キ97 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キ97は、第二次世界大戦時に計画された大日本帝国陸軍輸送機である。計画は三菱重工業

概要[編集]

人員輸送を目的とした双発輸送機で、外形はオーソドックスな底翼単葉機である。1943年(昭和18年)2月に試作指示がなされた。設計の基礎はキ67「飛龍」であるが、胴体部分は木製とされ、新規設計された。しかし戦局の変化により1943年9月に製作中止が決定され、完成機は1機も存在しない。

諸元/性能[編集]

(データは全て計画値)

  • 全幅:23.0m
  • 全長:20.0m
  • 全高:5.70m
  • 主翼面積:67.5平方m
  • 自重:8,450kg
  • 全備重量:13,000kg
  • 最高速度:546 km/h (高度 5,400 m)
  • 搭乗員:2名
  • 兵員:21名

参考文献[編集]

  • 安東亜音人『帝国陸海軍 軍用機ガイド 1910-1945』(新紀元社、1994年)
  • 橋立伝蔵 監修『日本陸軍機キ番号カタログ』文林堂、1997年。

関連項目[編集]