宗谷海峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯45度43分10秒 東経142度01分30秒 / 北緯45.71944度 東経142.02500度 / 45.71944; 142.02500

宗谷岬から宗谷海峡をはさんで樺太を望む

宗谷海峡(そうやかいきょう)は、北海道宗谷岬と、ロシア連邦実効支配中である樺太西能登呂岬(ロシア名:サハリン島・クリリオン岬)との間にある海峡[1]。東西方向の海峡であり、日本海オホーツク海を結んでいる[1]。海峡幅は最狭部で約42km

概説[編集]

  • 宗谷海峡は日本名であり、国際水路機関が定める国際的な名称は、ラ・ペルーズ海峡英語:La Pérouse Strait ロシア語: Пролив Лаперуза ラペルザ)[2]である。1787年欧州人で初めて当海峡を通過したとされるフランス軍人の探検家であるラ・ペルーズの名がその由来である。海峡を望む宗谷岬の丘の上に顕彰碑が建立されている。
  • 深さは最深部で60mほどしかないので、最終氷期には間宮海峡共々陸橋となり、樺太と北海道はユーラシア大陸と地続きであった[3]
  • 動物分布の境界線の一つである「八田線」が当海峡を通るとされる。
  • 日本海を北上し間宮海峡に至る対馬海流(暖流)の一部が当海峡からオホーツク海側に抜け、北海道沿いに流れる宗谷暖流になっている[1]。このため海流の方向及び水温により、沿岸定着氷や流氷は少ないが、年間数日程度、稚内港方面に押し寄せ、船舶の航行に支障をきたすことがある[4]
  • 日本海側からオホーツク海側へと当海峡内を暖流が流れているため、北方より「やませ」等の冷涼な風の吹く日には夏でも海霧が立ちやすく、船舶内にレーダー等の装備が普及されていなかった頃は当海峡内やその周辺で海難事故が度々発生していた。
  • 樺太日本領時代は鉄道省稚内より大泊(現:コルサコフ)に至る稚泊連絡船を運航していたが、現在はハートランドフェリーが同じ区間で国際航路を運航している(2015年9月19日廃止)。
  • 鉄道トンネル(宗谷トンネル)やガスパイプライン(サハリンプロジェクト)等の海底トンネルを当海峡下に貫通させる構想が戦前より存在するが、国際情勢の変化等により未だ建設決定には至っていない。

軍事上の要衝[編集]

  • 軍事上の要衝であるチョークポイントの一つであり、有事の際に自衛隊は海峡封鎖活動を行う。
  • 領海法に基づく領海の幅が通常の12海里(約22.2km)から3海里(5.556km)にとどめられた特定海域の一つ[5]で、核兵器を搭載した外国の軍艦を含め自由に通過することができる(通過通航権)。
  • 野寒布岬稚内分屯地)及び宗谷岬背後の宗谷丘陵丸山に自衛隊の、樺太・西能登呂岬(サハリン島・クリリオン岬)にはロシア軍のレーダーサイトがそれぞれ設置されている。
  • ロシア帝国との関係が悪化した1902年には宗谷岬に望楼が設置され、日露戦争中はロシアバルチック艦隊の通航監視の重要拠点とされていた。
  • 第二次世界大戦中の1943年10月11日、宗谷海峡で日本海軍とアメリカ海軍の潜水艦ワフーとの交戦があり、多数の犠牲者が出た。この戦闘による犠牲者の慰霊と平和を祈念する碑が宗谷岬に建立されている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]