KMX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

KMXは、日本海軍が開発した航空機用の磁気探知機三式一号探知機(さんしきいちごうたんちき)とも呼ばれる。アメリカ海軍潜水艦による通商破壊戦により、輸送船が沈められていく中で、航空機による対潜哨戒の為、東海九六式陸攻を中心に装備された。

概要[編集]

KMXは航空機より潜水艦を発見する手段として1942年昭和17年)秋より海軍航空技術廠にて開発が開始された。以後、開発は順調に進み、1943年(昭和18年)11月に制式化され、1944年(昭和19年)4月より実戦配備された。特に実戦配備された最初の部隊である館山基地第九〇一海軍航空隊では、KMXの探知能力を生かすための対潜掃討法を研究し、小隊(3機編成)ごとの対潜掃討法を確立するなど、実戦において活用された。

日本海軍では機上レーダーの配備が進まず、またレーダー自体の能力も基礎工業力の限界により信頼を欠くものであったが、その中で潜水艦を15隻探知し6隻を撃破した(戦果はいずれも未確定)KMXの探知能力はある程度の信頼がおけるものであった。しかし、実戦配備された時期はマリアナ沖海戦の直前であり、主要航路や日本近海でも制空権が失われつつあった時期に、対潜哨戒機が活躍できる場は限られていた。

参考文献[編集]

「兵器の起源 哨戒機のはじまり」『防衛技術ジャーナル』312号、2007年