彩雲 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中島 C6N 彩雲

NakajimaC6N.JPG

彩雲(さいうん)とは、太平洋戦争中期から運用された大日本帝国海軍艦上偵察機である。略符号はC6N。第二次世界大戦中では唯一、偵察専用として開発された艦上機である。米軍によるコードネームは「MYRT」。「彩雲」とは、虹色に輝く雲を意味する吉兆天象である。

開発経緯[編集]

第二次世界大戦の開戦前、艦上偵察機の開発は世界的に見てもほとんどなされていない分野であったと言える。搭載機数が限られた空母に偵察専門の機体を置く必要は無いと考えられており、各国ともに艦上戦闘機艦上爆撃機などが索敵や偵察を兼務することがほとんどであった。日本海軍でも真珠湾攻撃ミッドウェー海戦では主に戦艦、巡洋艦搭載の水上偵察機が用いられた。

日本海軍の艦上偵察機の歴史は、1921年(大正10年)初の国産偵察機として一〇式艦上偵察機[注釈 1]を製作したことに始まる。しかし、1924年(大正13年)試作の一三式艦上攻撃機以降、艦上攻撃機が三座化され艦上偵察機としての任務をも負うようになったため、専用の艦上偵察機の新規開発は行われなくなり、戦略偵察は陸軍九七式司令部偵察機の海軍向け仕様である九八式陸上偵察機などの陸上機が受け持った。一時期、実験的に九七式艦上偵察機が試作されたこともあったが、同時に制式採用された九七式艦上攻撃機と大して性能が変わらないので大規模な生産は行なわれなかった。しかし広大な洋上では高速偵察を行える艦上偵察機が必要になり、1942年(昭和17年)、海軍は十三試艦上爆撃機彗星を「二式艦上偵察機」として採用すると共に、実用機試製計画番号N-50として中島飛行機で試製が予定されていた機体を「十七試艦上偵察機」として試作発注することとなった。

中島では、1942年6月に試作に着手。誉一一型を搭載した試作機は1943年(昭和18年)に完成したが、速度性能その他を満たしていなかったため、誉二一型を搭載すると共に、層流翼等を採用。改良型は試験時に639km/hと、当時の日本海軍航空機で最高速度を記録している。

長距離かつ高速の戦略偵察[要出典]を企図した航空機として、陸軍の一〇〇式司令部偵察機「新司偵」と好一対をなす機体である[要出典]

構造[編集]

機体[編集]

直線的な細長い胴体と大径プロペラ、長い主脚が特徴のスマートな機体で、艦載機という条件の中で、高速性能を持たせた設計に特徴がある。高速性能を得るため、空気抵抗を減らすことに重点が置かれており、胴体はエンジンカウリングの直径そのままの直線的な構成で、前面投影面積を減らしている。高速性能を重視し面積を低くおさえた主翼には、当時はまだ研究が進んでいなかったが空力的に優れた層流翼を採用している。さらに機体表面に厚い外版を用いることで撓みを低減し、空気抵抗を減らしている。同じ3座タイプである天山艦上攻撃機と比較し、彩雲の長い主脚は破損しやすく(整備不良の陸上基地での運用がその要因ではあるが)、着陸時の3点姿勢が高くなり前方視界が遮られる点、大径プロペラの反トルクが大きい点、機の失速限界速度が高い点などから、着陸は難しかったと言われている。

艦載機として短距離で離陸する為の加速力を得るために長直径のプロペラに見合った長い主脚を採用した。翼面積の少ない主翼には、低速時と燃料タンクによる翼面荷重の増加対策に、前縁スラットや親子式のファウラーフラップを採用し、最大揚力を得ている。また、機体寸法を空母の昇降機の許容範囲に合わせて、全長を11mにおさえるため、垂直尾翼の後縁を3点姿勢で垂直とした。また主翼を畳まない事で構造が簡略化でき、主翼の80%にインテグラルタンクを配置して、増槽無しでも3,000kmを飛行できた。これは鹿児島県鹿屋基地からタイスワンナプーム基地まで無給油で飛行できるようにとの軍部の要求を満たした[要出典]

エンジン[編集]

発動機は二重星型18気筒の空冷式で、高馬力で軽量、小直径のを選択。要求性能を達成するには、高度6,000mで2,000馬力の出力が必要であったが、誉は高度6,000mでは1,600馬力しか発揮できず、残り400馬力の不足分を機体設計と推力式単排気管によるロケット効果で補う形となった。

武装[編集]

初期量産型は固定武装を一切装備していなかったが、量産型にはドイツのMG 15 機関銃ライセンス生産した一式旋回機銃を後部座席に装備した。一式7.9粍機銃は1,000発/分の発射速度を有し、それまでの九二式旋回機銃よりも40%も発射速度が速かった。

運用[編集]

第三〇二海軍航空隊の彩雲。風防中央に斜め銃が突き出している。

1944年(昭和19年)9月に、艦上偵察機「彩雲」(C6N1)として正式採用となるが、これは手続き上のことであり、量産機はすでに6月から実戦配備されていた。その後日本海軍の空母運用の方針が変更したために、陸上偵察機として運用されメジュロ環礁サイパン島ウルシー環礁などへの状況偵察を行っている。その際、追撃してきたF6Fを振り切ったときに発した「我ニ追イツクグラマン無シ」(「我ニ追イツク敵機無シ」だったという説もある)の電文は、本機の高速性能を示す有名なエピソードである[注釈 2]

彩雲が空母艦載運用であげた戦果は無いが、本機はマリアナ諸島東方哨戒、房総半島東南方哨戒に活躍した。戦争末期に連合国軍艦隊の所在確認が可能な唯一の手段が、彩雲や特設監視艇による哨戒と強行偵察であった。戦局が悪化してくると、戦略・戦術偵察の任務は減り、かわりに戦果確認や編隊誘導等の任務が増えていった。局地戦闘機紫電改」を装備した部隊である第三四三海軍航空隊(「剣」部隊)の偵察飛行隊でも、1945年(昭和20年)3月19日の松山上空での大空中戦などの際に有効に使用されたが、特攻隊に従事する任務も請け負った。また、高高度性能の良さを活かし、斜銃を搭載した形式が存在する。夜間戦闘機としてB-29迎撃のため、30mmの大口径斜銃を搭載した機体も製作された。これは射撃時の反動が大きく、機体は激しい反動衝撃を受けたが、3 - 4発の命中でB-29に致命的打撃を与えることが期待された。しかし威力を発揮する前に終戦を迎えた。

試作段階では高速を発揮した彩雲だったが、量産機は610km/h程度ないしそれ以下の最高速度にとどまっている。原因として、品質の低下したエンジンオイルや構成部品、低オクタン価のガソリン、またエンジン用特殊鋼の不足(さらには代替鋼すら不足)があげられる。

ターボチャージャーを付けて高空性能等を高めた機体は、試作段階で終戦を迎えた。

しかし、当時の艦載機としては世界的な技術水準にあり[注釈 3]、優秀機として温存され、終戦時には総生産機数398機の半数近い173機が本土に残存していた。製作は中島飛行機のほかに日本飛行機でも行なわれた。

第七二三海軍航空隊[編集]

彩雲は末期まで純粋な偵察機として運用されてきたが、本土決戦が現実化してくると、特別攻撃隊用の特攻機として運用することも考えられるようになった。彩雲の特攻実施に向けて編成されたのが第七二三海軍航空隊(以下、「723空」とする)である。昭和20年6月1日、青木武大佐が司令に任じられ、原隊は横須賀飛行場と定められ、同地で開隊した。定数は彩雲96機である。

爆装飛行訓練は木更津飛行場で実施された。彩雲の高速性能を活かした特攻をもくろんで編成されたが、爆装を施すと時速500km/hを出すのが精一杯だったと言われる。さらに運動性も大きく下がり、彩雲の特性は全く活かせなかった。このため昼間特攻は絶望視され、薄暮特攻を8月中旬に実施できるところまで練度を上げることが目標とされた。定員に達することはなかったものの、数がそろっている723空から彩雲の転用を望む実施部隊は多かったが、連合艦隊附属であったため、実施部隊の要求はことごとく退けられた。

訓練は相次ぐ空襲のために遅々として進まず、7月下旬には723空自体が索敵任務に借り出される状況となった。訓練未了のまま終戦を迎え、723空の特攻は実施する機会を失った。

海軍最速機[編集]

誉エンジンを搭載した他の日本機の例に漏れず、彩雲も戦後、アメリカ軍によって高オクタン価ガソリンと、アメリカ軍仕様のエンジンオイルを使用し性能テストが行われると、日本側の数値を遥かに超える性能を発揮した。アメリカ軍が計測した彩雲の最高速度は694.5km/hで、たとえ全備重量状態ではなかったにせよ、この数値は第二次世界大戦中、日本海軍が実用化した航空機の中でも最速記録であった。

なお純然たる日本軍(陸海軍)最速機としては、陸軍の試作長距離戦闘機キ83が戦後アメリカ軍のテストにおいて762km/h/7,000mを記録、これが第一位となる。なお、同じく誉(ハ45)エンジンを搭載する陸軍の四式戦闘機「疾風」は、アメリカ軍のテストにおいて戦闘重量(3,397kg)を再現した状態で687km/h/6,096mを記録している。

仕様(彩雲一一型)[編集]

  • 開発記号: C6N1
  • 全長: 11.15m
  • 全幅: 12.50m
  • 全高: 3.96m
  • 主翼面積: 25.50m2
  • 発動機: 誉二一型空冷複星18気筒エンジン
  • 出力: 1,990HP
  • 空虚重量: 2.908kg
  • 正規全備重量: 4,500kg
  • 過荷重量: 5,274kg
  • 最大速度: 609km/h 6,100m
  • 巡航速度: 388km/h 4,000m
  • 航続距離: 5,308km(増槽装備時)
  • 実用上昇限度: 10,740m
  • 上昇率: 6,000mまで8分09秒
  • 武装: 7.92mm機銃×1
  • 乗員: 3名

現存機[編集]

総生産数が少ないため、アメリカの資料館に一機あるのみで日本国内にはパーツも残っていないとされていたが、長野県飯田市の民家に発動機のカウリングが残っていたことが確認された[2]。このカウリングは中島飛行機半田製作所の後身として現在も存続している愛知県半田市の部品メーカー輸送機工業が引き取って保存することとなり、一般公開も検討されている[3]。 2015年12月、ミクロネシア連邦チューク州ウエノ島(戦時中は「春島」と称した)の近海、海底15mに沈む航空機が水中写真家の戸村裕行によるOCEAN PLANETのチームにより撮影され、2016年4月、潮書房「丸」の鑑定により彩雲であると発表された。エンジン部分が無く、一部に破損は見られるもの綺麗な形で残っている。これはチュークのダイビングマップには長らく艦上攻撃機である天山と記載されていたもの。その後、海外のサイトなどでは既にこの航空機が彩雲であると記録しているものが発見され、それによるとこの機体はこの場所に廃棄されたものであるとの事である。

参考文献[編集]

  • 雑誌「」編集部 編『保存版 軍用機メカ・シリーズ3 彩雲/零水偵』(光人社、1993年) ISBN 4769806337
  • 雑誌「丸」編集部 編『日本陸海軍航空機一覧』(光人社、1957年) I.B.M 8325
  • 月刊「丸」 2016年 6月号 海底のレクイエム23 春島の高速艦偵「彩雲」(潮書房光人社、発売年月日:2016年7月27日) 雑誌コード:雑誌08307-06
  • 木村秀政・田中祥一『日本の名機100選』文春文庫 1997年 ISBN 4-16-810203-3
  • 『陰で支えた軍用機』(光人社、2004年) ISBN 4769824300
  • 『世界の傑作機 No.108 艦上偵察機「彩雲」』(文林堂、2005年) ISBN 4893191195

登場作品[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 採用当時は十年式艦上偵察機
  2. ^ 基地に帰投後、上官から「余計な電文を打つな」と叱られたというオチも伝えられている(碇義朗『新司偵』)
  3. ^ 艦上偵察機だったが、艦載機として使われたことはない

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 野沢正 『日本航空機総集 中島篇』 出版協同社、1963年、222頁。全国書誌番号:83032194
  2. ^ 中日新聞2012年3月29日朝刊11版38面の記事より
  3. ^ 中日新聞2012年4月25日朝刊11版32面の記事より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

富士重工業カレンダー掲載の彩雲イラスト