戦場まんがシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

戦場まんがシリーズ』(せんじょうまんがシリーズ)は、松本零士の代表作の一つで、第二次世界大戦をベースにした短編漫画集。本項では、これを原作としたOVA作品『ザ・コクピット』についても併せて記述する。

解説[編集]

「戦場まんがシリーズ」と呼ぶ場合、本来は小学館の『週刊少年サンデー』に不定期連載されたものを指すが、少年サンデーコミックスには、『ビッグコミックオリジナル』掲載の「ザ・コクピット」シリーズや、過去に『プレイコミック』に掲載された短編も収載されており、後に少年サンデーコミックスではまとめて「戦場まんが」と名付けている。実際には「わが青春のアルカディア」以降の単行本は、ほとんどザ・コクピットシリーズの作品である。また、「戦場まんがシリーズ」作品も、後年「ザ・コクピット」のタイトルでまとめられた単行本に収載され、さらに他の雑誌等で発表された第二次大戦ものもあり、それらを含めて現在では「ザ・コクピットシリーズ」という形でくくられることが多く、初出による厳密な区別はほとんどされていない。

「ザ・コクピットシリーズ」として発表された作品は、掲載が青年誌(ビッグコミックオリジナル)であり、性描写がたびたび登場する。単行本は「少年サンデーコミックス」として出されているため、収載にあたっては当該部分の多くは改稿あるいは修正されており、現在も修正後のままのものが流通している。 また、「戦場まんがシリーズ」作品にも理由は不明ながら、「スタンレーの魔女」のようにページごと描き直されているものがある。

娯楽性やドラマ性を優先して、兵器の考証面には史実と多くの差異がある。これは初期作品は日本で入手できる資料が少ないころに執筆され、後期の「ザ・コクピットシリーズ」は作品オリジナルの「試作兵器」が多いためでもある。

初出一覧[編集]

タイトル 初  出 タイトル 初  出
アフリカの鉄十字 『プレイコミック』1969年8月10日号 成層圏気流 『ビッグコミックオリジナル』1977年5月5日号
成層圏になくセミ 『COM』1969年10月号 四次元戦線 『週刊少年サンデー』1977年17号
幽霊軍団 『プレイコミック』1969年11月22日号 アクリルの棺 『ビッグコミックオリジナル』1977年8月5日号
パイロットハンター 『週刊少年サンデー』1973年10号 死神の羽音 『ビッグコミックオリジナル』1977年10月5日号
鉄の墓標 『週刊少年サンデー』1973年22号 双発の騎士 『ビッグコミックオリジナル』1977年11月5日号
独立重機関銃隊 『週刊少年サンデー』1973年28号 砂とスコッチ 『ビッグコミックオリジナル』1977年11月20日号
晴天365日 『ビッグコミックオリジナル』1975年6月20日号 『ビッグコミックオリジナル』1977年12月5日号
妖機 黒衣の未亡人 『ビッグコミックオリジナル』1975年7月20日号 雷撃艇13号 『ビッグコミックオリジナル』1977年12月20日号
成層圏戦闘機 『週刊少年サンデー』1973年34号 『ビッグコミックオリジナル』1978年1月5日号
グリーン・スナイパー =緑の狙撃兵= 『週刊少年サンデー』1973年41号 ニケの首飾り 『ビッグコミックオリジナル』1978年11月5日号
スタンレーの魔女 『週刊少年サンデー』1973年47号 銃剣戦線 『週刊少年サンデー』1978年13号
メコンの落日 『週刊少年サンデー』1974年2号 海の花 『ビッグコミックオリジナル』1977年10月20日号
零距離射撃88 『週刊少年サンデー』1974年8号 夜の蜉蝣 『ビッグコミックオリジナル』1978年1月20日号
音速雷撃隊 『週刊少年サンデー』1974年15号 『ビッグコミックオリジナル』1978年2月5日号
大艇再び還らず 『ビッグコミックオリジナル』1975年8月26日号 弾道トンネル150 『週刊少年サンデー』1977年23号
鉄の竜騎兵 『週刊少年サンデー』1974年24号 沈黙の虎 『週刊少年サンデー』1977年27号
戦場交響曲 『週刊少年サンデー』1974年29号 翼手龍の時代 『ビッグコミックオリジナル』1978年2月20日号
ゼロ 『週刊少年サンデー』1974年33号 空白圏飛行 『ビッグコミックオリジナル』1978年3月5日号
オーロラの牙 『週刊少年サンデー』1975年40号 悪魔伝の七騎士 『ビッグコミックオリジナル』1978年4月5日号
ラインの虎 『週刊少年サンデー』1974年45号 曳光弾回廊 『ビッグコミックオリジナル』1978年5月5日号
爆裂弾道交差点 『ビッグコミックオリジナル』1975年9月26日号 レッドスカル 『ビッグコミックオリジナル』1978年7月5日号
衝撃降下90度 『ビッグコミックオリジナル』1975年11月20日号 低伸弾道12.7 『ビッグコミックオリジナル』1978年10月5日号
ベルリンの黒騎士 『週刊少年サンデー』1974年51号 吸血鬼の花束 『ビッグコミックオリジナル』1978年8月5日号
潜水航法1万メートル 『ビッグコミックオリジナル』1975年10月20日号 断層回路 『ビッグコミックオリジナル』1978年9月5日号
亡霊戦士 『ビッグコミックオリジナル』1976年1月5日号 サンタ クルーズの橋 『ビッグコミックオリジナル』1979年1月5日号
流星北へ飛ぶ 『ビッグコミックオリジナル』1976年3月20日号 妖精氷河帯 『ビッグコミックオリジナル』1979年3月5日号
わが青春のアルカディア 『ビッグコミックオリジナル』1976年5月5日号 サンタ イザベラの首飾り 『ビッグコミック』1981年8月25日号
紫電 『ビッグコミックオリジナル』1976年9月1日増刊号 迷路地図 『ビッグコミック』1981年11月10日号
エルベの螢火 『ビッグコミックオリジナル』1976年10月5日号 富嶽のいたところ 『ビッグコミック』1981年10月25日号
復讐を埋めた山 『ビッグコミックオリジナル』1976年12月20日号 冬の蜻蛉 『ビッグコミック』1983年2月10日号
勇者の雷鳴 Rising Thunderbolt 『ビッグコミックオリジナル』1977年3月5日号 赤の蛍 『ビッグコミック』1982年2月25日号
消滅線雷撃 『ビッグコミックオリジナル』1977年4月5日号 天使の徹甲弾 『ヤング・シュート』1989年11月号
夜のスツーカ 『ビッグコミックオリジナル』1977年5月5日号 出典:『ザ・コクピット 松本零士の世界』 p106

※タイトルの順序は、『ザ・コクピット』1~5巻(小学館、1990年)の収録順になっています。

刊行済みコミック[編集]

戦場まんがシリーズは全9巻が刊行されている。単行本タイトルと短編タイトルは次の通り。

  • 第1巻「スタンレーの魔女」(初版 1974年8月1日)
    • 第1話:スタンレーの魔女(劇団スペースノイドにより舞台化、2006年9月22日から10月1日まで池袋シアターグリーンで上演。また、ダウンタウンDXの「ナキメンタリー劇場」で紹介され、出演者全員での朗読が行われた)
    • 第2話:パイロットハンター
    • 第3話:成層圏戦闘機
    • 第4話:零距離射撃88
    • 第5話:独立重機関銃隊
  • 第2巻「鉄の墓標」(初版 1974年12月01日)
    • 第1話:鉄の墓標
    • 第2話:戦場交響曲
    • 第3話:グリーン・スナイパー
    • 第4話:鉄の竜騎兵(OVA「ザ・コクピット」の第3話として映像化)
    • 第5話:メコンの落日
  • 第3巻「オーロラの牙」(初版 1976年01月15日)
    • 第1話:オーロラの牙
    • 第2話:ラインの虎
    • 第3話:ベルリンの黒騎士
    • 第4話:ゼロ
    • 第5話:音速雷撃隊(OVA「ザ・コクピット」の第2話として映像化)
    • 第6話:幽霊軍団
  • 第4巻「わが青春のアルカディア」(初版 1976年08月15日)
    • 第1話:わが青春のアルカディア(同名のアニメ映画で一部が映像化。雑誌掲載時のタイトルは「不滅のアルカディア」で、単行本収録の際に一部改稿されている)
    • 第2話:爆裂弾道交差点
    • 第3話:大艇再び還らず
    • 第4話:亡霊戦士
    • 第5話:流星北へ飛ぶ
    • 第6話:成層圏になくセミ
    • 第7話:アフリカの鉄十字
  • 第5巻「衝撃降下90度」(初版 1977年02月15日)
    • 第1話:衝撃降下90度
    • 第2話:紫電
    • 第3話:妖機 黒衣の未亡人
    • 第4話:潜水航法1万メートル
    • 第5話:エルベの螢火
    • 第6話:晴天365日
  • 第6巻「悪魔伝の七騎士」(初版 1978年06月15日)- 小学館漫画賞受賞
    • 第1話:悪魔伝の七騎士
    • 第2話:死神の羽音
    • 第3話:双発の騎士
    • 第4話:成層圏気流(OVA「ザ・コクピット」の第1話として映像化)
    • 第5話:銃剣戦線
  • 第7巻「復讐を埋めた山」(初版 1979年06月15日)
    • 第1話:復讐を埋めた山
    • 第2話:消滅線雷撃
    • 第3話:夜のスツーカ
    • 第4話:海の花
    • 第5話:アクリルの棺
  • 第8巻「勇者の雷鳴」(初版 1980年01月15日)
    • 第1話:勇者の雷鳴
    • 第2話:砂とスコッチ 前編・後編
    • 第3話:雷撃艇13号 前編・後編
    • 第4話:夜の蜉蝣 前編・後編
  • 第9巻「曳光弾回廊」(初版 1980年06月15日)
    • 第1話:曳光弾回廊
    • 第2話:翼手龍の時代
    • 第3話:空白圏飛行
    • 第4話:レッドスカル
    • 第5話:吸血鬼の花束
    • 第6話:断層回路
    • 第7話:低伸弾道12.7

他の作品との関係[編集]

第4巻の「わが青春のアルカディア」では宇宙海賊キャプテンハーロックの主人公であるハーロックの先祖(ファントム・F・ハーロック)が登場。ハーロックの愛機でもあるアルカディア号や、親交のあった台場についても描かれている。同名のアニメ映画「わが青春のアルカディア」ではこの話がストーリーに織り込まれているが、ハーロックの相手役が台場ではなく、大山トチローの先祖(大山敏郎)に変更されている。

OVA[編集]

1993年に『ザ・コクピット』(THE COCKPIT)として、オムニバス形式のアニメ作品(OVA)として映像化された。制作はマッドハウス、ジャコム、ビジュアル80。映像化された作品は「成層圏気流」、「音速雷撃隊」、「鉄の竜騎兵」の3本。

成層圏気流[編集]

  • 脚本・キャラクターデザイン・作画監督・監督:川尻善昭
    原作は第6巻「悪魔伝の七騎士」収録の第4話「成層圏気流」。原子爆弾輸送機の護衛任務を命じられたドイツ空軍パイロットの戦いと葛藤を描く。
  • キャスト
    ラインダース:堀内賢雄
    メルヘンナー:篠原恵美
    上官:有本欽隆
    バフスタイン:福田信昭
    ナレーション:岡部政明

音速雷撃隊[編集]

鉄の竜騎兵[編集]

関連書籍[編集]

  • 『ザ・コクピット 松本零士の世界』(小学館、1994年) ISBN 4-09-101520-4

ラジオドラマ[編集]

1978年、ニッポン放送により「キリン・ラジオ劇場 ザ・コクピット」が製作され、後にLP化された。

LPの収録はラジオドラマ2編、インストゥルメンタル3曲、イメージソング1曲である。

ザ・コクピットのテーマ
作曲 東海林修
衝撃降下90度(ドラマ)
神谷明(台場)
富山敬(山越技師)
わが青春のアルカディア
作曲 東海林修
スタンレーの魔女
作曲 東海林修
紫電(ドラマ)
富山敬(服部大尉)
神谷明(整備兵)
柴田秀勝(マッドウェー)
天駆ける夢
作・編曲 東海林修
作詞 松本零士
歌 神谷明

関連作品[編集]