キ119 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

キ119は、日本陸軍によって計画された戦闘爆撃機。設計は川崎航空機。設計開始が1945年3月だったため、設計途中で終戦を迎えた。

概要[編集]

1945年(昭和20年)3月に日本陸軍は、川崎航空機に対して胴体下に爆弾を懸架して敵の艦船を攻撃し、攻撃後は敵の戦闘機と交戦できる新しい機種の開発を命じた。川崎では土井武夫技師を主任として開発を開始し、同年の6月には実物大のモックアップを完成させた。

提示された設計上の条件[1]

  • 単座で急降下速度800kmと空戦に必要な強度を持つこと
  • エンジンは実用中のハ104を使用すること
  • 航続距離は800Kg爆弾搭載で600km、特別装備では1200km
  • 最低限度の武装は、20mm砲2門以上
  • 急速量産の必要性から鍛造部品を極力さけ、かつ機械部品の点数削減に努める
  • 整備の簡便性を追求

計画された機体は、全幅約14m、全長約12m、重量約6トンという巨体の単発機で、外観は五式戦闘機を大型にした感じであった。機体は全金属製とし、本機は川崎で転換生産されつつあった四式重爆撃機の簡易化・代替用のものであったため、エンジンは当初四式重爆一型と同じハ104(ハ42-11相当)、三菱重工業で四式重爆が性能向上に成功した場合には四式重爆二型と同じハ214を装備することが考えられていた。その他既存の機体の設計を流用することによって、開発期間の短縮化を図っていた。稼働率向上のため整備の簡便化をも考慮していた。戦闘用の武装は20mm機関砲2門で機首に装備した。

モックアップ審査後すぐに試作機の製作にとりかかったが、戦局が逼迫していたため作業は進まず、結局設計原図の段階で終戦を迎えることとなった。当初の予定では昭和20年9月に試作第1号機が完成する予定であった。

スペック[編集]

  • 全長:11.85 m
  • 全幅:14.00 m
  • 全高:4.50 m
  • 翼面積:31.9 m2
  • 自量:3,670 kg
  • 全備重量:5,980 kg
  • 最大速度:580 km/h
  • 発動機:ハ214←ハ104性能向上型。
  • 航続力:1,200 km・(非爆装時2,000 km)
  • 上昇限度:10,500 m
  • 武装
    • 20mm機関砲×2
    • 爆弾 800 kg
  • 乗員 : 1名

(データは計画値)

参考文献[編集]

  • 『歴史群像シリーズ 日本陸軍軍用機パーフェクトガイド 1910〜1945』(学習研究社、2005年)

脚注[編集]

  1. ^ 小川利彦著「幻の新鋭機」1977年廣済堂刊118頁

関連項目[編集]