ATREX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ATREXAir Turbo Ramjet EXpander cycle )エンジンは、宇宙科学研究所(ISAS)を中心に研究開発された、エキスパンダーサイクル(EX)を特徴とするエアターボ・ラムジェットエンジン(ATR)である。

概要[編集]

低速ではターボジェット、高速ではラムジェットとして駆動する可変サイクルエンジンである。この種の民生用エンジンとしては世界で唯一研究開発が行われているものであり、静止時からマッハ6までの速度域で駆動が可能であること等が特長である。燃料液体水素を用いるエアブリージングのジェットエンジンであり、圧縮した空気やノズルなどの冷却に液体水素を使用し、その水素を用いてチップタービンとターボポンプを駆動するというエキスパンダーサイクルを採用している。

当初はATRとして二段式宇宙輸送機(TSTO)第1段等への使用を検討する目的として1988年に研究開発が開始されたものであり、1992年にエキスパンダーサイクルを採用しATREXに(発展的に)変更された。

2008年の時点で、推力500kgfのサブスケールエンジンを用いた地上燃焼試験等に成功しており、その時点での想定ロードマップでは、2010年代の飛行実証を経て、2025年以降の実用化、としていた。

エンジン構成[編集]

大きく分けて可変インテーク、プリクーラー、コアエンジン、ラム燃焼器、可変ノズルの5つの部分から構成される。

研究開発体制[編集]

ATREXの研究開発には様々な機関や企業が関わっている。

研究機関
企業
  • IHI - エンジンシステムとプラグノズルの開発
  • 川崎重工業 - プリクーラー付エアインテークの開発
  • 三菱重工業 - 飛翔実験機と2段式スペースプレーンの研究
  • EADS - C/C複合材と再生冷却燃焼器の開発

ATR[編集]

その後の、日本における極超音速を想定したATR系エンジンの研究開発には、以下がようなものがある。

  • 炭化水素系燃料と液体酸素を併用する、ガスジェネレータサイクルに構成を変更したGG-ATRエンジンの研究開発が室蘭工業大学航空宇宙機システム研究センターを中心に行われている[1]
  • JAXAの航空技術部門(旧NAL)を中心に、「極超音速旅客機技術」(「静粛超音速機技術」(D-SEND)とは別)の[2]要素技術として、水素燃料の「極超音速ターボジェット」の研究開発が行われている。

[編集]

  1. ^ 超音速無人実験機のエンジンに関する研究
  2. ^ 極超音速旅客機技術

関連項目[編集]

外部リンク[編集]