インテグラルタンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

インテグラルタンクは、航空機における燃料タンクの形式のひとつである。wet wingともいう[1]。主翼や胴体内の一部をシーラントにより水密として、構造部材そのものを燃料タンクとして利用するもの。別個のタンクを必要としないので機体重量を軽減でき、構造部材内に大量の燃料を積載できるため長距離飛行機向きであり、現代の多くの機体が採用している。

インテグラルではない、通常の燃料タンクとしては、金属製のタンクや、ゴムの袋であるブラダタンクがある。被弾対策を施したセルフシーリングタンク(通称「防弾タンク」)には、タンク外側を積層ゴムでくるむ外装式と、タンク内側に積層ゴムの袋を仕込む内装式(日本では「内袋式」、例として零戦などに採用された「カネビアン内袋式タンク」)がある。ただしセルフシーリングタンクといえども、20 mmクラス以上の大口径機関砲に対してはその効果は限定的である。

インテグラルタンクは防弾(セルフシーリング)ではないため、被弾により燃料のガソリンが爆発炎上しやすく、軍用機向きではない(ただし会敵前にインテグラルタンク内の燃料を使い切るなど、運用方法によっては可)。また、被弾したインテグラルタンクを修理するには、工廠へ送り、構造部材(主翼、胴体)ごと丸々交換する必要がある。そのため、修理に多くの費用と時間がかかるので、効率が悪く、機体の稼働率が低下することになる。通常の燃料タンクやセルフシーリングタンクであれば、現地でタンクだけ交換すればよい。

使用例[編集]

日本海軍攻撃機一式陸上攻撃機はインテグラルタンクにより、双発機としては絶大な航続力を得るようになった。ただし、被弾時に火災を起こしやすいため、一式においても最終型では廃止された。

この方式は、銃撃戦を行う当時の軍用機には向かないものであって、一式などの軍用機にこれを装備したことは、日本海軍航空機の汚点としてたびたび取り上げられるものである。しかし、軍用機開発における海軍の要求はかなり厳しく、双発攻撃機に四発攻撃機並みの航続距離を求めるなど、メーカーは対応に苦慮した。また、当時の日本における技術水準では、四発陸上攻撃機の開発は困難であり、インテグラルタンクを採用せざるを得ない状況にあった。メーカーは海軍に対し、燃料タンクの防弾ゴム皮膜処理、自動消火装置取り付け、さらに、搭乗員保護のための防弾装備向上を何度も具申したが、なかなか許可が下りなかった。海軍上層部では防弾装備充実よりも軽快で攻撃力の高い戦闘機、航続距離の長い陸上攻撃機の開発を重視しており、これが後に悲劇を生む結果となった。

なお、他に日本でインテグラルタンクを採用した機体には、試験機であるA-26偵察機彩雲がある。また、アメリカではB-29がインテグラルタンクを採用している(これはB-29が、迎撃機が到達困難な高高度を飛行でき、また、護衛戦闘機をつけることができるためである)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Crane, Dale: Dictionary of Aeronautical Terms, third edition, page 557. Aviation Supplies & Academics, 1997. 1-56027-287-2

関連項目[編集]