ブリストル ブルドッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブリストル ブルドッグ

展示されるフィンランド空軍のブルドッグ

展示されるフィンランド空軍のブルドッグ

ブリストル ブルドッグ(Bristol Bulldog)はイギリスのブリストル社が製作した複葉戦闘機である。第一次世界大戦第二次世界大戦の間に就役したイギリス製航空機の内で、最も有名な機体の一つである。イギリス本国以外でも、オーストラリアフィンランドスウェーデン等に輸出された。一部の国では、第二次世界大戦開戦時においても部隊配属されていた。

開発[編集]

ブルドッグは1926年にイギリス空軍から出された単座戦闘機の仕様に従って開発された機体で、初飛行は1927年5月に行った。全般的に優れた機体だったが、整備が容易である点が特に評価されて1928年から量産が開始された。

運用[編集]

1930年代の初期のイギリス空軍においては、本機は主力戦闘機として多くの部隊に配属された。約440機が生産されたが、1937年ハリケーンと交替しイギリス空軍からは退役した。

ブルドッグは又、多くの国に輸出された。本機を運用した主な国は、オーストラリア、フィンランド、スウェーデン、ラトビアである。この内、フィンランドにおいては、既に旧式機となっていながら対ソ連軍の戦闘に使用され、I-16SB-2相手に戦果をあげることもあった。また、日本でも中島飛行機が本機を2機購入し、新型艦上戦闘機開発(のちの九〇式艦上戦闘機)のための参考資料として利用した。

スペック[編集]

イギリス空軍博物館ロンドン館で展示されるブルドッグ
  • 全長:7.54 m
  • 全幅:10.36 m
  • 全高:2.66 m
  • 翼面積:27.6 m²
  • 全備重量:1,475 kg
  • エンジン: ブリストル ジュピターV2F 498hp × 1
  • 最大速度:300 km/h
  • 実用上限高度:6,500 m
  • 武装
    • 7.7mm機関銃 × 2
    • 9kg爆弾 × 4
  • 乗員 1名

関連項目[編集]