高知海軍航空隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大日本帝国海軍
大日本帝国海軍旗
官衙
海軍省
軍令部
艦政本部
航空本部
外局等一覧
地方組織
鎮守府
警備府
要港部
艦隊
連合艦隊
北東方面艦隊
中部太平洋方面艦隊
南東方面艦隊
南西方面艦隊
第十方面艦隊
支那方面艦隊
海上護衛総司令部
海軍総隊
他作戦部隊
海軍航空隊
海軍陸戦隊
主要機関
学校一覧
歴史・伝統
日本海軍の歴史
日本海軍の軍服
その他
階級一覧
艦艇一覧
兵装一覧
 表示ノート編集履歴 

高知海軍航空隊(こうちかいぐんこうくうたい)は、日本海軍の部隊の一つ。偵察専修搭乗員の教育を推進するため、偵察機に搭乗するまでの初歩練習を推進した。しかし決戦体制に移行した昭和20年3月以降は、特攻実施部隊となって沖縄戦に参加した。 

沿革[編集]

  • 昭和19年(1944年)
3月15日 開隊、練習連合航空総隊第十三連合航空隊隷下。
4月1日 乙飛18期偵察専修生300名(三重海軍航空隊卒)入隊。
5月25日 甲飛13期偵察専修生450名(鹿児島海軍航空隊松山海軍航空隊卒)入隊。
7月25日 甲飛13期偵察専修生350名(鹿児島空・松山海軍航空隊宇和島分遣隊卒)入隊。
8月1日 甲飛13期偵察専修生130名(鹿児島空卒)入隊。
9月1日 甲飛13期偵察専修生210名(松山空卒)入隊。
10月14日 飛行訓練中の白菊2機が接触墜落、
11月1日 甲飛13期偵察専修生450名(三重海軍航空隊奈良分遣隊卒)入隊。
  • 昭和20年(1945年)
3月1日 作戦実施部隊に改編、第五航空艦隊指揮下に入る。飛行教育凍結。
4月1日 第三航空艦隊第十二航空戦隊に転籍。
5月5日 白菊全機を特攻機に指定、特攻訓練開始。
5月22日 特攻隊、鹿屋飛行場に進出。
5月24日 「菊水七号作戦」発動。徳島海軍航空隊と共同で白菊20機出撃。揚陸艦・輸送駆逐艦各1撃破、8機未帰還。
5月25日 「菊水七号作戦」続行。徳島空と共同で出撃したが、天候不良で断念。1機未帰還。
5月27日 「菊水八号作戦」発動。白菊20機出撃。駆逐艦ドレクスラー」撃沈。11機未帰還。
6月21日 「菊水十号作戦」発動。白菊8機出撃。揚陸艦1隻撃沈。5機未帰還。
6月25日 徳島空の「神風特攻隊徳島第五白菊隊」に2機協力。戦果なし、2機とも未帰還。
6月26日 鹿屋飛行場白菊隊、全機出撃。戦果なし。高知空の白菊1機未帰還。

 以後、高知空からの特攻隊派遣、出撃はなかった。菊水作戦終了後、高知空では約60機の白菊が残存していて、その半数を新設の窪川飛行場(高知第三基地とも。当時の幡多郡窪川町大字宮内)に派遣して、飛行訓練を行った。なお、飛行練習生たちは陣地構築や陸戦訓練を行った。

8月20日 解隊

 連合軍の施設接収はサンフランシスコ講和条約まで続く。以後、高知空港として民間に開放されている。「高知龍馬空港」の愛称で親しまれている一方、高知空時代の掩体壕が7基現存していることでも知られている。

主力機種[編集]

歴代司令[編集]

  • 山本栄:昭和19年3月15日-
  • 加藤秀吉 大佐:昭和19年7月10日-8月20日解隊

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『日本海軍編制事典』(芙蓉書房出版 2003年)
  • 『航空隊戦史』(新人物往来社 2001年)
  • 『日本海軍航空史2』(時事通信社 1969年)
  • 『戦史叢書 海軍航空概史』(朝雲新聞社 1976年)
  • 『連合艦隊海空戦戦闘詳報別巻1』(アテネ書房 1996年)