のハ42は結局、海軍機には採用されなかった。

主要諸元[編集]

ハ42-11(ハ104)[編集]

  • タイプ:空冷星型18気筒
  • ボア×ストローク:150 mm×170 mm
  • 排気量:54.1 L
  • 全長:1,842 mm
  • 全幅:1,370 mm
  • 乾燥重量:944 kg
  • 燃料供給方式:キャブレター
  • 圧縮比:6.5
  • 過給機:遠心式スーパーチャージャー1段2速
  • 離昇馬力 
    • 1,900 hp/2,450 rpm / ブースト+270 mmhg
  • 公称馬力 
    • 一速全開 1,810 hp/2,300 rpm / ブースト+180 mmhg(高度2,200 m)
    • 二速全開 1,610 hp/2,300 rpm / ブースト+180 mmhg(高度6,100 m)

ハ42-21(ハ214)[編集]

ハ42-21ル(ハ214ル)[編集]

ハ42-31(ハ214フ)[編集]

参考文献[編集]

  • 日本航空学術史編集委員会編『日本航空学術史』
  • 松岡久光『三菱航空エンジン史』三樹書房、2005年9月