白菊 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
徳島海軍航空隊所属の白菊
緑十字飛行に使用された白菊

機上作業練習機白菊(しらぎく)は、第二次世界大戦中期から日本海軍で使用された練習機である。開発・製造は九州飛行機で、機体略番はK11W九〇式機上作業練習機の後継機として昭和17年に制式採用され終戦まで使用された。大戦末期には特攻機として使用された機体もあった。

開発[編集]

機上作業練習機とは、艦上攻撃機艦上爆撃機陸上攻撃機観測機のような多座機における操縦員以外の乗員の任務である航法、通信、爆撃、射撃、写真撮影、観測などの訓練を行うための機体である。 日本海軍では、操縦員以外でこれら任務を行う飛行機搭乗員を一括して「偵察員」と呼び、複座機や大型機の比率が多かったため、偵察員は操縦員と同数ぐらい必要であった。 海軍初の機上作業練習機である九〇式機上作業練習機は昭和6年から使用され続けていたが、太平洋戦争突入の頃になると流石に性能的に不満が出てきた。そこで海軍は昭和16年に後継機の開発を渡辺鉄工所(後の九州飛行機)に指示した。

渡辺では昭和16年6月から設計を開始し、昭和17年11月に試作第1号機を完成させた。全金属製モノコック構造の胴体に木製骨組み合板張りの主翼を有した中翼単葉機で、主脚は固定式、エンジンは515hpの日立天風を1基搭載していた。角型断面のやや幅広の胴体には、操縦員1名の他、教官と3名の練習生を搭乗させることが可能で、座席の配置は訓練の内容によって変更可能であった。テストの結果若干の安定性不良が指摘されたが改修可能で、昭和18年試製白菊(K11W1)として量産が開始された。

その後、教官席を廃止し代わりに練習生の搭乗人数を増加させた試製白菊改(K11W2)が試作され、昭和19年3月に試製白菊共々制式採用された。その際、試製白菊は「白菊11型」、試製白菊改は「白菊21型」と呼ばれるようになった。

運用[編集]

安定性や操縦性が良好で、機内スペースが広く汎用性に優れた機体だったため、戦争末期の練習航空隊には本機が必ずと言ってよいくらい配置され、終戦まで活躍した。また、近距離輸送や連絡、対潜哨戒等の任務でも利用された。燃料は「八〇丙」と呼ばれるオクタン価80のアルコール燃料を使用していた。大戦末期には特攻機として使用され、沖縄戦に出撃した。製造機数は798機で、終戦時には370機以上が残存していた。これは、九三式中間練習機、零式艦上戦闘機、紫電・紫電改に続く数であった。一部は緑十字飛行に利用された。

白菊特攻隊[編集]

白菊の特攻で撃沈された駆逐艦ドレクスラー
白菊の特攻で1隻撃沈され1隻大破廃棄されたLSM-1級中型揚陸艦(手前)、写真は同型艦LSM-152

1945年1月8日に大本営が全軍特攻を決定すると、全国の練習航空隊に通常の搭乗員訓練を止め、特攻隊を編成するように命令が下された[1]。 練習機により特攻は、白菊を装備する高知空(菊水白菊隊)、徳島空(徳島白菊隊)、大井空(八洲隊)、鈴鹿空(若菊隊)で実施される事となり、まずは高知空と徳島空で特攻志願者の募集が開始された[2]。当初の設計では機体が大きい白菊の機内の床に板を置いて、そこに250kg爆弾2発をワイヤーで縛って固定するという乱暴なものであったが、最終的には、250kg爆弾を両翼に1発ずつ懸架し、操縦席計器板に信管の安全装置を解除するレバーを装着するよう改造され、エンジンカバーの上に照準器が装着された[3]。航続距離を延伸するために胴体内の後部席に零戦用の増槽を取り付け、通常は480リットルである搭載燃料を700リットル弱まで増加させた。これらの改造により、通常時より大幅に重量が増加し、離陸すら困難となったため、訓練は離陸を中心に行われた[4]。 またこの状態での最高速度は時速180㎞程度と低速になり、この白菊で特攻出撃させられることに隊員らに戸惑いがあったという[5]

白菊特攻は沖縄戦に投入されることとなり、菊水七号作戦中の昭和20年5月24日の夜間に初の白菊特攻隊、第一次白菊隊14機が串良の航空基地から出撃した。故障や不時着の3機を除き11機が未帰還となったが、一部が敵艦隊に到達している。沖縄戦で特攻を指揮した第5航空艦隊司令部はアメリカ軍の無電を傍受しており、「時速160㎞~170㎞の日本軍機に追尾されている。」というアメリカ軍の駆逐艦の無電を聞いた一人の幕僚が、「駆逐艦の方がのろい白菊を追いかけているんだろう。」と笑う有様で[6]、第5航空艦隊司令官宇垣纏中将も「夜間は兎も角昼間敵戦闘機に会して一たまりもなき情なき事なり(中略)数あれど之に大なる期待はかけ難し。」と白菊特攻について厳しい評価を下し、夜間や黎明に限定して投入することとしている[7]

その後も白菊は、沖縄戦終結後の1945年6月25日まで、のべ115機が出撃し56機が未帰還となったが[8]、1945年5月28日に駆逐艦ドレクスラー[9]、1945年6月21日に輸送駆逐艦(高速輸送艦)バリーLSM-1級中型揚陸艦 LSM-59の合計3隻を撃沈し[10]、1945年5月29日にシュブリック(駆逐艦) 英語版[注釈 1][12]、1945年6月21日に中型揚陸艦LSM-213の2隻を大破させ[13]、その後両艦は修理が断念されて、スクラップとなった[14]。その他にも数隻を損傷させるなど、宇垣ら第5航空艦隊司令部の低い評価を覆す戦果を挙げている。通常は戦力とはならない練習機が、それも夜間攻撃で戦果を挙げている事に対して敵のアメリカ軍は警戒を強めていた[15]。しかし、白菊は軽量化のために編隊長機にしか無線が搭載されておらず、日本軍は白菊特攻の戦果をほとんど把握できていなかった[16]

それでも、海軍は稼働機全てを特攻出撃させるつもりで、本土決戦でも大量の白菊を特攻出撃させる計画であったが、終戦により実現することはなかった[17]。白菊特攻で徳島空で56名、高知空で52名の合計108名が戦死した[18]。責任を重く感じていた高知空司令の加藤秀吉大佐は、副官らが自決しないよう軍刀や拳銃を取り上げたにも関わらず、井戸に飛び込んで自決してしまった。徳島空でも3名の予備士官が自決した[19]

なお、TVドラマ「水戸黄門」の第14部から第21部まで9年間徳川光圀役を務めた俳優・西村晃は、徳島白菊隊の特攻隊員である。しかし、出撃機不良で基地に引き返し終戦を迎えた。また、この特攻隊での同僚には裏千家15代家元の千玄室がおり、西村の親友である[20]

南海[編集]

海軍では本機の汎用性に目をつけ、本機をベースとした対潜哨戒機の開発を計画した。南海(Q3W1)と名づけられたこの機体は、白菊の機体を大型化し主脚を引き込み式にした全木製機となるはずだった。しかし、終戦により本機は計画だけで終わった。

スペック[編集]

  • 全幅: 14.98 m
  • 全長: 9.98 m
  • 全高: 3.10 m
  • 機体重量: 2,569 kg
  • エンジン: 日立 天風21型 空冷9気筒 515 hp
  • 最大速度: 230 km/h
  • 航続距離: 1,176 km
  • 武装
    • 7.7mm機関銃×1
    • 爆弾60kg (30kg×2)
  • 乗員: 5名

書籍[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ シュブリックに突入した機体の機種は公式記録上は不明であるが、シュブリックが特攻された時間、5月29日0:13に沖縄に突入した航空機は、28日19:13から夜間出撃した第三次白菊隊11機以外になく(白菊は沖縄到達まで約5時間の飛行時間)白菊の戦果と推定される[11]

出典[編集]

外部リンク[編集]