ラングレー空軍基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラングレー空軍基地

Air Combat Command.png
Part of Air Combat Command

IATA: LFIICAO: KLFIFAA: LFI
概要
空港種別 軍: 空軍基地
運営者 アメリカ空軍
所在地 バージニア州ハンプトン
建設年 1916
指揮官 Col. Donald "Gene" Kirkland,
標高 11 ft / 3 m
座標 北緯37度04分58秒 西経076度21分38秒 / 北緯37.08278度 西経76.36056度 / 37.08278; -76.36056
ウェブサイト www.langley.af.mil
滑走路
方向 全長 表面
ft m
8/26 10,000 3,480 舗装
Sources: official website[1] and FAA[2]

ラングレー空軍基地(Langley Air Force Base)は、バージニア州ハンプトンに所在するアメリカ空軍空軍基地である。航空戦闘軍団(ACC)の第1戦闘航空団の本拠地でもある。

概要[編集]

1916年12月、アメリカ陸軍航空部飛行場として開設。1947年にアメリカ合衆国空軍が創設され移管、現在に至る。基地名は、アメリカの天文学者で、スミソニアン天体物理観測所を創設したサミュエル・ラングレー(Samuel Pierpont Langley, 1834年8月22日1906年2月27日)に因む。 現在、航空戦闘軍団である第1戦闘航空団等が常駐している。

因みに第一戦闘航空団は、アメリカ空軍で初めてF-22が実戦配備された部隊としても知られ、2006年には実際に初陣として対テロ戦争におけるアメリカ合衆国防衛作戦・「気高き鷲作戦」(Operation Noble Eagle)に参加している。(配備されたのは2005年12月15日で、第27飛行隊、第94飛行隊の2つの部隊に配備された。また、2007年1月には第27飛行隊のF-22A 12機が沖縄県嘉手納基地に暫定的に配備されたこともある。)

なお、第1戦闘航空団のうち、もう1つの飛行隊である第71飛行隊にはF-15C/Dが配備されており、こちらは2003年イラク戦争における「イラクの自由作戦」でイラク空軍のミラージュF1を撃墜する戦果を挙げている。

脚注[編集]

  1. ^ Langley Air Force Base, official site
  2. ^ FAA Airport Master Record for LFI (Form 5010 PDF), effective 2008-06-05